鷹木信悟がジェフ・コブとの骨肉のぶつかり合いを制しNEVER無差別級王座を防衛!「明日からもランペイジドラゴンの如く暴れ狂うから」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 1月5日、東京ドームにて新日本プロレス『バルサン Presents WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』が開催。第3試合では鷹木信悟の持つNEVER無差別級王座にジェフ・コブが挑戦した。

 昨年4月のマディソン・スクエア・ガーデン大会でオスプレイからNEVER王座を奪取したジェフ・コブが、オスプレイと同じTHE EMPIREのメンバーとして東京ドームでNEVER王座に挑戦。
 鷹木はこの試合に向けての会見で「こいつには中途半端な技やパワーは通用しないと思う。すべての魂を、俺はこいつにぶつけたいと思う。『1・5スープレックス・パーティー in東京ドーム』。俺は敢えてジェフ・コブの土俵に上がる!」と宣言していたが、その宣言どおりに試合はパワーのぶつかり合いに。
 ラリアットにはラリアット、バックドロップにはバックドロップ、ジャーマンにはジャーマンで対抗していく両者。コブがフロントスープレックス連発からパワーボムを狙うが、鷹木はフランケンで投げ捨てての熨斗紙を狙う。しかしコブがスプラッシュ・マウンテンで叩きつけフォールを奪うが、返した鷹木がラスト・オブ・ザ・ドラゴンで叩きつけフォールすれば、さらに返したジェフ・コブはツアー・オブ・ジ・アイランドで叩きつけフォール。なんとか鷹木は返すが両者ダウンし、力を振り絞って立ち上がった両者だったが、鷹木がパンピングボンバーを狙ったところをコブがツアー・オブ・ジ・アイランドの体勢に。耐えた鷹木がパンピングボンバーで叩き伏せ、その後も激しいぶつかりあいを繰り返すと、最後は鷹木がラスト・オブ・ザ・ドラゴンで叩きつけ骨肉のぶつかり合いに終止符を打った。

 勝利した鷹木は「今日の試合は昨年さんざんジェフにやられてきた、それを一つ返したに過ぎない。リング上で言ってやったよ。『試合に勝ったのに勝負に負けたような気分だ。プリーズ・ワンモアタイム!』って。昨日のドームの試合見たよ、メインの内藤vs飯伏。あのシチュエーション、最高じゃねえか。あいつらには様々な感情があるが、とんでもなくいい刺激をもらったよ。明日からもランペイジドラゴンの如く暴れ狂うからよ」と気持ちを切り替えて翌日の大会への出場を宣言した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る