3.15さよなら!「鹿島町立体育館」三夜明け会見&志田が主役を務める舞台『向かう先は青コーナー』会見

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

3月18日(水)、元JDスターで演劇集団「水色革命」を主宰するMARUさんが、3.15『かしま元気プロジェクト』でマスクウーマンのアントレディとして真琴を破り、クィーン・オブ・ザ・リング王者となった朱里とともに同大会を振り返った。

朱里「アントレディとしてタイトルマッチをしたのですが、このベルトを獲ることができました。鹿島だけではなくていろいろな所で防衛戦していって、鹿島を盛り上げていきます」
MARU「今回クイーン・オブ・ザ・リングのコミッショナーということで務めさせてもらってます。このベルトはもともとJDという団体の1番上のベルトでした。こないだのタイトル戦の最後のキック、カッコ良かったですね。すごい子供から人気があって、これからもこのベルトの価値をどんどん上げていってもらえたらいいなと思ってます。個人的にはもともとJDが保有してたベルトでもあるので、いまJDで残ってる選手少ないんですけど、名乗りを上げてくれたらいいなと思ってます。個 人的な意見です(笑)」

ーーアントディとしては茨城をメインに活動していく?
朱里「そうですね。鹿島を盛り上げていくために、茨城県でどんどん活動していきたいと思ってます」

ーー15日の鹿島大会には天龍源一郎が出場していたが?
朱里「自分はハッスルのときに天龍選手とも試合をさせて頂いたことがあって、チョップとか顔面キックとかを…。ホントにそのときの試合も蘇ったし、見てるお客さんが1発の技ですごい歓声と…やっぱり出てきただけでお客さんが沸いていたので偉大さをすごく感じました」

ページ:

1

2

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×