3・14 田中稔プロモートの逗子プロレス祭りで船木誠勝&丸藤正道vs越中詩郎&田中稔の豪華カードが決定!府川唯未さんはマネジャーデビュー!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 IWGP、世界、GHCのジュニア版グランドスラムを達成した田中稔(47=フリー)が3月14日に神奈川:逗子市立体育館メインアリーナで開催する「田中稔プロモート~逗子スポーツ推進チャリティー大会~第1回逗子プロレス祭り」(17時開始、SPECIAL ONE主催)のメインイベントで、船木誠勝(50=フリー)、丸藤正道(40=プロレスリング・ノア)組 vs 越中詩郎(61=フリー)、 稔組のドリームマッチが実現する。

 同大会は稔が05年2月に逗子に居を構えて、15年を迎えたことを区切りに、「逗子に来たことない人にも、来てもらって、逗子の良さを知ってもらいたい。逗子を盛り上げたい」(稔)との思いで実施するもの。

「第1回逗子プロレス祭り」開催の経緯について、稔は「デビュー15周年のときに地元の逗子で記念興行をやれないかと思って、逗子市立体育館に行ったんですが、『営利を求める興行に貸した前例がない』と言われてしまったんです。20周年のときも会場の答は同じで、逗子の商店街(14年11月9日、逗子池田通りパーキング特設リング)で入場無料でやって、1320人も集まってくれたんです。去年25周年で、第1弾(6月18日)を新木場1stRINGでやって、第2弾は秋に(獣神サンダー)ライガーさんを呼んで、後楽園ホールでやりたいと思っていたんですが、会場の空きがなかったりでできなかった。25周年を地元でって頭にはなかったんですが、年が明けて、逗子に住んで、ちょうど15年になるんで、『逗子プロレス祭り』をやれないかと、体育協会に行ったら、今度はすんなりOKが出まして、体育館を借りれることになったんです。あえて“第1回”と謳ってますので、できれば春と秋に年2回やれたらいい。いずれ引退したときに、プロモーターという職業を選択して、ノアや全日本プロレスなんかを呼んでやることがあるかもしれない。今回はそのときのための練習と思って、人に頼らず、一からプロモートを勉強しようと思ってやってるんで、めちゃめちゃ忙しいです。前売券を正式に売り出して、まだ2週間ほどなんですが、新木場が超満員札止めになるくらい売れていて、ありがたいかぎりです。最終的には動員1000人超えが目標ですね」とコメント。

 メインカードは、稔が熟考を重ねたうえで決定した。稔は1度プロフェッショナルレスリング藤原組を退団した後、再入門しているが、船木は最初に入った際の“大先輩”で、今回の参戦オファーを快諾。これまで稔は、船木と何度も対戦したり、タッグを組んだりしているが、20周年での「逗子商店街プロレス」ではコンビを組んだ経緯もあり、今回は“対戦”を選択。丸藤に関しては、「25周年第2弾の後楽園をやるときには、丸藤さんに出場をお願いしていたんです。それが結局、逗子になってしまったんですが、丸藤さんには出てもらいたかった。丸藤さんはパンクラスの入門テストを受けたことがあるそうで、そういう縁もある。船木さんとは18年9月に対戦されているんで、今回は組んでもらうことにしました」(稔)と説明。越中については、「越中さんは会場人気がすごいし、昔新日本プロレスで高田伸彦(現・延彦)さんと越中さんが対戦していましたけど、ボクはその二人の試合を見るのが好きだった。最初は高田さんを応援してたけど、越中さんが高田さんの攻撃に耐えに耐える姿を見て好きになった。そういうこともあって、今回ボクと組んでもらうことになりました」(稔)と話した。

 セミファイナルは稔の夫人で、現役時代は全日本女子プロレス、アルシオンで活躍した府川唯未さん(43)のプロデュースマッチ。府川さんの全女での先輩である井上京子(50=ディアナ)、井上貴子(50=LLPW-X)の“W井上”が久しぶりに復活し、府川さんがマネジャーデビューを果たす。対戦相手はディアナの佐藤綾子(34), マドレーヌ(年齢非公表)だ。稔は「ウチの嫁が、何かリングでかかわるかも。ただのマネジャーでは終わらないかもしれません」と予告。

 第3試合には、全日本のメインスポンサーで、100円レンタカーなどでおなじみの株式会社カーベルの社長で、プロレスラーとしても活動するカーベル伊藤(本名=伊藤一正)が参戦し、洞口義浩(フリー)と対戦。「カーベルさんとはちょくちょく全日本とかで一緒になっていて、後楽園をやるときには出てもらいたいと思っていたんです。今回スケジュールが空いていたんで出てもらうことにしました。洞口選手は、GPSプロモーションの合同練習で共に汗を流してる仲なんでオファーしました」(稔)。

 第2試合では、“ご当地マスクマン”の逗子サクラヤマンがデビュー戦を行い、和田城功(フリー、逗子出身)と組んで、松田慶三(フリー)、中里哲也(いたばしプロレス、逗子出身)組と激突。逗子サクラヤマンの正体は不明だが、稔によると、筋肉モリモリのマッチョ系の選手で、「逗子の公認レスラーになってくれれば」と大きな期待を寄せている。

 第1試合では、稔の愛弟子・海和択弥(GPS)が、神奈川県(横浜市)出身の佐山駿介(TTT)と一騎打ちを行う。「海和には大きな舞台で、すごい選手が出る大会を経験してもらいたかった。対戦相手の佐山選手はいいレスラーなんで、相手をしてもらいたい」(稔)。

 最後に稔は「会場の最寄り駅は京浜急行の駅なんですが、いずれ京急や地元の企業とコラボできたらいい。前売券の売れ行きの良さにビックリで、営業やチケットの受付や発送業務でてんてこ舞いなんですが、お客さんへの一番の演出は会場を超満員にすることだと思ってます。そういう雰囲気のなかで、楽しいイベントにしたい」と締めくくった。


『田中稔プロモート~逗子スポーツ推進チャリティー大会~第1回逗子プロレス祭り』
日程:2020年3月14日(土)
開始:17:00
会場:神奈川・逗子市立体育館メインアリーナ(17時開始)
▼シングルマッチ
佐山駿介
vs
海和択弥

▼逗子サクラヤマン デビュー戦 タッグマッチ
逗子サクラヤマン/和田城功
vs
松田慶三/中里哲也

▼シングルマッチ
カーベル伊藤
vs
洞口義浩

▼女子プロレスタッグマッチ
井上京子/井上貴子 with府川唯未
vs
佐藤綾子/マドレーヌ

▼タッグマッチ
船木誠勝/丸藤正道
vs
越中詩郎/田中稔

関連記事

サイト内検索

日別

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

月別

ページ上部へ戻る
×