村上和成がNOAHのリングでGHCナショナル王者を絞め落とし王座挑戦が決定!「拳でクリーンファイトだぁ!ガハハ!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 4日、東京都・後楽園ホールにてプロレスリングNOAH『NEW SUNRISE 2021』が行われ、村上和成がGHCナショナル王者の拳王を絞め落とし、王座挑戦が決まった。

 この日の大会は事前にカード発表をせず、会場で入場曲が鳴って初めて出場選手が分かるというサプライズ形式で行われ、第7試合では杉浦貴&桜庭和志&村上和成vs拳王&中嶋勝彦&マサ北宮の6人タッグマッチが行われた。

 村上は昨年12月29日に行われた杉浦軍興行にて杉浦軍の新メンバーとして登場し、杉浦軍vs金剛の対抗戦となった7vs7でのイリミネーションマッチに参加。この試合では村上と拳王、杉浦と北宮、桜庭と中嶋がバチバチとぶつかり合う展開があり、年が明けて最初の興行で因縁戦の続きが行われる運びとなった。

 杉浦と北宮は杉浦軍興行のイリミネーションマッチで最後の2人となったときを思い出させるバチバチのタックル合戦やエルボー合戦を見せるが、中嶋や拳王の加勢もありピンチを迎える。
 桜庭は拳王をグラウンドに引き込み、その屈指のテクニックで足にダメージを与えてサポートし、村上が拳王に突っ込んでいく。村上と拳王は足を止めて左右の掌底でバチバチと顔面を張り合っていき、村上はオープンフィンガーグローブをはめた拳でのパンチも織り交ぜる。これに怒った拳王はソバットを突き刺してロープに飛ぶが、村上がキチンシンクでカウンター。悶絶する拳王をスリーパーホールドで絞め上げると、拳王は意識を失いレフェリーストップ。GHCナショナル王者の拳王が絞め落とされてしまうという事態となった。

 バックステージに戻った杉浦が「拳王、ナショナルチャンピオンだよね?落ちちゃったら恥ずかしいんじゃないの?情けないんじゃないの?」と煽っていくと、村上は「へぇ~、あれがチャンピオン?へぇ~っ!じゃあ2人ともベルト持ってるし、俺はベルト持ってないから。アイツに言っとけ。俺が次やってやっから。逃げんなよぉ~?まあ逃げるか。来たらいつでもやってやっから。お前ら『決まり』って書いとけよ!『記者推薦』って書いとけ!」と王座挑戦を表明し、マスコミ陣を威圧。
 桜庭が「クリーンファイトね、クリーンファイト!」となだめると、村上は「おぉ!クリーンファイト!拳でクリーンファイトだぁ!ガハハ!」と高笑いしながら去っていった。

 なお、この大会の終了後にはNOAHより1月23日のエディオンアリーナ大阪大会にて拳王vs村上和成のGHCナショナル王座戦が行われることが正式発表。
 NOAHに帰還を果たした村上が拳で王座を掴み取るのか、NOAHを鼓舞し続けてきた拳王がリベンジを果たして王座防衛を果たすのか。両者の因縁に行方から目が離せない。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る