SKE48荒井優希、5・4後楽園での本格デビュー戦は渡辺未詩と組み、伊藤麻希&遠藤有栖と対戦!「いろんな方に応援してもらったので、勝って帰るしかないと思ってます」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが4月21日、東京・千代田区の神田明神内で記者会見を開き、人気アイドルグループSKE48荒井優希の本格的なデビュー戦(5月4日、東京・後楽園ホール大会)の対戦カードを、渡辺未詩、荒井組VS伊藤麻希、遠藤有栖組と発表した。

 タッグを組む渡辺はプロレスラーとアイドルを兼務するグループ「アップアップガールズ(プロレス)に所属。対戦相手の伊藤は過去に九州発のアイドルグループ「LinQ」に在籍し、遠藤はWRESTLE1公式サポーター・Cheer1(無期限活動停止中)のメンバーで、荒井はアイドルを兼ねる女子プロレスラー3人に囲まれてのデビュー戦となる。

 荒井は「前回の記者会見のときに、いつか闘ってみたい相手として、伊藤選手の名前を挙げさせていただいて、まさかデビュー戦で闘うことになるとはビックリしているんですけど。前回(18年10月28日、DDTプロレス・後楽園での時間差入場女子バトルロイヤル)は自信もなかったし、何も知らない状態だったんですけど、今回は自信ある姿で全力でぶつかっていけたらなと思っています。遠藤選手は一番近い先輩でもあると思うので、私の全力をぶつけて、皆さんに認めてもらえるよう頑張ります」と意欲を見せた。

 タッグパートナーの渡辺は「アイドルが大好きで、なかでも48グルーブさんはアイドルオタクになるきっかけ。現場に行かせてもらったり、総選挙に投票したり応援させてもらってた。荒井さんのことはドラフト会議のときから見させてもらっていた。今回プロレスラーとしてタッグを組んで闘えるとは、夢にも思っていなかったので、とてもうれしいです。私自身、アイドルとプロレスを両立しています。自分の目標として『アイドルとプロレスの架け橋になりたい』というのがある。荒井さんとなら力強い架け橋になりますし、デビュー戦で勝ちを目指して、アイドル界、プロレス界の架け橋になれたら」とコメント。

 対する遠藤は「Cheer1でアイドル活動していましたし、プロレスデビューは私の方が早かったので、荒井さんには絶対負けません!」とライバル心をメラメラと燃やした。

約2年半前のバトルロイヤルで荒井から直接勝利を奪っている伊藤は「数あるプロレス団体のなかで東京女子プロレスを選んでデビューしてくれるのは、すごくうれしいこと。ありがとう。まだ荒井優希というプロレスラーに伊藤麻希はさほど興味は持っていない。意気込みを聞いても『頑張る』とか『全力をぶつける』とか当たり前。いまいちワクワクしていない。現状、伊藤麻希から見る荒井優希は『SKE48の肩書きに救われているだけのヤツ』としか思えない。5・4後楽園で荒井優希とは何者なのか教えてくれるのを待ってます」と余裕たっぷり。

 この発言を聞いた荒井は「すごく悔しいので、本番でわかってもらえたら大丈夫なので。今できることを頑張りたい」と言い返した。

 個々のタッグチームについて、渡辺は「今はまだ試合に向けて準備し出した段階。現役アイドルチームとして、7年間荒井さんを見てたので、勝ちを狙いたい」と話した。敵軍の遠藤は「私はデビュー間もないので、全力で2人を倒しにいきたいと思っているので、伊藤さん、一緒にやりましょう!」と、伊藤は「やりましょう!」と同調した。

 同じアイドルとして、渡辺は「負けたくない気持ちはあるんですけど、SKE48さんは偉大な存在ですから、一緒にアイドルとプロレスをやっていけるよう活動をやっていきたい」と語った。

 現在の練習状況について、荒井は「山下(実優)さんに協力していただいて、私なりに成長できたんじゃないかと思います。豆腐プロレスに出させてもらったときに、コーチから『バックエルボーを頑張れ』と言われて練習してたんですけど、試合で出しそびれたんで、今回は練習したことを100パーセントの力で出せるようにしたい」と話した。

さらに、荒井は「いろんな方に応援してもらったので、勝って帰るしかないと思ってます」と必勝を期し、「豆腐プロレス、DDTのときに出したカカト落としは出せたらなと思っていて、引き続き練習したい」と宣言していた。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る