岩谷麻優が武道館で赤いベルトを防衛も長与千種の愛弟子・彩羽匠が「自分のレベルまで追いついてください」と上から目線の挑戦表明!

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 3日、神奈川県・横浜武道館にてスターダム『STARDOM YOKOHAMA CINDERELLA 2020』が行われ、岩谷麻優がワールド・オブ・スターダム王座の4度目の防衛に成功した。

 横浜武道館は、今年9月6日を以て閉館した横浜文化体育館のそばに新設された約3000人規模の会場であり、スターダムが8月22日&23日の2DAYSで大会を行う予定だったが、当該大会はやむなく中止に。約1ヶ月半の時を経て、改めてスターダムが同会場のプロレスこけら落としとなる大会を開催した。

 岩谷は2011年にスターダム一期生としてデビューしてから今日までスターダム所属で活躍し続けている唯一の選手。数々の王座戴冠やトーナメント&リーグ優勝などの実績も残し、現在も団体最高峰の“赤いベルト”ことワールド・オブ・スターダム王者として君臨する名実ともに“スターダムのアイコン”たる選手。
 朱里はTAJIRIの愛弟子としてハッスルでデビューし、その後シュートボクサーとしても闘いつつSMASH、WNCで活躍。その後は総合格闘技に専念し、PANCRASEでストロー級クイーン・オブ・パンクラスを戴冠。さらには2017年にはUFCと契約してUFCで日本人女子として初めて勝利を挙げるという偉業を成し、昨年からは日本プロレス界に復帰。今年1月にはジュリア率いる“Donna Del Mondo”のメンバーとしてスターダムにレギュラー参戦し、今年2月にはアーティスト・オブ・スターダム王座(6人タッグ王座)を獲得。

 そして朱里は今年7月の後楽園ホール大会で「私がこのスターダムに上がってる大きな理由、それはその赤いベルトを獲ること!チャンスは自分で掴んでやる!」と挑戦を表明。岩谷も「ドMの岩谷麻優をボコボコにしてください♪」とこれを受諾し、両者の赤いベルト戦が決まった。

 8月の横浜武道館で行われるはずだった同王座戦が仕切り直されて開催されたこの日の試合は時間無制限の完全決着戦として行われ、朱里は自身と同じく蹴り技を得意とする岩谷の足を潰すべくクロスヒールホールドを軸にした足関節地獄に引きずり込む。
 岩谷の動きが鈍ると自らもローキックやニーキックなどの蹴り技で攻め立てて行くが、岩谷は足を引きずりならもトペ・スイシーダやフロッグ・スプラッシュなどの飛び技を繰り出して意地を見せるが、朱里は的確にハイキックをヒットさせていきマフラーホールドでギブアップを迫る。
 岩谷はなんとかこれを脱出すると痛む足でトラースキック3連打からツームストンパイルドライバー、ムーンサルト・プレス、ドラゴン・スープレックス・ホールドと怒涛のラッシュをかけて3カウント。

 激戦を通して全世界へ“スターダムのアイコン”たる姿を見せつけた岩谷だったが、勝利者トロフィーにつまずいて転び左足を攣ってしまう“らしさ”を見せつつ、「朱里、お前は強すぎる!いい蹴り何発も入って、心折れそうだったけど、まだまだこのベルト、落とすわけにはいかないんですよ」と王者としての覚悟を語る。

 そして、これを受けた朱里は「やっぱり、赤いベルトを取るにはそれなりの覚悟が必要で、私はスターダムの内部に入って、そのベルトを一から狙っていく!次は、次こそは!その赤いベルト!絶対取ってみせる!」とスターダム入団を示唆した。

 バックステージに戻った岩谷が防衛の余韻へ浸っていると、長与千種の後継者に指名されているMarvelousの彩羽匠が登場。
 彩羽は今年2月の後楽園ホール大会でノンタイトル戦ながら岩谷と激戦を展開し、ランニングスリーで勝利。彩羽は赤いベルト戦をアピールするも、その後スターダムはコロナ禍による興行自粛期間に入り両者の王座戦はお預けとなっていたが、先月28日の後楽園ホール大会で赤いベルトへの挑戦権を有していた林下詩美から先に挑戦する権利を譲り受けており、早速これを行使しに来た形だ。

 彩羽は今月18日に行われる後楽園ホール大会での王座挑戦を宣言し、「もっと強い岩谷麻優いるんじゃないですか?自分が引き出しますよ。その上でそのベルト、もらおうかなって思います。自分、スターダムでデビューしたんですけどずっとこのベルト狙ってますからね。もうその時期が来たんじゃないかなと。いい感じに箔も付いて来たし。そんなに時間無いですけど、仕上げて来てくださいね?自分のレベルまで追いついてください」とスターダム4期生ながら1期生の岩谷へ上から目線の挑発。

 岩谷が彩羽に握手を求めると、彩羽はニヤリと笑い無視して去る。すると岩谷は「おい、スルーするなよマジで」と真顔でボソリとつぶやくなど火が点いた様子。
 スターダムではハイスピード王座戦線でAZMと星月芽依の抗争が勃発するなど“スターダムvsMarvelous”の対抗戦の機運が高まっており、両団体のトップ同士が激突することも決まったことでさらにヒートアップ。

 鎖国政策を取ってきたスターダムだが、北斗晶が新型コロナウイルス感染拡大で大ダメージを被ったプロレス業界を救うべく団体をまたいで立ち上げた女子プロレス界の共闘組織『Assemble』の第2回大会への参戦も決まっており、他団体との交わりも生まれてきた。
 今後さらに変化していくと思われる女子プロレス情勢の最前線から目が離せない。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る