十数年の時を経てCIMAとBIMAがタッグを結成!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、後楽園ホールにてDDTプロレス『Into The Fight 2020』が開催。第4試合ではHARASHIMA&上野勇希vsCIMA&高尾蒼馬vs高梨将弘&大石真翔による3WAYタッグマッチが行われた。

 この日は業務提携を行っている#STRONGHEARTSとDAMNATIONから、CIMAと高尾蒼馬がタッグを結成。高尾蒼馬は学生プロレス出身のレスラーであり、UWF関東学生プロレス連盟に所属していた頃はBIMAのリングネームで活躍していた。
 時を経てCIMAとBIMAのタッグが生まれると一部で話題になっており、試合が始まると会場はBIMAコールに包まれる。
 王者タッグであるHARASHIMA&上野勇希を抑え好連携を発揮した二人は、CIMAの動きを真似て挑発してきた大石真翔にCIMAがヴィーナスからのアイコノクラズムで叩きつけ、そこへ高尾がマッドスプラッシュを投下して3カウントを奪った。

 高尾は「まさかCIMA選手と組める日が来るなんて思ってなかったですよ。感無量です」と目を輝かせながらコメント。
 このタッグは3月1日の大阪市平野区民ホール大会でも継続し、樋口和貞&坂口征夫との対戦が決定した。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る