田村潔司の新団体『GLEAT』へPRIDE戦士・松井大二郎の入団が決定!ジョシュ・バーネットら海外勢も参戦表明!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、東京都・後楽園ホールにて田村潔司率いる新団体『GLEAT』のプレ旗揚げ戦が行われ、松井大二郎の入団が発表された。

 『GLEAT』とは、昨年1年間プロレスリングNOAHの親会社としての役割を果たしたリデットエンターテインメントが旗揚げした新団体。
 リデットが「NOAHの中に“強さ”を強調したいと考えたときに田村潔司が出てきた」ということでNOAH時代から田村との交流が始まり、今年になってリデットがNOAHから離れたことをきっかけに田村との新団体設立に向けて動き出したという。

 GLEATでは、ED(最高経営責任者)に田村潔司、CSO(最高戦略責任者)にカズ・ハヤシ、CTO(最高技術責任者)にNOSAWA論外、オブザーバーに長州力が就任することが発表。
 また、所属選手として元WRESTLE-1で活躍した伊藤貴則、同じくWRESTLE-1で皇壮馬やペガソ・イルミナルの名で活躍した渡辺壮馬が素顔かつ本名で所属することが発表されていた。

 この新団体について田村は「僕の理想は格闘プロレスUWF。“THE UWF”です。それを作り上げたい。UWFという言葉自体を残したいですし、歴史にしていきたい」と意欲を語るも、所属選手には「UWFがどういうものだったかというレクチャーしていない」と語るなど過去と同じものを現代に蘇らせる気ではない様子。若い選手によって作り出される新たなUWF像に期待が集まっていた。

 メインイベント前には、元UWFインターナショナルの松井大二郎の入団が発表された。
 松井はUWFインターナショナルでデビューし、PRIDEでは“炎のグラップラー”の異名を取って活躍。その後もPANCRASE、DEEP、ハードヒットなどで活躍してきた。
 田村は松井の入団について「Uインターで厳しい新弟子生活を送っていた方の部類なんで、何かしら僕のサポートにはなってくれると思うんですけど、実際どの距離感で仕事をしてもらえるかはちょっと今分かんなくて。まあ、一緒には練習すると思います。みんなと」とコメント。

 さらにGLEATにはサイラス、パラヴィズ・メマリ&ハンター・グレイ、ジョシュ・バーネットらが参戦を表明し、海外勢も加わったGLEATの本旗揚げ戦に注目が集まる。
 なお、GLEATの次回大会は2021年7月1日に東京ドームシティホールにて開催される。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×