WWEを目指す黒潮“イケメン”二郎がチャンピオン・カーニバル参戦を優先し渡米を延期!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 6日、東京都・新木場1stRINGにて全日本プロレス『What we can do now 「いま全日本プロレスにできること」』が行われた。

 新型コロナウイルスの感染者が東京都内で急増している事態を受け、先月25日には小池百合子都知事が不要不急の外出自粛を都民に要請。プロレス・格闘技界でもその影響は大きく、聖地たる後楽園ホールでは3月27日のJUST TAP OUT、3月31日のFREEDOMS、4月17日のドラディション、4月26日のディアナが中止となり、3月28日のKrush、3月29日のNOAH、4月1日のWRESTLE-1(以下、W-1)は無観客興行を開催していた。

 全日本プロレスもこの影響を受け、毎年春に行われ今年40回目の開催を迎えるはずだった伝統あるリーグ戦であるチャンピオン・カーニバル(以下、CC)が史上初の中止に。そして6日に行われるはずだった後楽園ホール大会も中止の判断を下し、代わりに新木場1stRINGにて無観客興行を開催。この模様は自社動画サイトである『全日本プロレスTV』にてライブ配信された。

 イケメンは海外に戦場を移すために昨年4月にW-1を退団し、同年7月には上海でWWEのトライアウトを受けたことを明かしており、今年から活動拠点をアメリカに移すことを発表していたものの、イケメンは今月2日に約3ヶ月ぶりに自身のTwitterを更新。ビデオメッセージで「渡航難民となりました。今は身動き取れない状態でアメリカに行けない。僕に今できることは日本で試合をすること」と近況を語っており、イケメンの今後の動向に注目が集まっていた。

 この日、イケメンはギアニー・ヴァレッタとのシングルマッチが組まれていたが、無観客試合でも自らのスタイルを貫いて入場曲に乗って花道で踊り始めたところでヴァレッタが奇襲。そのままヴァレッタが属するヒールユニット“PURPLE HAZE”のイザナギ&入江茂弘も加わってイケメンを袋叩きにすると、レフリーがヴァレッタの反則負けをコールするが、ゴングを無視して一同は暴行を継続。
 ここで次の試合でイザナギ&入江と対戦予定だったヨシタツ&フランシスコ・アキラが飛び込んできてイケメンを救出し、急遽このメンバーで6人タッグマッチが行われることに。二試合目となるイケメンだったが、アキラとのトペ・コンヒーロの競演を決め、ヨシタツのアシストを受けてイケメンサルトでイザナギから3カウントを奪い連勝した。

 試合後にマイクを取ったイケメンは、「コロナの……バカヤローッ!俺は今日!もうアメリカにいる予定だった!ただ世界がこういう状況だから、そんな中で日本に残ることになって、俺はCCに出るはずだった。ただそれも、コロナで流れた!だから!俺はCCに出るまでアメリカ行かねーぞ!フィニッシュ!」と年内に開催を予定されているCC出場に向け全日本プロレスへ定期参戦していくことを仄めかした。

 バックステージに戻ったイケメンは、新型コロナウイルスによって様々な計画が狂ったことに対して「コロナバカヤロー!コロナバカヤロー!……2回言ったわ。でもつらいのはみんな一緒だから。俺だけじゃない。みんなで頑張るしかねーんだよ。そんなこと分かってる。でも、歯がゆい!」とやり切れない思いを叫んだ。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×