オカダ・カズチカが永田裕志との5年ぶりのシングル戦を制してNJC準々決勝進出!「今日の永田さん見てカッコイイと思わない人いないでしょ」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 24日、新日本プロレス『NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020』が無観客試合にて開催された。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から、新日本プロレスは2月26日の沖縄大会を最後に3ヶ月以上53大会を中止していたが、スポーツ庁の助言を受けながら再開に向けたガイドラインを作成し、全選手・スタッフに抗体検査を実施するなど健康状態をチェックできる体制を構築し、今月15日に満を持して110日ぶりの大会を開催。
 6月15日~7月3日までは無観客配信興行となり、『NEW JAPAN CUP 2020』を新日本プロレスワールドで配信。決勝戦は7月11日に大阪城ホールにて観客を入れての興行を行い、翌日12日に同会場で内藤哲也の持つIWGPヘビー&IWGPインターコンチネンタルの二冠にNJC優勝者が挑戦する。
 今年のNJCはヘビー級・ジュニアヘビー級問わず32選手が参加。外国人選手の招聘問題などで参戦できなくなった選手もいるものの、ヤングライオンやジュニア選手の参加など例年にはない色の出たシリーズとなった。

 この日のメインイベントでは、NJC2回戦としてオカダ・カズチカvs永田裕志の試合が実施。
 両者のシングル戦は2015年のG1 CLIMAX公式戦以来約5年振り。IWGPヘビー級王座V12の記録を持つオカダとの対戦に際し、永田はかつて同王座V10の新記録と打ち立て“ミスターIWGP”と呼ばれた際に着用していたガウンを着て入場し、この一戦にかける思いを垣間見せる。

 試合は両者真っ向からぶつかり合う打撃戦となり、オカダが場外にエスケープしても永田は追わずにロープを上げてオカダにリングインを促し、あくまで正々堂々の戦いを望む。
 オカダは永田の心意気に応え、永田の強烈なキックを受け止めながらのエルボー合戦を挑み、永田の雪崩式エクスプロイダーも受け切って1回戦で外道を沈めた変形コブラクラッチへ捕らえていく。
 永田はこれも研究していたのか即座にナガタロックIIで切り返して見せ、エクスプロイダー、バックドロップと畳み掛け、トドメのバックドロップホールドを狙ったところでオカダが足を刈りながらローリングする形で入る変形コブラクラッチ。オカダが新たな引き出しを開けると永田も対応が遅れ、これに胴絞めも加えて絞り上げられると無念のタップ。

 試合後、マイクを取ったオカダは「ここで喋っても裏で喋っても一緒なんだからさ、野上アナ、久しぶりにやりましょうよ。勝利者インタビュー」と本部席の野上慎平アナに語りかける。
 オカダは「永田さん、オッサンって言ってすみません。永田さんはおじさんでした」とおどけて謝罪するも、野上アナに「どんなおじさんだったか」と聞かれると、「まあね、ダンディーなおじさんなんじゃないですか。本当にいろんなオジサンいますけど、今日の永田さん見てカッコイイと思わない人いないでしょ」と永田への賛辞が飛び出す。
 そして「永田さんとは8年前にレインメーカーとして帰ってきて、シングルマッチ2回目なんで、やっぱり今のトップの新日本プロレスってものを感じてもらって。でも永田さんは諦めたと思ってないですよ。絶対俺らと一緒にまたやってやるんだって思ってると思うんで、僕はいつでも胸貸しますんで、永田さん、全然かかってきてください。新日本プロレスだけじゃなく、プロレス界、俺しかいないし、俺がやらないとダメだと思ってます。だからこそこのNJC優勝してベルトを取るのが僕の使命です。それが永田さんとか先輩方にお見せする今の新日本プロレスなのかなと思います」とその覚悟を語った。

 この日の結果を受け、現在の新日本で“第三世代”と呼ばれる永田裕志、小島聡、天山広吉の3名全員がNJC敗退となった。残る試合の中で、勝ち上がった選手たちが試合を通してオカダの言う“今の新日本プロレス”を見せてくれることを期待したい。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×