武藤敬司がNOAHに入団!太陽ケアとの“M”タッグでGHCタッグ王座獲得の完全制覇を熱望?!「NOAHに俺の骨の髄までしゃぶってもらいたい」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、東京都・Abema Towersにてサイバーエージェントグループに所属するプロレス団体2団体、DDTプロレスリングとプロレスリングNOAHが記者会見を行い、武藤敬司がNOAHへ入団したことが発表された。

 武藤は昨年3月末に団体活動休止に伴ってWRESTLE-1を退団し、翌4月からフリーとしてNOAHに参戦。名前のどこかに“M”の付く選手たちで結成された“M’s alliance”を率いてNOAHでも存在感を発揮してきた。そして今月12日のNOAH日本武道館大会で潮崎豪を破ってGHCヘビー級王座を戴冠し、ヘビー級シングル王座のグランドスラム(GHCヘビー級王座&IWGPヘビー級王座&三冠ヘビー級王座の戴冠)を達成する夢を叶えた。
 そしてこの日の三夜明け会見では、かつて自身の団体のCEOを任せた高木三四郎の会社が運営する団体に1選手として入団することを発表。なお、入団月日は会見当日である2月15日、契約期間は2年間であるとのこと。

 武藤は「このコロナ禍の中でプロレス界も非常に大変な中、こうやってNOAHと契約できたことを非常に嬉しく感じております。未来のことはわからないけど、もしかしたらこのリングで朽ちていくのかわからないけど、契約したからにはこの団体に俺の骨の髄までしゃぶってもらいたいと思っております」とかつて全日本プロレスに入団した際に発した言葉をもう一度使って決意表明。
 そして「業界ナンバーワンの団体にする」という高木の言葉に対し「業界ナンバーワンのレスラーを抱えた以上は組織でもナンバーワンになってもらわないと困りますね」と発破をかけた。

 その後、3月14日の福岡国際センター大会で清宮海斗との初防衛戦が発表されると、「ホントは試合終わったあと、年に1回か2回のタイトルマッチにしてくれという話をしてたんだけどぉ……今日、NOAHと契約しちゃったからよぉ。なかなか、まあ、決まった以上は……う~ん、せっかくベルトは取ったからね、少しは防衛も重ねていきたいなって中で、まあ、去年の夏に清宮とやって勝ってるし、ここは一発、安牌としてやってもいいかなと思ってます」とNOAHの若きホープを歯牙にもかけない余裕を見せた。

 そして、メジャー完全制覇(新日本プロレス、全日本プロレス、NOAHのヘビー級シングル王座&タッグ王座戴冠)を目指していくかと聞かれると、武藤は太陽ケアとは新日本&全日本のタッグ王座を獲得していることに触れ「ケア呼ぼう!ケアって本名モスマン(※マウナケア・モスマン)だよな?……Mだよ、M。じゃあ是非ケアを、ちょっと今はコロナで呼びづらいから、ちょっとコロナがなくなった頃にケア呼んでタッグ狙いたいね!M's alliance!」と破顔。ケアのM's alliance入りを仄めかし、完全制覇にも意欲を示した。

 会見終了後の囲み取材に応じた武藤は、「骨の髄まで~」という言葉について「全日本プロレスでも俺の骨の髄までしゃぶり切ってなかったからな。だから今の俺がいるわけであって。まだ髄がいっぱい残ってるはずだから、しゃぶってもらおう。秋山にしても俺にしても全日本プロレスを代表したこともあったりして、普通の選手とプロレスを見る視野が多角的というか、1レスラーだけじゃなくっていうのがあったりするんじゃないかな、もしかしたら。これもまた経営になったら、俺は失敗するからね?(笑)」と自虐を交えて笑顔で語った。

 なお、グレート・ムタのNOAH参戦については「ムタは別ギャラだよな、これな(笑)別人格だからよぉ、別人(笑)」とギャラ次第では登場する可能性を示唆した。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る