“ジュニアのレジェンド”田中稔が4・18カルッツかわさきでのプロデュース興行で女子との対戦を希望?

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 新日本プロレス、全日本プロレス、プロレスリング・ノアでジュニア・ヘビー級の頂点に立った“レジェンド”田中稔(GLEAT)が4月8日、東京・文京区のGPSプロモーション事務所で記者会見を開き、同18日に神奈川・カルッツかわさきで開催する自身のプロデュース興行「the SPECIAL ONE Vol.2~田中稔に任せとけ!~」(GPS主催、17時半開始)で女子選手との対戦を希望した!?

 同社主催の稔プロデュース興行は19年6月18日、東京・新木場1stRING大会以来、2度目となるが、今大会では全6試合中4試合の対戦カード、試合順が当日のオープニングで明らかにされる。会見で発表されたのは、CIMA(GLEAT=#STRONGHEATS)、T-Hawk(同)、エル・リンダマン(同)組VSSUGI(ONLY WE)、火野裕士(同)、槙吾(同)組と、真琴(フリー)、三浦亜美(アクトレスガールズ)組VS花園桃花、ななみ(ディアナ)組。

 そのほかの出場選手は稔、田中将斗(ZERO1)、真霜拳號(2AW)、関本大介(大日本プロレス)、入江茂弘(#STRONGHEATS)、飯塚優(GLEAT)、伊藤貴則(同)、洞口義浩(フリー)、後藤恵介(同)、友龍(HERO)、ワイルド・ベアー(同)、海和択弥(同)、ワイルド・バニー(GPS=マネジャー)、青野未来、マドレーヌ(ディアナ)で豪華メンバーが集結。リングアナは阿川祐未(HERO)のほか、元新日本の田中ケロ氏が務める。

 発表された2つのカードについて、稔は「お客さんを盛り上げるという点で間違いないのが#STRONGHEATS。その対戦相手は誰だろうって考えたとき、ユニットを探したんですけど、T-Hawk選手と火野選手のチョップ対決を見たいなと思って。リンダマン選手とSUGI選手の絡みも見てみたいし、脱線しそうになっても、CIMA選手が達人並みに交通整理してくれるので、間違いないカードになるだろうなと。展開もスピーディーだし、連係がすごいんです。これぞ6人タッグというものが見れるだろうなと。女子のカードについては、僕からのリクエストは真琴ちゃんくらいで。GPSで週1回のコーチをやってて、基礎トレをガッチリやってて。真琴ちゃんは毎週来て文句言わず、こなしてくれるんです。練習仲間というのもあるし、手足も長いから何の動きをさせても映えるし、マット運動もきれいにやるし、オーラもあるので」と説明。

 4試合が当日発表となるが、稔は「自信があるから普通のことをしたくない。これだけ豪華なメンバーのなかで、田中将斗選手、入江選手、関本選手とまだ発表されてない選手がいて、絶対おもしろくなるカードを組んでる。カードを2つ出したことで、『このカードと思ってたけど違うのかな』とか考える時間も楽しいと思うんで、いろいろ想像してもらいたい。女子もあと3人(マネジャー含む)いるし、3WAYやミクストマッチもあるので。もしかしたら、メインイベントが田中稔VS青野未来というムチャを僕ならやりかねないので。楽しんで当日を迎えてもらえればと」とコメント。

 自身のカードに関して、稔は「僕がプロデュースしてる大会なので、まだまだ出しゃばりなので一番おいしいところにいるんじゃないかと予想してもらえれば。希望としては青野戦をやりたいですね。僕は青野戦を実現させるために、引退せずにやってるようなもんですから。適当なことを言ってますんで、青野選手のファンはそんなに深く考えないでください(笑)」とジョークとも本気とも取れない発言で、青野との対戦にこだわりを見せた。

 さらに、稔は「来た人を驚かせたいし、熱狂させたいし、難しいことを考えないで、頭を空っぽにして、とにかく楽しんで、大騒ぎして帰ってもらえれば。次の大会につながるんじゃないかな。GPSさんにはずっとお世話になってて、またこういった大会をやっていきたいと思ってます。任せてもらってよかったと思える大会にしたいし、なると思うんで。(他の興行との)競合が多い日なんですけど、『ここを選んで損はなかった』と思ってもらえる自信はあるので、迷わずカルッツかわさきを選んでもらいたいと思います」と話した。

 また、同大会に特別ゲストとして、アントニオ猪木氏のモノマネ芸人・アントニオ小猪木の来場が決定。稔は「闘病中の猪木さんがリハビリを頑張られているということで。猪木さんにいい意味で、人生に影響を受けたプロレスラー、勇気や元気をもらった人がものすごい数いると思うんです。僕もそんなに深いかかわりをもたせていただいたわけじゃないですけど、新日本時代に3カ月くらい猪木道場で練習させてもらって。微力ながら何かできないかと考えてて。参加するプロレスラーから猪木会長に元気を送れればなって思ったんです。小猪木さんも賛同してくれて、応援に来てくれることになりました。猪木芸人なんで、猪木愛はものすごいので。猪木会長に少しでも元気を届けてもらえればということで来ていただきます。僕の20周年を京都でやったときも来てくれて、突然つぼ原人が来て試合した。今回も何が起こるかわからない。小猪木さんとは言え、『炎のファイター』がかかるだけで、テンションが上がりますから。特に猪木信者の豊島(修二)会長は」と語った。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る