【インタビュー】“スペル・デルフィンの愛弟子”愛媛プロレスのイマバリタオル・マスカラスがクラウドファンディングでの無観客試合を前に決意を語る!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 4月12日に開催するビッグマッチをクラウドファンディングを用いた無観客試合ライブ配信を行うことを発表した愛媛プロレスのイマバリタオル・マスカラスに話を聞いた。

 愛媛プロレスとは、2016年に”四国初のご当地団体”として旗揚げされたプロレス団体。キューティエリー・ザ・エヒメ代表のもとで『プロレスで愛媛を元気に!』をスローガンに掲げて活動し、地域に根ざした社会人プロレス団体として成長を続けている。
 愛媛プロレスは2018年の西日本豪雨で被災した愛媛県のために、被災翌日から地元企業の支援のもと1週間毎日被災地へ物資を届け、浸水した家屋の清掃及び撤去作業に従事するなどのボランティア活動を行うなど、地域貢献に力を入れてきた。全国的に知名度も上がり、愛媛をPRするコンテンツとして評価され、エリーが愛媛の情報発信や観光イメージ向上を担う70人目の「伊予観光大使(愛称・いよかん大使)」に就任するなど地元住民たちにも愛されている。

 愛媛プロレスでは商業施設や商店街などでのイベントや、災害復興支援のチャリティープロレスなど基本的に無料での大会を開催しており、2019年には118回のイベントで101,087名の観客動員数を記録。地道な活動から徐々にファンを増やしていき、2017年からは年に数回のビッグマッチとして有料でチケットを販売しての自主興行を開催してきた。
 しかし、昨今の新型コロナウイルス感染拡大や、愛媛県内でも感染者の報告があったことなどを鑑み、既に500枚以上のチケットが売れていたにも関わらず今大会を無観客試合で行うことを発表。
 そして、新たな試みとしてクラウドファンディングでの大会の開催支援を募り、リターンとして大会の模様をライブ配信することを決断した。

 今大会のセミファイナルでは、愛媛プロレスの若手選手であるイマバリタオル・マスカラスがスペル・デルフィンとタッグを組んで、ザ・グレート・サスケ&新崎人生と対戦する。

 愛媛プロレスの練習生であった木村優介は愛媛県・今治市で生まれ育ち、田中稔に憧れてプロレスラーになりたいという夢を持つ少年だったが、その小柄な体型から夢を諦めていた。しかし、高校を卒業して社会人となってから愛媛プロレスを知り、18歳で入団。ところが昨年5月にデビューをかけた試合に敗れて行方不明となってしまい、入れ替わりに現れた木村と背格好のよく似た謎のマスクマンがイマバリタオル・マスカラスだ。

 タオルはその身軽さを生かしたルチャ・リブレの技術や空中殺法を武器に戦っているが、このポテンシャルをジャパニーズ・ルチャの立役者の1人であるスペル・デルフィンが高く評価。
 デルフィンはタオルのコスチュームのデザインからマンツーマンの技術指導も行い、デルフィンが愛媛プロレスに参戦する際にはいつもタオルがパートナーや対戦相手に指名されるなどタオルに熱い期待をかけるなど師弟関係を育んでいる。
 今回、“みちのくオールスター”とも呼べる3人とともに大一番に臨むタオルに話を聞いた。

【コロナで中止させない!【愛媛プロレス5周年興行】無観客試合配信!】
https://camp-fire.jp/projects/view/245514

――まず、愛媛プロレスでプロレスラーになろうと思ったきっかけはなんだったのでしょう
「僕は子供の頃からプロレスが好きで、田中稔さんの試合を見て憧れて、『プロレスってすごい!プロレスラーはカッコいい!』と思って将来はプロレスラーになりたかったんですけど、僕は背も小さいし、食べてもトレーニングしても体が大きくならなくて、いつしか諦めてしまっていたんです。でも、高校を卒業して働き始めてから愛媛プロレスの存在を知って、体験会に参加してみたら、また子供の頃の夢が再燃したんです。愛媛プロレスは身長や年齢を問わず入団させてくれましたし、大好きな地元で夢を叶えられるならこんな幸せなことはないなと思って入団しました」

――デビュー戦は憧れの田中稔選手との試合でしたが、感想はいかがでしたか
「正直言うと、緊張し過ぎてリング上に立ったときに頭が真っ白になっちゃって、試合内容とかあんまり覚えてないんですよ(笑)後から思い返しても全然思い出せなくて、もったいないなあって思うんですけど(笑)でも、試合後に『よく頑張った。またやろうな』とお言葉を頂いたことだけは一生忘れないと思います。実際、その後も稔さんとはタッグを組ませていただいたり、対戦相手を務めていただいたりとたくさん試合をさせていただいています。子供の頃、稔さんと組んだり対戦したりする想像をしていたので、それが現実になって夢が叶ったのがとても嬉しいです。あり得ないことばっかり起きてるなって思います(笑)」

――タオル選手はスペル・デルフィン選手の愛弟子ということですが、デルフィン選手との出会いはどのようなものだったのでしょう
「デルフィンさんが愛媛プロレスに参戦されるときが、ちょうど僕がイマバリタオル・マスカラスとしてデビューするときの大会で、その縁でデビュー前からお目をかけていただきました。僕のコスチュームのデザインもしてくださって、僕がルチャの技術で悩んでいることを相談したら道場で特別練習をつけてくださったんです。ルチャの基本から受け身、技の1つ1つまで丁寧に教えていただいて、デルフィンさんに師事しているうちに一部の方から“デルフィンの弟子”と言っていただけるようになって、本当に恐縮する想いです……。愛媛プロレスではデルフィンさんと試合をさせていただく機会が多いので、少しでも技術を盗めたらいいなと思っています。試合中だけでなく、練習中もそうですし、試合でも技だけじゃなくて言葉や仕草一つまで参考にさせていただいています」

――デルフィン選手に師事していた印象に残っているエピソードはありますか?
「デルフィンさんと一緒に食事をさせていただいているとき、隣の方がものすごいプロレスファンで、愛媛プロレスも見てくださっている方だったんです。それで意気投合してプロレスの話で盛り上がっていたんですけど、その方が『俺は本当に昔からデルフィンが好きで』とデルフィンさんについて熱く語り始めたんです」

――もしかして、そのときにはデルフィン選手はマスクを付けていなかった……?
「そうなんです(笑)そのファンの方はデルフィンさんが目の前にいるのに気付いていなくて、僕はどうしたらいいのか分からずオロオロしていたんですけど、デルフィンさんが『言っていいよ(笑)』と仰って、名刺をお渡しして正体をお伝えしたんです。そうしたらそのファンの方も大喜びでそこのお代も出してくださったんですけど、デルフィンさんもファンサービス旺盛な方なので、マスクを被って一緒に記念撮影したり、ご自身のグッズもプレゼントしたりしていました。デルフィンさんの器の大きさというか、リングの上だけではない“プロレスラー”としてのあるべき姿を見た気がして、デルフィンさんのことがもっと大好きになりました!」

――今回のビッグマッチでは、デルフィン選手とタッグを組んでザ・グレート・サスケ&新崎人生というレジェンドたちと対戦します。大御所揃いの中で1人若手として参戦するこの試合への意気込みは
「デルフィンさん、サスケさん、人生さんは誰もが知るレジェンドなので、完全に自分の存在感は薄くなってしまうと思うんです。僕も子供の頃からテレビで見ていた選手たちと一緒に試合ができるということで嬉しくはあるんですけど、愛媛プロレスには僕のことを応援してくださっているファンの方がいるので、そのまま空気のように終わってしまうのは嫌ですよね。僕の出来ることを精一杯やって、なんとか御三方に僕の爪痕を残せたら僕のこれからのプロレス人生が大きく変わってくると思うので、正念場だと思って臨みます!」

――今年1月には東京ドームでの試合も経験しました。これからはもっと他県の他団体に出ていきたいと思いますか?それとも愛媛の中で盛り上げていきたいですか?
「5月には松山座さんに出させていただくことになっていますし、段々他県の団体さんにも出させていただけるようになってきました。お声がけいただけたら、全力で今治の魅力を他県でもアピールしていきたいなという気持ちはあるんですけど、今は愛媛プロレスにしっかり腰を据えて頑張っていきたいというか、しっかりと実力を付けてイマバリタオル・マスカラスの選手としての価値を高めて、もっとファンの方から歓声を集められる選手になりたいですね。まずは愛媛プロレスの代表として出ていっても恥ずかしくない力を付けたいと思います」

――今回のクラウドファンディングでのビッグマッチの大会開催について、選手の立場から見てどう思いましたか?
「今、新型コロナウイルスが流行っていて、日々の色んなことが変わってしまう異常事態になってしまいました。愛媛でもその話ばっかりでみんな不安がっています。愛媛プロレスのイベントも中止が相次いでいてプロレスが全然出来ていない中で、『僕らのビッグマッチも無理かも知れないね』と諦めムードだったのに、たくさんの方に協力していただいて開催出来るかもしれないというところまで漕ぎ着けられたのは本当にありがたいことですよね。少しでも今、元気をなくしてしまっている人に勇気を与えられるよう大会を開催したいです!」

――今回のビッグマッチは無観客試合となりますが、無観客試合は初めてでしょうか?
「先月の29日に僕らが無観客でやった道場マッチをインターネット配信させていただきました。この騒動の中で僕らのイベントが中止になってしまったので、エリーさんが発案して急遽試験的に配信をやることになったんですけど、これを終えてから『ビッグマッチもこれでやるかもしれない』という話は出ていたんです」

――無観客試合をやってみた手応えはいかがでしたか
「無観客試合はやっぱりお客さんがいる大会とはかなり違いを感じて、声援も無いし、お客さんからの反応も無いので、『僕が今やってるこの試合は面白いのか?』と不安になったりもしました。でも、スターダムさんが3月8日にYouTubeで配信した無観客試合の後楽園ホール大会も見させていただいて、皆が不安になる中で安全にプロレスをお客さんに届けられるっていいなって思ったんです。僕も普段スターダムさんを見る機会なかった中でたまたま配信を見たらとても面白いと思って興味を持ったので、僕らも新しいファンが増えるかもしれない場だと思って頑張らないといけないと思いますね」

――最後にファンに向けてメッセージをお願いします
「こういうときだからこそ愛媛プロレス全体でファンの方々に少しでも元気と勇気を与えられるように団員一同頑張っていきますので、僕らのクラウドファンディングを応援してくださったら嬉しいです!」

【コロナで中止させない!【愛媛プロレス5周年興行】無観客試合配信!】
https://camp-fire.jp/projects/view/245514

『愛媛プロレス ビッグマッチ』
日程:2020年4月12日 (日)
開始:15:00
会場:松山市総合コミュニティセンター文化ホール(キャメリアホール)

▼練習生マッチ
ヤングオレンジ杯勝者の練習生2名

▼タッグマッチ
凡人パルプ/なべやかん(ベストボディジャパン・プロレス)
vs
間取り太郎/キスパンマン

▼6人タッグマッチ
“Cock Robin”the PSYCHO(フリー)/土屋クレイジー(エゴイストプロレス) / KOSHI withブラッディ・オレンジ
vs
メイプル・グリズリー/マツヤマ・ウォリアー/鬼王丸

▼どたばたばたばたバトルロイヤル

▼タッグマッチ
ライジングHAYATO/カーベル伊藤(全日本)
vs
田村男児(全日本)/大森隆男(全日本)

▼タッグマッチ
ザ・グレート・サスケ(みちのく) / 新崎人生(みちのく)
vs
スペル・デルフィン(沖縄) /イマバリタオル・マスカラス

▼四国統一ヘビー級選手権試合
【王者】KURUSHIMA(王者)
vs
【挑戦者】石鎚山太郎 withキューティエリー・ザ・エヒメ

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×