【試合詳細】9・30 飛鳥プロレス新宿FACE大会 児玉裕輔vs土肥こうじ 宮本裕向&小高イサミvsTAJIRI&黒潮“イケメン”二郎 【2AWタッグ】真霜拳號&花見達也vs木藤裕次&松田慶三 朱里vs真琴

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

飛鳥プロレス『2020秋 旗揚げ1周年記念興行』
日程:2020年9月30日(水)
開始:19:00
会場:東京・新宿FACE
観衆:195人(超満員=コロナ対応限定人数)

▼6人タッグマッチ 15分1本勝負
大和ヒロシ(フリー)/○UTAMARO(フリー)/瀧澤晃頼(フリー)
11分35秒 ラリアット→片エビ固め
田中稔(フリー)/藤原ライオン(フリー)/●鈴木心(フリー)

▼飛鳥 絆~ミクスドマッチ 20分1本勝負
○高橋匡哉(大日本)/小林香萌(フリー)
12分13秒 変型キャメルクラッチ
●佐山駿介(TTT)/茉莉(Color‘s)

▼真琴birthday match 15分1本勝負
○朱里(MAKAI)
10分53秒 朱雀
●真琴(フリー)

▼2AWタッグ選手権~60分1本勝負
【王者組】真霜拳號(2AW)/○花見達也(2AW)
16分9秒 ジャパニーズ・レッグロール・クラッチホールド
【挑戦者組】木藤裕次(フリー)/●松田慶三
※第4代王者組が3度目の防衛に成功

▼飛鳥プロレス1周年記念試合 30分1本勝負
[ヤンキー二丁拳銃]宮本裕向(666)/○木高イサミ(BASARA)
16分0秒 首固め
TAJIRI(フリー)/●黒潮“イケメン”二郎(フリー)

▼「BEST of ASUKA」決勝戦 60分1本勝負
○児玉裕輔
19分56秒 フランケンシュタイナー→体固め
●土肥こうじ
※「BEST of ASUKA」は児玉が優勝

飛鳥プロレス活動休止前最後の大会で元WNC勢が大団円!飛鳥最強決定トーナメントは児玉が土肥を制して優勝!脳腫瘍の治療に入る篠瀬代表は「別の闘いに入ります」

第1試合


 「BEST of ASUKA」出場4選手と、レギュラーメンバーのUTAMARO、ライオンによる豪華6人タッグ。6者入り乱れた大熱戦のなか、UTAMAROが孤立した鈴木にラリアットを見舞ってフォール勝ち。

第2試合


 元ASUKA PROJECTの高橋、小林、佐山と、準レギュラーの茉莉による、ほぼ“純”飛鳥によるミクスドマッチ。高橋と佐山、小林と茉莉が激しくやり合うなか、佐山のサブミッション、キックをしのいだ高橋が豪快な払い腰から変型のキャメルクラッチを決めてギブアップを奪った。

第3試合


 元WNCの真琴と朱里による超レアなシングルマッチ。朱里は得意の関節技、キックで攻め立てるが、真琴もスピア、ダブルニーなどで応戦。朱里は顔面へのニーから、腕折り固め、朱雀へとつないでギブアップ勝ち。真琴は自身のバースデーマッチを白星で飾れなかった。

第4試合


 2AWタッグ選手権が飛鳥のリングで実現。挑戦者組の熱波軍は絶妙な連係で、王者組の勢いに対抗。松田はラリアット、ゴーストバスターなどで花見を追い込むが、エルボーが木藤に誤爆。すかさず、真霜がハイキックをたたき込むと、花見がジャパニーズ・レッグロールで丸め込んで、ベテランの松田から殊勲の3カウントを奪取。
 花見は「真霜さんの助けもあって、ガッチリ3度目の防衛に成功しました。ベテランの壁ありましたけど、やってやりました。次は(2AW)10月16日、後楽園で入江(茂弘)、ダイナソー拓真がキングになった人。次もボクが取って、4度目もバッチリ防衛します。篠瀬さんが元気になって戻ってくるまで、タッグチャンピオンであり続ける」と気炎。

第5試合


 立花誠吾の負傷欠場により、代役でTAJIRIが入り、イケメンとの師弟タッグが実現。対戦相手は宮本、イサミのヤンキー二丁拳銃で、超豪華カードがマッチアップされた。
 イケメンはトップロープで2回股間を強打してしまい、手負いの闘いに。そんななかでも、場外の二丁拳銃めがけて、ラ・ケブラーダを見舞うなど奮戦。しかし、ムーンサルトプレスがイサミに交わされ自爆。それでも、イサミを捕獲したイケメンは「TAJIRIさん、バズソーキックください!」と叫ぶ。TAJIRIは要求に応えて、バズソーキックを放つが、これがイケメンの股間に誤って当たってしまい、イケメンは悶絶。すかさずイサミが首固めで丸め込んで二丁拳銃の勝利。

第6試合


 飛鳥プロレスにレギュラー参戦する8選手が参加して行われた最強決定トーナメント「BEST of ASUKA」決勝戦が9月30日、東京・新宿FACEで争われ、児玉裕輔が同じユニット・アンファンテリブルに所属する土肥こうじを破り、その頂点に立った。

 同団体は篠瀬三十七代表の脳腫瘍肥大が判明したため、今大会をもって、いったん活動を休止する。休止前の最後の大会のメインイベントは、WNCで篠瀬代表と苦楽を共にした児玉と土肥の一騎打ち。準決勝(8・28新宿FACE)の後、この2人は全日本プロレスで活動するアンファンで合流し、くしくも同ユニット対決となった。

 序盤はヘッドロック、アームロックの応酬など、じっくりしたレスリングの攻防でスタート。5分過ぎ、児玉の腰にマトを絞った土肥はバックブリーカー、ボディスラム、キャメルクラッチなどで攻め立てた。10分過ぎ、児玉がジャンピング・エルボー、ワキ固め、トラースキックなどで反撃。15分過ぎ、児玉はパワーボム、アームロックからマッドスプラッシュを狙うも自爆。その後、エルボー合戦、ドロップキックの応酬となり、土肥が高角度ジャンピング・パワーボムを繰り出すもカウントは2。ラリアットを見舞うも、これも2でクリアされた。土肥がならばと、ロープに走ってラリアット狙いにいったところを、児玉がフランケンシュタイナーで頭部からたたきつけ、逆転の3カウントが入った。

 土肥とガッチリ握手を交わした児玉は「『BEST of ASUKA』決勝に勝って見事優勝しました。今土肥とは同じユニットで一緒に活動してますけど、本気で息の根を止めに来た。ずっと腐れ縁で10年くらいやってます。アンファンテリブル、これからもプロレスをがんばっていきます」とマイク。

 その後、リングに上がった篠瀬代表は「児玉さん、土肥さん、ありがとう。先輩方のおかげでいいカードが組めて。TAJIRIさん、朱里さん、ヤンキー二丁拳銃の試合ができたことが(ファンに)伝わった。コロナのなか、足を運んでいただきありがとうございました。いったんお休みさせていただいて、大きい病院に入って、別の闘いに入ります。戻ってきて、縁ある選手の手助けになればいい」とあいさつした。

 その後、出場全選手による記念撮影が行われ、篠瀬代表たっての希望で、元WNC勢のみで記念撮影。最後はスクラムを組んで、休止前の興行は大団円で幕を閉じた。

 バックステージで児玉は「99パーセント、やられてましたが、意地で押さえ込んだ。体がでかい相手だったけど、先輩の意地を見せた。きつかった。今日出たレスラー、篠瀬さんもレスラー。今日も明日からも生きていかなきゃいけない。(篠瀬さんが)元気になって、みんなで集まれる場ができたらいい。アンファンはこれから、ほかの団体にも上がって、荒らしていきたい」とコメント。

 惜しくも、敗れた土肥は「何度目かの一騎打ちだったけど、久しぶりに負けた。悔しい。同じチームで今やってるので、まずは全日本で定着させて。私はまだ生き残っていかなきゃいけない。この2、3年が勝負。サバイブしていきます。(飛鳥には)声をかけてくれれば助けに来る。再会のときは、飛鳥も大きくなって、俺たちも大きくなって集まりたい」と話した。

 コロナ禍のなか、ソーシャルディスタンスでの200人限定興行で超満員の観客を動員した篠瀬代表は「1周年、活動休止、カードがよかったなど、いろんな要因が合わさって、お客様が来てくれたんだと思います。感謝します。自分のやりたいことができた。(再開後のコンセプトは)そのときの立ち位置で変化するかもしれませんが精いっぱいやります」と前を向いた。

 篠瀬代表は10月より入院し、脳腫瘍の治療に努め、来年の活動再開を目指すことになる。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×