EVILがSANADAとのL.I.J同門対決を制してNJC決勝進出!「何が何でも勝つというのは手段は選ばねぇって意味だ」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 3日、新日本プロレス『NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020』が無観客試合にて開催された。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から、新日本プロレスは2月26日の沖縄大会を最後に3ヶ月以上53大会を中止していたが、スポーツ庁の助言を受けながら再開に向けたガイドラインを作成し、全選手・スタッフに抗体検査を実施するなど健康状態をチェックできる体制を構築し、先月15日に満を持して110日ぶりの大会を開催。
 6月15日~7月3日までは無観客配信興行となり、『NEW JAPAN CUP 2020』を新日本プロレスワールドで配信。決勝戦は7月11日に大阪城ホールにて観客を入れての興行を行い、翌日12日に同会場で内藤哲也の持つIWGPヘビー&IWGPインターコンチネンタルの二冠にNJC優勝者が挑戦する。
 今年のNJCはヘビー級・ジュニアヘビー級問わず32選手が参加。外国人選手の招聘問題などで参戦できなくなった選手もいるものの、ヤングライオンやジュニア選手の参加など例年にはない色の出たシリーズとなった。
そしてこの日の大会は午後8時よりBS朝日で生中継され、地上波放送ではないものの34年振りに”金曜8時のプロレス生放送“が復活していた。

 この日のセミファイナルではNJC準決勝として、2人で2度IWGPタッグ王座を奪取してきたL.I.JのSANADAvsEVILの同門対決が実施。両者はG1 CLIMAXにて2度シングルで対戦しており、戦績は1勝1敗と互角。
 手段を選ばず勝ちに行くことを宣言していたEVILは、盟友SANADA相手でも容赦せず場外でのイス攻撃やレフリーを利用しての一人マジックキラーなどラフファイトで攻め込んでいく。SANADAも普段は見せないタイガースプレックスホールドや多彩な入り方からのSkull Endと狙っていくが、コーナー駆け上がり式でバックを取ろうとしたSANADAをEVILがバックドロップの形で頭頂部からマットに突き刺す。
 EVILはレフリーにSANADAをぶつけて昏倒させると、イス攻撃から股間を踏み潰す反則攻撃の連発。最後はレフリーを無理矢理リングに引き戻してからのEVILで試合を決め、NJC決勝進出を果たした

 バックステージへ戻ったEVILは「一つだけ言っといてやる! 何が何でも勝つというのは手段は選ばねぇって意味だ。次、誰が来ても一緒だ。このトーナメントは俺が全て飲みこんでやるからな! 優勝は俺のものだ、よく覚えとけ!」と吐き捨てて荒々しく去っていった。

 そして、この日のメインイベントで高橋ヒロムを制して決勝進出を決めたオカダはEVILに対し、「何がなんでもやって勝てるんだったら勝てばいいじゃんって。何を今さら言ってんのって。別にIWGP巻きたいんだったらやればいいじゃんって。『NEW JAPAN CUP』優勝したいなら、オカダ・カズチカを倒したいんであれば、やればいいじゃんって。それでも俺は負けない自信もあるし、そこまでやってきたっていう自負があるから」とEVILのラフファイトも受けて立つ姿勢を見せた。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る
×