初代タイガーマスクの弟子たちが桜舞う靖国神社でプロレスを奉納!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 27日、東京都・靖国神社にて『第19回奉納プロレス・大和神州ちから祭り~プロレスオールスター 大チャリティー祭り~』が行われ、初代タイガーマスク率いるストロングスタイルプロレスの面々がプロレスを奉納した。

 靖国神社でのプロレス奉納は、1961年4月に力道山率いる日本プロレスが例大祭にて初めて実施。まだ若手であった馬場正平(ジャイアント馬場)、猪木寛至(アントニオ猪木)らが神前試合を行った。
 その後は奉納プロレスの文化が途絶えていたが、2005年に当時のZERO1-MAXが44年ぶりに『大和神州ちから祭り』として復活させ、以降は毎年伝統行事として定着させてきた。
 今大会ではコロナ禍にあえぐ日本に元気を与えるため、全20団体から総勢54選手が集結。それぞれ熱い想いを持って奉納プロレスに臨んだ。

 この日はストロングスタイルプロレスの提供試合として、スーパー・タイガー&スーパーライダーvs間下隼人&阿部史典のタッグマッチが実施。
 試合序盤から格闘プロレスの遺伝を色濃く受け継ぐライダーと阿部が激しい蹴り合いを展開し、リングで対戦相手として対峙するのは2回目だというスーパーと間下の兄弟弟子が繰り広げるバチバチの打撃戦にも歓声が上がる。
 阿部がZERO1主催のリングで「ショーンキャプチャー!」とポーズを決めながら叫んで同技を狙う衝撃を与えたり、間下のピンチをカットして連携攻撃を見舞ったりと献身的なアシストを見せ、間下もスパインバスターからハイキックを叩き込み必殺のリアルデンジャラスバックドロップを狙っていくが、これを耐えたスーパーがお返しのハイキックからジャーマン・スープレックス・ホールド、さらに顔面ソバットを叩き込んで試合を決めた。

 初の靖国神社奉納プロレスでの試合を終えたスーパーは、自身の兄弟子にあたるライダーとの勝利を喜びつつ、「間下の当たりの強さには少しビックリしたけど、こっちは修羅場くぐってきてるし先輩にもアシストいただけたんで。また靖国に戻ってきたいと思います」と、次回以降の奉納プロレス参戦を熱望した。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る