3年ぶり8度目の引退をかける大仁田厚がストリートファイトでアバラ骨を骨折!杉浦軍は電流爆破戦に桜庭和志の投入を宣言!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 25日、東京都・後楽園ホールにて行われた『STREET FIGHT CLUB Produced by 爆破甲子園』にて、大仁田厚が杉浦軍とストリートファイト・スクランブルバンクハウス6人タッグデスマッチで激突した。

 27日に東京都・としまえんで開催される路上電流爆破デスマッチで3年ぶり8度目の引退をかけて戦うことが決まっている大仁田だが、この日は7度目の引退試合以来の後楽園ホールのメインイベンターとして出陣。
 大仁田は宮本裕向&ロッキー川村とタッグを組み、NOAHで暴れ回る“杉浦軍”杉浦貴&NOSAWA論外&カズ・ハヤシと対峙した。

 ゴングを待たずに大仁田がジャンパーを投げつけて奇襲し、ストリートファイトの名に恥じない全員入り乱れての場外での殴り合いを展開。リング上には次々と凶器が投げ入れられ、大仁田が論外を机上パイルドライバーで突き刺せば、杉浦軍も有刺鉄線バットで大仁田を袋叩きにするなどの流血戦へ。
 裕向&ロッキーのアシストを受けて論外との一騎打ちの場面を作った大仁田は、論外をサンダーファイヤー・パワーボムで叩きつけ、粘る論外の頭を何度もパイプイスで殴りつけて3カウントを奪った。

 マイクを取った大仁田は、「練習量が足りなくてアバラが折れたようです。意外と痛いです。僕でも痛いです。水を撒いちゃいけない、毒霧を使っちゃいけない、お客さんに触れちゃいけない。PCR検査しました。陰性でした。だけどいつかかるかわかりません。僕ははっきり言ってあなた方にうつしたくない。うつされたくもない。杉浦、論外、論外、論外!論外!杉浦論外!カズ!おい!お前ら!今度は!なんと言われようと!×5電流爆破のリングに上がれ!世の中色々言われてあんたも言われるし、あんたも言われる。だけどさ、自分の生き方の変え方を知らねーんだ。俺は変え方を知らねー!ということは!自分が信じた道を歩むしか!歩むしかねーんじゃ!」と叫び、観衆の大喝采を受けて大会を締めた。

 杉浦軍も電流爆破戦を受けて立つ姿勢を見せ、バックステージでは作戦会議を実施。杉浦が「電流爆破やんならさ、あの人も誘い込む?全く違うところにいる、あの人。桜庭和志を」と桜庭和志の参戦を口にする。
 すると論外は「大仁田厚が本気でやるんだったら、桜庭和志も責任を持って我々が電流爆破に上げてやる!リップサービスじゃねえぞ?」と呼応し、桜庭の電流爆破戦参戦を約束した。

 一方、アバラ骨を骨折した大仁田は苦痛に顔を歪めながらも「この借りは絶対に!返す!オイ次は!俺の得意の!誰がなんと言おうと!×4オイ!杉浦!論外!カズ!俺たち3人で電流爆破やるから!上がって来いや!」と吼える。
 そして、大仁田は自身の負傷を受けてか「クロちゃんも試合に出る!出す!だって引退かけてんだよ?でろよ。“with クロちゃん”じゃなくて、4vs3で行きます。ハンディキャップ!」と27日の路上電流爆破戦で特別立会人としての参加が決まっていた安田大サーカスのクロちゃんの参戦を一方的に宣言。正式な決定は下されていないものの、もし実現された場合はクロちゃんが爆破される可能性も生じるため、さらに話題を呼ぶことになるだろう。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×