ビー・プレストリーがカミゴェを発射し6人タッグ王座奪取!「私達はイチバンチーム!私はイチバンガイジン!」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 14日、東京都・後楽園ホールにてスターダム『KORAKUEN NEW LANDSCAPE 2020』が行われ、“大江戸隊”刀羅ナツコ&鹿島沙希&ビー・プレストリーが悲願のアーティスト・オブ・スターダム王座戴冠を果たした。

 大江戸隊は、花月、葉月らの立て続けの引退により、今年から刀羅ナツコをリーダーとした“新生・大江戸隊”として再出発。
 新日本プロレスのウィル・オスプレイとの交際で知られ、新日本マットでも“THE EMPIRE”のメンバーとして活躍しているビー・プレストリーを擁し、先月の後楽園ホールでアーティスト王者の3人を含む8人タッグマッチで20分フルタイムドローの死闘を展開。そして決着戦にアーティスト王座戦を要求し、王座挑戦が決定してから行われたタッグリーグ戦のさなかでも両軍は因縁を深め、ついにこの日のセミファイナルで決戦を迎えた。

 王者として迎え撃ったのは、“Donna Del Mondo(DDM)”のジュリア&舞華&朱里。
昨年10月に移籍騒動で女子プロレス界を騒がせたジュリアはスターダム入団後にDDMを結成してブレイク。後にスターダムに入団を果たす舞華&朱里をDDMへ引き入れ、今年2月にはアーティスト・オブ・スターダム王座(6人タッグ王座)を戴冠。
 そしてジュリアはWWE、NXTで活躍する紫雷イオや宝城カイリ(現:カイリ・セイン)も戴冠してきた“白いベルト”ことワンダー・オブ・スターダム王座を、舞華はフューチャー・オブ・スターダム王座(若手王座)を獲得する二冠王となり、朱里も戴冠こそ逃したものの“赤いベルト”ことワールド・オブ・スターダム王者の岩谷麻優をあと一歩まで追い込む強さを発揮してきた。


 試合が始まると、翌日の仙台大会でSWA王座戦を行うビーと朱里がバチバチと蹴り合っていく展開となり、両軍ともに2人の一騎打ちをサポート。
 中盤には舞華が捕まる展開となるも、コーナー上の攻防を制した舞華が雪崩式ブレーンバスターで一矢報い、DDMは舞華のゴード・バスターにジュリア&朱里がパントキックを合わせる合体攻撃も繰り出す。そして朱里がビーを朱雀で捕らえようとしたところへナツコがパイプ椅子攻撃で豪快なカットを入れ、ビーがカミゴェ、Vトリガー、クイーンズ・ランディングと大技ラッシュで畳み掛けて3カウント。

 ナツコは「団結力もここ(頭)の使い方も強い強いつよーい大江戸隊がアーティストのチャンピオンになったぞ!ドンナ・デル・モンド?君たちは、今日負けた。つまり、もうDDMの政権は今日でおしまい。これからは過去の栄光にすがって生きてけ」と勝利宣言。
 ビーも「ジュリア、ノーベルト。メイビー、舞華、ショッパイ。ジュリア、ショッパイ。朱里、モットショッパーイ!ノーフィニッシュ。ワタナベモモモットショッパーイ!イチバーン!」と定番となった渡辺桃いじりを交えて朱里を挑発すると、朱里は「ショッパイショッパイって、なめてんじゃねーぞ!仙台で、お前ら大江戸隊、入ってくんじゃねーぞ。ビー・プレストリー、おまえこそが、しょっぱいことを披露してやる」と返し、翌日の決戦に向けて両者は睨み合った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る