ウィル・オスプレイが“神殺し”を宣言しIWGP世界ヘビー級王座奪取を誓う!「自らを“本当の神”と呼ぶあの男は間違っている。あの神を殺すのは俺の使命だ!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 29日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『Road to SAKURA GENESIS 2021』が開催され、ウィル・オスプレイが“神殺し”を宣言した。

 オスプレイは今年のNEW JAPAN CUPを制し、4月4日に行われる両国国技館大会で飯伏幸太の持つIWGP世界ヘビー級王座への挑戦が決定。
 飯伏がIWGPヘビー級王座&IWGPインターコンチネンタル王座を統一して“IWGP世界ヘビー級王座”としたことに関しては未だに賛否両論が巻き起こっており、オスプレイもこれを批判する人間の1人。しかし、オスプレイはベルトが統一されたことよりも、自らを“神”と称するそのふるまいに対しての批判をしており、い節の言動に真っ向から対立する姿勢を見せていた。

 この日のメインイベントでは、両者の前哨戦として飯伏幸太&永田裕志&本間朋晃vsウィル・オスプレイ&ジェフ・コブ&グレート-O-カーンの6人タッグマッチが実施。
 オスプレイは飯伏を強く意識し、挑発的な態度や場外での集中攻撃など飯伏を怒らせて本気を出させることに執着。中盤にはオスプレイから顔面へのステップキックを受けた飯伏は冷たい笑みを浮かべながら強烈なエルボーを見舞い、両者が雄叫びを上げ長らエルボーをゴツゴツと打ち合う場面も見られた。
 終盤には本間が永田とともにオスプレイを追い込んでいくが、オーカーンが随所でオスプレイをサポートし本間への集中攻撃を展開。飯伏が救出に駆けつけるとコブが飯伏を胴絞スリーパーで捕らえ、オスプレイは「見ておけ!」と飯伏を指差してから飯伏の眼前で本間をストームブレイカーで沈めた。

 試合後、オスプレイは2本のベルトを肩にかける飯伏と睨み合い、まるで神を拝むような仕草をして挑発。そしてマイクを取ると「サヨナラを言おう。IWGPヘビー級王座&IWGPインターコンチネンタル王座、この2本のベルトにだ。バイバイ、ヒストリー。バイバイ、レガシー。。お前の天下もあと5日だ。両国でお前から新しいベルトを奪ってやる」と語りかけた。

 この発言に観衆が拍手を送ると、オスプレイは「拍手をやめろ!俺が変わらなければならなかったのはお前たちのせいだからな。お前らが俺をモンスターに変えたんだ。お前らが神と呼ぶあの男が俺は気に入らない!本当の神なんていないんだ!お前らの評価なんていらない。今さらだ!あの神を殺すのは俺の使命だ!」と、両国での神殺しを宣言。

 バックステージに戻ったオスプレイは「そもそも“神”の存在について考えたことはあるか? 信じるか信じないかは個人の自由だが、この世にはおおよそ2500人の神が存在すると言われている。でも唯一ハッキリとわかるのは、自らを“本当の神”と呼ぶあの男は、間違っているってことだ。それなのにファンは何の保証もないのに飯伏が“神”であると盲目的に信じている。それって初めて会ったばかりの人間を友達と呼ぶくらいおかしなことなんだ」と持論を展開。
 そして「俺はレガシーなんて興味がない。大事なのは自分がナンバーワンの座に立つことだけだ。そしてIWGP世界ヘビー級のベルトを巻く者がナンバーワンの証だ。明日が楽しみだ。両国で俺が描くプロレス界の未来をみんなに見せてやる」と王座奪取を誓った。

 対する飯伏は「僕は本当にこのふたつのベルトを絶対に残したまま、新しいベルト、新しい新日本プロレスを。だから、絶対に負けられない!それぐらいこのベルトが好きです。大好きです」と、飯伏なりの愛を語った。

 30日の後楽園ホール大会では、IWGP世界ヘビー級王座の新ベルトの公開、および初代王者・飯伏への贈呈式が予定されている。
 ついに形として目の前に現れる新ベルトを前にした飯伏とオスプレイが翌日にどのような闘いを展開するのか。30日の最後の前哨戦、そして4月4日の両国国技館決戦の結末まで見届けたい。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る