【試合詳細】7・26 スターダム後楽園ホール大会 【ワンダー】ジュリアvs中野たむ 【ゴッデス】林下詩美&上谷沙弥vsジャングル叫女&小波 【ハイスピード】里歩vsAZMvsスターライト・キッド

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『STARDOM CINDERELLA SUMMER IN TOKYO』
日程:2020年7月26日(日)
開始:11;45
会場:東京都・後楽園ホール
観衆:483人(札止め/コロナ対策限定人数)

▼シングルマッチ 15分1本勝負
[Queens Quest]●妃南
4分15秒 my emblem→片エビ固め
[大江戸隊]○鹿島沙希

▼タッグマッチ 20分1本勝負
[TOKYO CYBER SQUAD]●吏南/DEATH山さん。
7分12秒 フロッグスプラッシュ→片エビ固め
[大江戸隊]○刀羅ナツコ/夏すみれ(フリー)

▼シングルマッチ 15分1本勝負
[Queens Quest]○渡辺桃
10分39秒 ダイビング蒼魔刀→エビ固め
[ドンナ・デル・モンド]●舞華(JUST TAP OUT)

▼タッグマッチ 20分1本勝負
[STARS]岩谷麻優/●飯田沙耶
13分21秒 バズソーキック→片エビ固め
[ドンナ・デル・モンド]○朱里(MAKAI)/ひめか

▼ハイスピード選手権試合 3WAYマッチ 30分1本勝負
【挑戦者/Queens Quest】○AZM
7分10秒 あずみ寿司
【挑戦者/STARS】●スターライト・キッド
※AZMが第19代王者となる
※もう一人は【王者】里歩(AEW)

▼ゴッデス・オブ・スターダム選手権 王座決定戦 30分1本勝負
【Queens Quest】○林下詩美/上谷沙弥
14分28秒 ジャーマン・スープレックスホールド
【TOKYO CYBER SQUAD】ジャングル叫女/●小波
※詩美&上谷が第18代王者となる

▼ワンダー・オブ・スターダム選手権 王座決定戦 30分1本勝負
【ドンナ・デル・モンド】○ジュリア
28分27秒 レフリーストップ
【STARS】●中野たむ
※ジュリアが第14代王者となる

ジュリアがたむとのイデオロギー闘争を制して白いベルト獲得!詩美&上谷がゴッデス王座を戴冠し舞華&ひめかと未来をかけて対決へ!AZMが悲願のハイスピード王座戴冠!

オープニング


 試合開始前、しばらく欠場していたルアカ、羽南、星野唯月がリングに上がり、ルアカと羽南は8月22日、23日に行われる横浜武道館2連戦での復帰を目指して練習中であると報告される。
そして、かねてより体調不良により欠場していた星野は快復が見込めないということから選手としての活動を停止するということがアナウンスされた。

第1試合


 ゴングと同時に妃南が突っ込んでいってエルボーを連打も、鹿島はケラケラ笑って全くのノーダメージ。妃南がロープへ飛ぶと追走ブートを後頭部に叩き込み、コーナーに押し付けて顔面をグリグリと踏みつける。さらに鹿島は妃南の髪を掴みながら首を固めていき、「最初の威勢はどうしたぁ?」と挑発的に倒れ伏す妃南を蹴飛ばしていく。妃南が膝立ちになりながらエルボーを放つと鹿島は非情な顔面ブート。

 鹿島はエルボー連打からロープへ飛ぶが、妃南がバックを取ってスクールボーイ。これをキックアウトした鹿島は顔面ブートを叩き込んでロープへ飛ぶが、妃南はカウンターの払い腰を決め、ボディスラムを耐える鹿島の腕を取ってレインメーカー式の払い腰。さらに妃南は鹿島をロープに振るが、鹿島はするりとエプロンに脱出。突っ込んできた妃南をロープに引っ掛け下から顔面を蹴り上げる。
 鹿島はコーナー上からダイビングフットスタンプを投下も、これをかわした妃南が外道クラッチ。これをキックアウトされると妃南はロープに飛ぶが、バックを取った鹿島がダブルアームフェイスバスター。妃南はフォールに来た鹿島に下から組み付いての首固めと最後の抵抗を見せるが、余裕でキックアウトした鹿島が顔面ブートからmy emblemで叩きつけて3カウント。

第2試合


 DEATH山とナツコでゴングが鳴ると、DEATH山がいつものように会場の四方へ「デース!デース!DEATH山デース!」と挨拶していくが、しびれを切らしたナツコが背後からエルボーを見舞い、夏とともにダブルのニーリフト、夏がビッグブート、ナツコがセントーンと冒頭から畳み掛ける。ナツコがロープに飛ぶと吏南がエプロンからエルボーを見舞い、ナツコの意識が吏南に向いた隙にDEATH山がスクールボーイ。これを返されると吏南にタッチ。
 吏南はナツコにドロップキックを放つが、ナツコはこれを回避して自爆させると顔面を踏みつけ、ヘアホイップでロープ際に投げ飛ばしたあとに葉月から受け継いだ顔面ウォッシュ。夏にタッチ。
 夏は吏南をコーナーに追いやってブロンコバスター。さらに吏南をロープに引っ掛けてナツコとともに踏みつけ、吏南に好きなようにエルボーを打たせてからニーリフト、ビッグブートと叩き込んでいくが、吏南はこれを耐えてボディスラム。DEATH山にタッチ。
 DEATH山はコルナポーズで放つ地獄突きを連打し、夏をコーナーに追いやって「デース!デース!DEATH山デース!」とポーズを決めてから突っ込み、ブートでカウンターされる流れを2回繰り返し、3回目は夏が自ら走り込んでのビッグブート。さらに夏はエルボーを放つが、DEATH山はこれを回避して「デスデスデスヤマデス」と高速詠唱してのコルナ突きで倒してからの千豚♪を発射も、これをかわした夏が後頭部へのブート。さらに夏は妖乱を狙うが、DEATH山がこれを耐えるとロープへスロー。エプロンからナツコが金属バケツでDEATH山の頭を殴りつけ、夏がノーザンライトボム。ナツコにタッチ。
 ナツコはDEATH山をコーナーに振って串刺しラリアットを狙うが、DEATH山が回避しエプロンを駆けてきた吏南がエルボー。吏南にタッチ。

 吏南はドロップキック3連発もナツコは倒れず、エルボーを連打してからの4発目でついにナツコを吹き飛ばす。さらに大外刈りからフォールに入るが、ナツコが下から喉輪で押し返し、そのまま引き起こして担ぎ上げるが、吏南は背面着地してスクールボーイ。さらにDEATH山のコルナ突きのアシストも得てウイングクラッチホールドから卍固め、ハイドレンジアと続けるが夏がこれをカットし、吏南とDEATH山をランニングネックブリーカーで同時に見舞い、ナツコが吏南へカミカゼからのフロッグスプラッシュで押しつぶすとこれで3カウント。

第3試合


 この日の大会前に8月1日付でスターダムへ入団することが発表された舞華と桃のシングルマッチ。
 ロックアップでの押し込み合いや、じりじりとした手4つからグラウンドに持ち込んでの首の取り合いから一度クリーンブレイクも、すぐに桃が突っ込んでいってミドルキック。桃はボディスラムで叩きつけ「どうしたクソ新人!」と顔面にブートを叩き込んでいき、サッカーボールキック2連発。舞華がエルボーを連打して突っ張っていくと、桃は両手を広げてすべて受けきってから強烈なエルボーで舞華を吹き飛ばしてPKを放つも、舞華はこれをキャッチしてアンクルロック。

 桃がアンクルロックを前転して抜け出すと、舞華はヒザへの低空ドロップキックから再びアンクルロックに捕らえ、そのまま上下に叩きつけてニークラッシャー。桃がブレイクするとロープやコーナーにヒザを引っ掛けてのストンピングやブートで徹底的にヒザを攻め、トゥーホールドからアキレス腱固め。さらに舞華は桃をコーナーに振るが、桃はビッグブートからドロップキックでやり返し、串刺しドロップキック2連発からブレーンバスター。さらにBドライバーを狙っていき、舞華が暴れて抜け出すとランニングミドルキック。さらにミサイルキックを見舞い、もう一発を狙ってコーナーへ上がるが、舞華が追いすがって雪崩式背負投げ。さらにリング上で背負投げ3連発から無双で叩きつけ、桃のハイキックをキャッチしてアンクルロック。桃がブレイクするとスリーパーホールドから片羽絞めでじっくりと苦しめるが、桃はなんとか足を伸ばしてロープブレイク。

 舞華はロープへ飛ぶが、桃はカウンターのハイキックを側頭部にクリーンヒットさせると裏投げから蒼魔刀。さらにコーナートップからダイビング蒼魔刀を叩き込んで3カウント。

第4試合


 岩谷と朱里の対面でゴングが鳴ると、手4つから片手が触れ合った瞬間に朱里がローキックで先制。岩谷も低空タックルで足を取りヘッドロックからテイクダウンを取って腕を極めるも朱里もするりと抜け出してクリーンブレイク。両者タッチ。
 145cmの飯田が172cmのひめかへ威風堂々たる立ち姿で手4つを挑むが、ひめかが一瞬で上から押しつぶしショルダータックル。飯田もショルダータックルでぶつかっていくがひめかはビクともせず、両手を広げて不敵な笑み。ひめかはショルダータックルで飯田を吹き飛ばすと朱里を呼び込んでダブルのブレーンバスター。2人で飯田の顔面をコーナーで踏みつけてから朱里にタッチ。
 朱里は飯田にサッカーボールキックからロープを使ったスタンド式のキャメルクラッチ。
 代わるひめかはボディスラムから逆エビ固め。ブレイクされるとロープに振るが、飯田はドロップキックで怯ませてからのショルダータックルでなぎ倒して一矢報い、岩谷にタッチ。
 岩谷はドロップキックからトラースキック、さらにノーザンライトスープレックスを狙うが、ひめかが耐えるとトラースキック。岩谷は「有田!……じゃない!ひめか!」と叫んで攻撃するとひめかは「有田じゃねえんだよ!」と怒りの反論。ここに朱里が入ってきて2人でロープに振ろうとするが、岩谷は二人の手を撮ってロープでバウンドしてのアームドラッグで切り返して2人をロープ際まで投げ飛ばしてからのダブルドロップキック。岩谷はひめかをコーナーへ振ろうとするがひめかが振り返して串刺しボディスプラッシュ。カットに来た飯田もコーナーに上げて2人同時のアルゼンチン・バックブリーカーを狙うがバランスを崩して失敗。ひめかは岩谷をラリアットでなぎ倒して朱里にタッチ。

 朱里は串刺しニーからハーフハッチスープレックス。岩谷とエルボーで打ち合っていき、岩谷がロープに飛ぶと追走ニーを叩き込むも、岩谷もドロップキックで反撃。ここで飯田が飛び込んでくると2人で交互に朱里へ逆水平チョップを見舞っていき、2人で雄叫びを上げてからのダブルチョップ。そして岩谷が「ばかたれ!」とバカタレスライディングキックを見舞い、飯田がノーザンライトスープレックスホールド、岩谷がフロッグスプラッシュからドラゴン・スープレックスの構えに入るが、朱里が振りほどいて振り向きざまのハイキック。岩谷は倒れず踏みとどまってハイキックでお返しし、ジャーマン・スープレックス。朱里もすぐに起き上がってジャーマン・スープレックスでやり返し、両者は同時にハイキックを放ち、互いの側頭部にヒットすると互いに大の字に。しかし岩谷が自軍コーナーまで這っていって飯田にタッチ。

 飯田は朱里にミサイルキックを突き刺すと左右のエルボー連打からボディスラム。さらにロープに飛ぶがエプロンからひめかがミサイルキックを見舞い、よろけたところへ朱里がDDT。続けてひめかがバックフリップで叩きつけ、朱里がランニングニーから朱雀の体勢に入るが、岩谷が後頭部へのミドルキックでカット。アシストを受けた飯田がフットスタンプからノーザンライトスープレックスホールドを狙うが、朱里が強引に担ぎ上げて山折。さらにトドメのバズソーキックを放つが、飯田が回避してスクールボーイから飯田橋もひめかがカットし、朱里がハイキックからのバズソーキックと連撃して3カウント。

 勝ち名乗りを受けた朱里は、退場していく岩谷の背中へマイクで語りかける。

朱里「ちょっと待て。私がマイクを持ったということは、どういうことか分かるかなぁ?岩谷麻優!お前の持ってるその赤いベルト、挑戦させてくれないかなあ?私がこのスターダムに上がってる大きな理由、それはその赤いベルトを獲ること!チャンスは自分で掴んでやる!」

岩谷「こーらくっ……(マイクのスイッチを確認してから改めて)後楽園のみなさん!こんばんは~!赤いベルトの挑戦者、待ってました。待ってた!挑戦者!防衛戦!でも、あなたですか……強敵ですね。でも、やりがいあります。8月の横浜武道館、是非、赤いベルトをかけてシングルマッチやりましょう。岩谷麻優はドMなんで、ボコボコにしてください。あなたが麻優をボコボコにしてくれたらもっと本領発揮、出来ちゃうんで。最後にリングに立っているのは岩谷麻優です。じゃあ、8月よろしくお願いします」

第5試合


 3人がそれぞれ握手を交わしてからゴングが鳴ると、その瞬間にキッドとAZMが里歩へガットショット。AZMがロープへ走れば里歩とキッドがドロップダウンで妨害し、里歩がロープへ走ればキッドとAZMが連携チョップを狙って妨害。そしてキッドがロープに飛んでブーメランアタックで2人まとめてなぎ倒すも里歩とAZMは同時にブリッジでするりと抜け出し、里歩のドロップキックをかわしたキッドへAZMがカサドーラもキッドはヘッドスプリングで着地し、ドロップキック。AZMがこれをかわすと自爆したキッドを里歩がフォール。突っ込んできたAZMの足をキッドが払い、里歩が突っ込むとAZMが足を払い、即座に抜け出して3人が巴に向かい合う。わずか1分の間に凝縮されたハイスピードの戦いを魅せる。

 キッドと里歩は連携してAZMをロープにもたれかかる形で倒し、ダブルのジャンピングニー。キッドとのエルボー合戦を制した里歩が足払いからロンダートドロップキックからブレーンバスター固め。さらにキッドをコーナーに振って串刺しジャンピングニーを見舞うとAZMも串刺しドロップキックで続き、AZMは自身に串刺し攻撃を狙ったキッドの足を払ってその先にいた里歩へキッドのドロップキックをヒットさせるとキッドの腕を取ってトップロープに飛び乗ってハイジャンプ。足で里歩の首を引っ掛け、アームドラッグ&ヘッドシザースホイップの同時攻撃を見せ、里歩にドロップキックからブーメランアタック式アームドラッグから腕固め。里歩がこれをブレイクするとエプロンからスライディング式のエビ固めを見舞うも、ここでキッドがジャックナイフで飛び込んできてダブルフォール。2人は同時にキックアウトし、里歩は突っ込んでくるAZMをカニバサミで倒して619を放つもAZMがこれをガッチリとキャッチ。そこへキッドが飛んできて2人まとめて619で蹴り飛ばし、「一発食らえ!」とその場飛びムーンサルト・プレスで2人を同時に押しつぶす。
 キッドがAZMを引き起こすとAZMは二段式ハイキックを見舞い、キッドのキッちゃんボムを抜け出すと里歩がキッドへジャンピングニー。里歩の着地狩りでAZMがハイキックを叩き込むが、里歩は倒れずゼロ距離ジャンピングニー。トリプルダウンとなるも、カウント8で全員同時にネックスプリングで跳ね起きる。

 3人は輪になってエルボーを打ち合っていき、ロープに走った里歩へキッドが追走スプラッシュを見舞うも、AZMが走り込んでキッドにミスティカ式腕固め。これをブレイクされるとAZMがコーナーに上がり、里歩も同じコーナーに上って肩を組みながらダブルのダイビングフットスタンプを放つもキッドはこれを回避。さらにキッドが里歩の蒼魔刀もかわして低空ドロップキックを叩き込むと、その背後からAZMがダイビングフットスタンプ。

 AZMはキッドにもコーナー上からの攻撃を狙うが、キッドは地対空ハイキックでAZMを撃ち落とし、里歩をキッちゃんボムで叩きつけるがAZMがカットし、キッドにあずみ寿司。キッドはこれを反転させてエビ固めに捕らえ、激しく上下が入れ替わるエビ固めのシーソーゲーム。キッドはキックアウトしたAZMの足を捕らえてスクールボーイを繰り出すが、これを読んでいたAZMが上から潰してあずみ寿司で固めるとこれで3カウント。
 
 ベルトとトロフィーを受け取ったAZMは倒れ伏すキッドの眼前でベルトを掲げて見せると、キッドは顔面にビンタを見舞って心が折れていないことを示した。

AZM「ハイスピード獲ったぞぉ~っ!でも、でも、私はこのベルトでまだ満足していないんですよ!これから、ハイスピードスタイルでスターダムのオンリーワンになるために他のベルトも狙っていくんで、私から目ェ離すなよ!」

<試合後コメント>

AZM
「ハイスピード、キャリア7年目にしてやっと獲りましたよ!今までね、学生だからとか気ぃ遣っていた部分もあったんですけど、これからスターダムのね、オンリーワンになるために……ナンバーワンじゃないですよ?オンリーワンになるために!色んなベルトを私が挑戦して、トップに立ちます!」

第6試合


 叫女と上谷の対面でゴングが鳴ると腕の取り合いから叫女がヘッドロックに捕らえショルダータックル。さらに叫女がロープに飛ぶとエプロンから詩美が叫女を羽交い締めにし上谷がドロップキック。詩美と上谷は2人で叫女をロープに振っていくが、ここに小波が飛び込んでくると、叫女が詩美にドロップキック、小波が上谷にミドルキックを見舞って場外に叩き出すと叫女が場外へプランチャ。叫女は詩美を鉄柵に叩きつけて上谷をリングに放り込むとアームブリーカーやヒジへのエルボースタンプなどで腕への攻撃を集中させ、上谷は絹を裂くような悲痛な悲鳴を上げる。
 小波に代わると、上谷の腕へのフットスタンプ、ロープを使ったアームロック、や顔面踏みつけで痛めつけて叫女にタッチ。
 叫女はボディスラムからボディプレス。腕固めから腕十字へと移行して絞り上げるが上谷はなんとかロープへ。
 代わる小波も上谷のヒジをマットに立ててから踏みつけて叫女にタッチ。
 叫女はすがりつきながらエルボーを放ってくる上谷の顔面を蹴飛ばしてエルボー。上谷はメゲずに立ち向かってエルボーを放っていくも、叫女は仁王立ちで受け止めて逆にエルボー一発で吹き飛ばしていく。しかし、叫女が大ぶりの一撃を放つと、これを回避した上谷が側転+バク転で距離をとって「ナメんな!」と叫びながらのドロップキックで一矢報いて詩美にタッチ。

 詩美は低空ドロップキック、串刺しバックエルボー、首投げから後頭部への低空ドロップキックと続け、小波がカットに入ってくると上谷がニールキックで叫女ともどもなぎ倒す。詩美は叫女に大外刈りからエルボードロップ、スリーパーホールドでじっくりと絞り上げ、叫女が立ち上がると逆落としからグラウンドで胴締めスリーパー。叫女はしばらく苦しむも立ち上がって背後に倒れてバスター。

一旦距離をとった両者は正面からラリアットでぶつかっていき、パワーファイター同士の互角の攻防を展開するも、詩美がカウンターでラリアットを決めると上谷を呼び込んでダブルのブレーンバスター。さらに2人でロープへ振っていくが、叫女はダブルラリアットでなぎ倒して雄叫び。
 ここに小波が飛び込んでくると、叫女が詩美にラリアット、小波が上谷にスライディングキック。そして叫女が詩美をパワーボムの形で持ち上げ、小波のミサイルキックの勢いを刈りて叩きつける合体攻撃を繰り出し、叫女はハンマースロー式パワーボムを狙う。詩美がこれをこらえると叫女はロープに飛ぶが、詩美は追走してバックエルボー。叫女もラリアットでやり返すと両者大の字になるが、叫女がなんとか小波にタッチ。

 小波は詩美へハイキック、ジャーマン・スープレックス、バズソーキックと畳み掛けてからのトライアングルランサーで試合を終わらせようとするが、決まり切る前に上谷がカット。小波は詩美を引き起こして首相撲から膝を入れ、ソバットを放とうとするが回転中に詩美が組付き、シュバイン固めからのシュバイン。さらにロープに飛ぶが、叫女がエプロンから一撃入れて怯ませると小波が回転エビ固め。そこへ叫女が飛び込んできてスライディングラリアットを放つという得意の連携を狙うが、詩美が直前でエビ固めをひっくり返したため叫女のスライディングラリアットは小波の後頭部へ誤爆。
 思わぬ大ダメージを負った小波は、詩美がバックドロップ、上谷がランニングシューティングスタープレス、詩美がジャーマン・スープレックスからトーチャーラック・ボムと続けるがこれは叫女がカット。詩美が再びアルゼンチン・バックブリーカーを狙うと小波は背面着地しバックからクラッチ。そこに叫女がラリアットで突撃してくるが、詩美が回避したためまたしても叫女のラリアットが小波に誤爆。上谷が叫女をドロップキックで排除すると、詩美と上谷が小波へマジックキラー。小波は詩美のトーチャーラック・ボムを暴れて抜け出すが、詩美が着地を許さず持ち替えてクラッチするとそのままぶっこ抜いてジャーマン・スープレックスホールド。これが完璧に決まると小波も肩を上げられず3カウント。

 詩美は、泣きじゃくりながら抱きつく上谷をあやすように笑って抱きしめ返し、マイクを取る。

詩美「ゴッデスのベルト、獲りましたァ~ッ!私と上谷は、デビューしてそんな何年も経ってないですし、まだまだ未熟なところもあると思うんですけど、2人でこのゴッデスのベルトと一緒に成長していきます。みなさん見守っててください!」
上谷「(泣きじゃくりながら)ゴッデスのベルト獲ることが出来ましたぁあ~っ!もうすぐ自分はデビュー1年になって、このタイミングで獲ることができて本当に本当にうれしいです!これから詩美さんと一緒にスターダムの未来を創っていけるように頑張ります!」

 2人がベルトを肩に掛けて記念撮影のためにポーズを取ったとこでドンナ・デル・モンドの舞華とひめかがリングへ上がってくる。

舞華「新チャンピンおめでとぉ~。早速で悪いんだけど、そのベルト私たちがいただくよ」
ひめか「今日、自分たち2人がスターダムに正式に入団したことはご存じ?もうよそ者じゃない私たちには、“スターダムの未来”を名乗る権利がある。そのベルトしっかり磨いとけよ」

 ひめかがマイクを投げ捨てて舞華とともに去っていくと、上谷は「誰が!なんと言おうと!私が未来のスターダムだァァアアア!!」と声を裏返らせながら気迫の咆哮を上げた。

<試合後コメント>

林下詩美&上谷沙弥
詩美「無事にゴッデスのベルトを私と上谷が獲ることが出来ました!ありがとうございます!」
上谷「ありがとうございます!」
詩美「まあ自分たちはまだまだ成長するべきところがたくさんあると思うんですけど、リング上で言った通り、このゴッデスのベルトと一緒に2人で成長していきたいと思います。見守ってほしいなと思っています」
上谷「自分は今日、最初の方でメチャクチャ攻められて、ホントに詩美さんに助けられてばっかりな部分もたくさんあったんですけど、結果的にゴッデスのベルトを獲れたのは2人のタッグの力なんじゃないかなって思ってます。自分も詩美さんの隣でこれからもこのゴッデスのベルトとともに、どんどん成長していけるように頑張りたいです!」
詩美「はい。それで、なんか、あとから舞華、ひめかでしたっけ?リング上でスターダム所属になったって聞きましたけど、そんなの聞いてないし、まず挨拶に来てないよ。今日入ったばっかりの奴が“スターダムの未来”とか言ってますけど、私と上谷こそがスターダムの未来の象徴だと思っているので。よそ者には変わりないです。あの2人には負けないです」
上谷「ホンットに、舞華とひめかは意味が分からないです!もう!ホントに!ホントにホントにホントに(足を踏み鳴らしながらリズミカルに)!ウザいです、ホンットに!まあとにかく誰がなんと言おうと、私たちが未来のスターダムであり、これからは私たちの時代なんで、みなさん見ていてください!」

――詩美選手、シングルのベルトとタッグのベルトでは持っていて感慨は違いますか?
詩美「そうですね、タッグのベルト、特に今回はパートナーが自分の後輩の上谷というのもあって。自分がデビューした年は先輩の桃さんに助けてもらって、桃さんとともにこのベルトで成長出来たので。今度はこのタッグのベルトを持って、あのときの自分みたいに、上谷もどんどん成長して欲しいので。このベルトをきっかけにどんどん上に上に、上り詰めていきたいなと思います」

第7試合


 “白いベルト”ことワンダー・オブ・スターダム王座の新王者決定トーナメントの決勝戦。
 ジュリアとたむはゴングが鳴っても微動だにせず睨み合い、ゆっくりと距離を詰めるとロックアップでガッチリ組み合って純粋な力と力の押し込み合い。どうにかこれを制してロープに押し込んだジュリアが離れ際に軽くたむの頭をはたくと、今度はたむが手4つを仕掛けて押し合いとなり、今度はたむが制して押し倒すが、ジュリアは即座に立ち上がってエルボー。今度は足を止めてのエルボー合戦となり、ジュリアの大振りの一撃をスウェーしてかわしたたむが飛びついてガンスタン。さらにボディスラムで叩きつけてからジュリアの右足、膝裏へローキックを怒涛の連打。ジュリアが右足を押さえて悶え転がるとたむはその足を取って回転足4の字固め。ロープブレイクしたジュリアがたまらず場外にエスケープするとたむはコーナートップから場外プランチャで追撃し、場外でのジャーマン・スープレックスを敢行。たむがリングに戻そうとすると、ジュリアはたむを鉄柵に叩きつけて場外グロリアス・ドライバーでお返し。
 たむをリングに戻したジュリアはDDTからロールしてフロントネックロック、三角絞めと移行していき、スイングネックブリーカーからフォール。たむはこれをブリッジで抜け出すとロープに飛んでヘッドハンターからジュリアの顔面を撃ち抜くスピンキック、さらに急角度バックドロップ。たむはコーナーへ上がっていくが、ジュリアが追いすがって雪崩式ブレーンバスターで叩きつけ、ジャーマン・スープレックス、ショットガンドロップキックと続けて形成を互角に持ち直す。
 両者向き合うと、ジュリアが顔面を撃ち抜くビッグブート、たむが右足へのローキックを放つ蹴りの応酬となり、レスラーズハイに入ったたむは楽しそうに笑いながら顔面を突き出して自らジュリアのブートを受けに行く。ローキックの蓄積でジュリアが膝をつくとたむはロープに飛ぶが、ジュリアがカウンターのブートでたむを吹き飛ばす。ジュリアがロープに走ろうとするとたむが下から足を掴んで引き倒し、ジュリアの起き上がりにスピンキックを顔面に叩き込む。両者雄叫びを上げてたむがハイキック、ジュリアがビッグブートもこれが相打ちに。2人はよろけはするも倒れはせず、互いにロープに走ってショルダータックルで何度もぶつかり合い、これに打ち勝ってなぎ倒したたむが飛びつき腕十字からグラウンドで体勢を変えて膝十字固め、ジュリアの回避運動に合わせてアキレス腱固めへと捕らえていく。
 ジュリアがなんとかロープブレイクすると、たむはジュリアをロープに振るが、ジュリアは足のダメージが甚大で走れずロープにもたれかかる形で倒れ込む。そこへたむが飛び込んで後頭部へランニングニーを叩き込み、コーナー上からデスティニーハンマー。さらにジャーマン・スープレックスを放つが、ジュリアが一回転して着地すると後頭部へのエルボーで倒してから同じく後頭部へ踵落とし。さらにたむの足をセカンドロープに引っ掛けてのスイングネックブリーカーからグロリアス・バスター。ジュリアがコーナーへ上がっていくと、たむが追いすがって雪崩式ジャーマン・スープレックスという驚きの大技を見せると、両者大の字となりダブルダウン。
 カウント9を超えてもジュリアは立ち上がれずにいたが、村山レフリーがカウント10をコールせず「ほら!頑張れ!」と激励。そしてふらふらと起き上がった両者は足を止めてのエルボー合戦を展開し、たむがビンタを見舞えばジュリアもビンタで返す。これでたむはこの日一番の嬉しそうな顔を見せ、ジュリアの髪を掴むとジュリアも同じく髪を掴み、両者が同時に放ったヘッドバッドが衝突。観衆が声を出せない会場に鈍く大きな音が響き渡る。たむがよろけたところへジュリアが組み付いて蜘蛛の巣。たむはこれをシュバインのように持ち替えてバスターするが、ジュリアはクラッチを解かずに腕固めから三角絞めへ。たむはこれを持ち上げ、ジュリアの頭が真下を向く、デスバレーボムを90度傾けたような形のボムで叩きつけ、タイガースープレックスの構えへ。


 ジュリアはこれをカサドーラで切り返し、キックアウトしたたむの顔面へビッグブート。さらにロコモーション式のバックドロップ3連発からコーナーへ上がり、ダイビングビッグブート。さらにショットガンドロップキックで吹き飛ばしてからグロリアス・ドライバーで突き刺す。


 しかし、たむはこれをキックアウトするとバイオレット・シューティング3連発、星輝から受け継いだ1399からのタイガースープレックス。ジュリアがキックアウトするとハイキック2連発からトラースキック、スピンキックと畳み掛けてコーナーへ飛ぶが、ジュリアがたむをキャッチしてみちのくドライバー。フォールを返したたむの腕を取り、腕と首をロックする変形のグラウンドコブラツイストのような形で絞め上げると、たむは白目をむいて失神。たむの意識が失われたことを確認した村山レフリーが慌ててレフリーストップをかけ、試合終了のゴングが打ち鳴らされた。

 リングドクターとSTARSの面々がたむに駆け寄るも、たむは幸いにもすぐに意識を取り戻す。
 ジュリアは、立ち上がれずにリングに伏せる体勢となっていたたむと同じ姿勢を取り、目線を合わせて語りかける。

ジュリア「ジュリアのことが好きで好きでたまらない諸君。たむに、右足一本くれてやったけど、白いベルト獲ったぞ……!ホントに強烈。お前の背負ってるもの、裏にいる、お前が背負っているもの、すげぇ分かった気がするよ。でも、素っ裸の中野たむにも、ちょっと興味あるな」
たむ「……今日、こんなだけど、負けたけど、その白いベルトをあんたから奪うまで、宇宙の果てまでも、素っ裸のジュリアを、追いかけてあげるから……!」
ジュリア「いつでも待ってっから。いつでも、やろうぜ」

 たむが退場すると改めてジュリアがファンに向き直ってマイクを取る。

ジュリア「ワンダーのベルト、かろうじて……(ジュリアが声を詰まらせ、目を閉じると観衆は拍手で後押し)……ワンダーのベルトはかろうじてジュリアの手に渡ったということは、このベルトはジュリア色に染まる。よそ者だの、部外者だの、ジュリアに歴史を壊されたくない、そういう、そういう想いがある奴。誰でもいいよ。そういう奴はいつでもかかってこいやぁ!」

 朱里、舞華、ひめかがリングに上がりジュリアと並び立つ。

ジュリア「ジュリアが二冠になり、舞華も二冠になり……赤いベルト、朱里が次期挑戦者。そして、ゴッデスも2人行くんだよね?ドンナ・デル・モンドにスターダムのベルトが集まるのは時間の問題だと思っててください。そして今日、ひめかと舞華が入団発表しました。スターダムの一員として、私たちもスターダムの、そして女子プロレスの未来を背負って突き進んでいくんで、ひめか、舞華、朱里、ジュリアから一瞬たりとも目を離すなよ!アリィ~ベデルチ!」
4人「またな!」

<試合後コメント>

ジュリア
「中野たむの背負う気持ち、仲間への想い、ファンへの想い。裏にあるアイツの色んな感情が、色んな痛みとなって、降り注いできて。色んな、色んな感情、色んな理由でみんなプロレスラーはリングの上で闘っているっていうのがなんかわかって。いつも自分が一番正しいって……まあ思ってんだけどさ。『中野たむが全部間違ってる』。そう思ってたけど、やっぱ、正解とか間違いとか、なんかそういうのじゃないなって思った。でも、今日の、今日勝ったのは、ジュリアが勝てたのは、それよりも自分の、自分自身の想い……リングに立ったら1vs1。仲間はいても、仲間は助けちゃくれねぇ。そういう覚悟があるかないか。その差だったような。ちょっとだけジュリアの方が強かった、気持ちが。でも次、もう一度中野たむとやってみてぇなって。素っ裸の。丸裸の中野たむと、もう一度、今度は本当の1vs1で、1vs1で勝負したい」

中野たむ
(自力では歩けず飯田沙耶の肩を借りながら登場)
「いやぁ、負けたぁ……負けたぁ……。素っ裸のジュリアはメッチャ強かったけど、でも……素っ裸のすべてを背負った、たったひとりの中野たむで、ジュリアのことは宇宙の果てまで追いかけますから。その白いベルトは、お前が持っとけよ」

関連記事

サイト内検索

日別

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る
×