反ウルティモ・ドラゴンを掲げるB×Bハルク&KAZMA SAKAMOTOがツインゲート奪取!吉野正人が三つ巴の世代闘争に近藤修司の投入を宣言!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、東京都・後楽園ホールにてDRAGON GATE『OPEN THE NEW YEAR GATE 2020』が行われ、“R.E.D”のB×Bハルク&KAZMA SAKAMOTOが新王者決定トーナメントを制してオープン・ザ・ツインゲート王座を戴冠した。

 DRAGON GATEでは、昨年ついにウルティモ・ドラゴンが合流したことで内外に大きな波紋を呼んでおり、ウルティモを慕って闘龍門時代の流れに回帰しようとする闘龍門世代へ若いDRAGON GATE世代が反発。さらに明確に“反ウルティモ・ドラゴン”を掲げるR.E.Dへ各ユニットから寝返りが多発しており、現在は“闘龍門世代vsDRAGON GATE世代vsR.E.D”という三つ巴の闘いが繰り広げられている。
 この流れの中、昨年末には、YAMATOとともにオープン・ザ・ツインゲート王座を戴冠していたB×BハルクもYAMATOを裏切ってR.E.Dに加入。両者のタッグが解散となったことから同王座を返上することとなり、年明けから新王者を決めるタッグトーナメント戦が展開されていた。

 この日、同トーナメントの準決勝として行われたKAZMA SAKAMOTO&B×Bハルクvsドラゴン・ダイヤ&Kzyの試合は、最近好調なダイヤらを抑えて前王者のハルクらR.E.Dが貫禄勝利。
 もう一つの準決勝ではBen-K&YAMATOvs横須賀ススム&吉野正人が対戦。このカードは現在のDRAGON GATEのメインストリームである“DRAGON GATE世代vs闘龍門世代”の対抗戦という構図に。先日引退を表明した吉野は「引退前にベルト巻いたる!」と意気込んでいたものの、試合はYAMATOのギャラリアで吉野が敗北。そして試合後にはR.E.Dが乱入し、首魁のEitaが首を痛めている吉野にイスの上へのパイルドライバーでKO。
 マイクを取ったEitaは「引退するやつが何トーナメント出てんだよ。お前みたいな奴がチャンピオンになれるわけねーだろ。早くこのリングから消えて欲しいって後楽園のアホどもが言ってるぞ!」と叫ぶと会場は大ブーイング。さらに「やっちまうかハルク!今日で引退だ!」と死刑宣告するとハルクが吉野をE.V.Oで葬ろうとするが、ここでYAMATOが吉野を救出。
 ハルクは「DRAGON GATE世代のお前らが闘龍門世代に味方すんのかァ?!お前が言い出した三軍抗争だろうが!」と睨みつけるが、YAMATOは「勘違いしてねえか?吉野は敵だが、決勝の相手は俺たちだ。お前らだけには絶対にツインのベルトは巻かせないからな」と真っ向から対峙。メインイベントに向けての熱を最高潮に持っていった。

 両軍ともに両陣営の選手たちを引き連れて入場し、リング周辺を大量の選手たちが取り囲むランバージャックデスマッチのような殺伐とした雰囲気で試合が始まるが、Ben-KがKAZMAを追い込んでいくとR.E.D勢がBen-Kを場外に引きずり出し、両軍のセコンド陣も全員入り乱れる大乱戦に。

 ラフファイトで流れを掴んだR.E.DはBen-Kが負傷している右目に集中攻撃をかけていき、YAMATOが全知全能のフランケンシュタイナーで一発逆転を狙うもH・Y・Oがレフリーをイスで殴打して失神させカウントを止めてしまう。

 焦ったBen-Kがハルクへスピアーで突っ込むが、ハルクが回避したためBen-Kはそのまま場外に落下。孤立無援となったYAMATOへハルクのE.V.O、KAZMAとのサンドイッチトラースキック、KAZMAハーフパッケージパイルドライバーにハルクがファーストフラッシュを合わせる合体技と怒涛の大技攻勢をかけ、最後は正調のファーストフラッシュでYAMATOから3カウントを奪った。

 試合後、パートナーを変えてツインゲートをその手に取り戻したハルクが「ツインゲートは宣言通り俺たちR.E.Dが獲ったぞ!俺がリアルにエクストリームにベルト獲ったぞ!サプラ~イズ!サプラ~イズ!」とタガが外れたようなテンションで騒ぐとEitaも思わず吹き出してしまう。

 しかしここでYAMATOはこの試合の決着に不服を申し立て、王者組との再戦を要求。ここでさらにリング上へ吉野正人が現れ「お前らがやるなら俺らもやったろうやないか。俺には残された時間が限られてるんや。このままやられっぱなしで帰れるわけないやろうが!みんなも最後の日までスピードスターの吉野正人が見たいやろ?!なら俺は近藤修司と組んでお前らとやったる!」と、三つ巴の闘いに闘龍門出身の現WRESTLE-1副社長の近藤修司を投入することを宣言。
 来月の後楽園ホール大会で吉野正人&近藤修司vsYAMATO&KAIvsB×Bハルク&KAZMA SAKAMOTOという試合が行われることが決定された。

 失意のYAMATOはバックステージに戻っても「悪い、今は何も言葉が出ない」とうなだれながら去っていき、Ben-Kは「この世代闘争でDRAGON GATE世代が一番だということを証明するためにベルトが必要だったけど、決勝で負けてしまったのは悔しい。諦めたらそこで試合終了なんで、今日から始まった新しい戦いに向けて精一杯頑張って、DRAGON GATE世代を盛り上げていきます」と語った。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る
×