【会見全文】初代タイガーマスクがWWEへ旅立つSareeeへストロングスタイル&チャリティー精神の伝承マスクを贈呈!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 9日、東京都・神田明神にてストロングスタイルプロレスが記者会見を行い、初代タイガーマスクこと佐山サトルがSareeeへその精神を伝承した。

 Sareeeは24歳という若さでWWE入団が決定し、今年2月29日をもって所属団体であったワールド女子プロレスディアナを退団。そのまま渡米を予定していたが、新型コロナウイルスの蔓延により渡航禁止に。WWEとの契約上日本で試合をすることもできずに半年あまりが経過し、異例の措置で日本での試合出場が可能となっている。

 そしてSareeeは初代タイガーマスクのストロングスタイルの魂、そして初代タイガーマスクのチャリティーにかける思いに賛同し、「初代タイガーマスクの魂を受け継ぎたい」と請願。
 これを受けて一般社団法人初代タイガーマスク後援会代表理事の新間寿、初代タイガーマスクこと佐山サトルがSareeeの申し出を快諾し、Sareeeが女子選手としては初めて正式に佐山サトルのストロングスタイル&チャリティー精神を認可・伝承されることとなった。

新間寿
「みなさんこんにちは。WWEは元WWF。ビンス・マクマホンファミリーとは、私がアントニオ猪木とともに大変お世話になった団体でございます。そしてやっとモハメド・アリ戦から40年経って、去年殿堂入りだ。随分遅くなったと思いました。やってきたことが認められるというのは本当に自分にとっては嬉しい。ストロング小林さんから、ある人を通じて私は聞きました。WWFへ行って、何が嬉しかったか。自分は、メインイベントでブルーノ・サンマルチノと戦ったと。これが新間さん、一番の自分の思い出です。それからアントニオ猪木さんと戦った。そしてタイガーマスクがニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンに上がったときは、周りから野次が飛びました。私が見ていたところはプロモーターの奥さんたちが占拠している2回の最前列の席でした。ビンス・マクマホン・シニアの奥さんが、『新間、なんか野次を飛ばしているようだが気にするな』と言われました。『変なもん被ってなにをするんだ。ここはマディソン・スクエア・ガーデンだぞ』という野次が飛んでおりました。そしてタイガーがリングに上って紹介を受けて、ダイナマイトキッドと対戦を始めたその時に足踏みをして軽いステップを踏んだときに、『何を飛んでんだ。早く試合しろ』と。そこでビンスの奥さんが私に言いました。『ミスター新間、心配するな。1分経ったら彼らの罵声が歓声に変わる』と、ビンスの奥さんはタイガーマスクの試合を見てた。で、タイガーマスクとダイナマイトキッドと試合を始めた途端に観客が、『お!お!お!お~っ!』と。こういう歓声が出て、マディソン・スクエア・ガーデンのリングでタイガーマスクを迎えてくれた。これはタイガーも、今でも脳裏に浮かぶ、マディソン・スクエア・ガーデンで初出場したときの思い出だそうです。私とアントニオ猪木、タイガーマスク、藤波、長州、それがなにをしてきたか。自分たちがリングの中で戦ってファンが喜んでくれること、そういうものを自分たちはファンの人達のために肉体を鍛え、そして私は多くの人々に切符を売って、この喜びを人に与えて、その人達の喜ぶ姿を見て喜ぶという気持ちにさせていただきました。今回彼女がマディソン・スクエア・ガーデンを始め、WWEのテリトリーを回ることになります。彼女に私が言いたいのは、タイガーマスクのその初出場したその思いを、彼女に伝えて、そして彼女がその気持ちを持って、マディソン・スクエア・ガーデンを始め、WWEの各会場において、自分自身が夢を持ってタイガーマスクと同じ、アントニオ猪木と同じ、ストロング小林、坂口征二、ウィレム・ルスカ、キラー・カーン、そういう人たちの味わった気持ちを私は味わってもらいたい。そういう気持ちを持って、佐山ちゃん、タイガーマスクと私は、タイガーマスクの気持ちを伝承して、そしてリングへ自分自身が鍛えに鍛えた肉体を持って、多くのファンを喜ばせる。その喜びを見て喜ぶということを彼女に期待して送り出したいと思います」

初代タイガーマスク
「みなさんお疲れさまです。ようこそ記者会見までお越しいただきましてありがとうございます。実は昨日、リハビリで200kgのスクワットを20セットやりまして、左の足がおかしかったんですけど、右の足もおかしくしちゃった。あ、ごめんなさい。20kgを3セットでした。やってて、右の足がおかしくなって今立てない状況で、このまま座ったまま失礼させていただきます。マディソン・スクエア・ガーデンに上がったときは、僕は会場を見ちゃったんですね、試合前に。試合前に会場を見ると、3万人の観客が超満員で、その時足が震えたのを覚えています。それが武者震いなのか、怖くて震えたのかは分かりません。それくらいマディソン・スクエア・ガーデンは特別なところでした。これも、タイガーマスクとして生んでくれた新間寿、アントニオ猪木、そして新日本プロレス、このおかげですべて上がれたものと思っております。自分だけの力ではありません。色んな力が僕に捧げてくれて、それがマディソン・スクエア・ガーデンの勇姿になったというふうに自負しています。これを今日、Sareee選手に私達から贈りたいと思います。皆さんの力で、同じように武者震いするように、ぜひ頑張ってくださいね」

Sareee
「本当にこのような機会を開いていただいて、新間会長、そして佐山先生、本当にありがとうございます。私はアメリカに行くんですけども、WWEでもしっかりと佐山さんのストロングスタイル、そしてチャリティーの精神を受け継いで、WWEに行ったら世界中でチャリティー活動を行っていきたいと思っています。しっかりと私が受け継いで、世界に広めていきますので、皆さんよろしくおねがいします!今日は本当にありがとうございます!」

 続いて、初代タイガーマスクよりSareeeに伝承のマスクが贈呈。
 そして、新間会長の孫であり、初代タイガーマスクマスコットガールズに就任したという小学2年生の野尻栞理さんよりSareee、初代タイガーマスク、新間会長へ花束が贈呈された。

<質疑応答>
Sareee
――WWEではどのようなチャリティー活動をしたいですか
「WWEではチャリティー活動を積極的に行っていると聞いているので、私も一緒にいろんな活動をしていきたいと思っています」

――伝承マスクのデザインはいかがですか
「すごいカッコいいです!伝承の証にこのマスクをいただけて、とても光栄に思います!」

――今被ったりはしませんか?
「今は……すみません(笑)」

――新間会長、初代タイガーマスクのMSGでの思い出話を聞いて意欲を掻き立てられましたか
「新間会長が話されていた、タイガーマスクさんがリングに上ったときには皆が批判的なことを言っていたのが、試合が始まったらそれが歓声に変わったというのを聞いて、鳥肌が立ちましたね。私もMSGだったり、そういう大きい会場で試合ができるのがすごく楽しみになりました」

関連記事

サイト内検索

日別

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る
×