【試合詳細】12・25 Growth新木場大会 TAJIRI&洞口義浩vs田中稔&後藤恵介 【WBCタッグ】ガッツ石島&マスクドミステリーvs大和ヒロシ&瀧澤晃頼 パンダちゃん!&松本都vs望月成晃&INA

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『Growth6』
日程:2019年12月25日(水)
開始:19:30
会場:東京・新木場1stRING
観衆:未発表

▼海和択弥デビュー戦 15分1本勝負
○田中稔
3分49秒 腕ひしぎ逆十字固め
●海和択弥

▼ミクスドマッチ 20分1本勝負
○友龍/山縣優
7分12秒 セカンドロープからのダイビング・エルボードロップ→体固め
●ブラック・アバロン/真琴

▼30分1本勝負
○チェリー
7分42秒 逆エビ固め
●マドレーヌ

▼WBCタッグ選手権 60分1本勝負
【王者組】○ガッツ石島/マスクド・ミステリー
9分18秒 ゴーストバスター→体固め
【挑戦者組】大和ヒロシ/●瀧澤晃頼
※初代王者組が2度目の防衛に成功

▼ミクスドマッチ 45分1本勝負
パンダちゃん!/○松本都
10分2秒 ダイビング・フットスタンプ→体固め
望月成晃/●INA

▼60分1本勝負
TAJIRI/○洞口義浩
15分38秒 ジャーマン・スープレックスホールド
田中稔/●後藤恵介

洞口がTAJIRIとの師弟タッグで稔&後藤組に激勝!ガッツ&ミステリーがWBCタッグを貫禄防衛!都と望月が異色の激突!

オープニング


 オープニングACTでは東京おとめ太鼓、スタジオ向日葵の立花たくや、mimiが演奏を披露。リングアナユニットの悪祐コンビ(悪斗、阿川祐未)がリングに上がり、クリスマスプレゼントを客席に投げ入れた。そして、がんと闘っている保坂秀樹のために、今大会で「保坂応援募金」を募ることをアナウンスした。

第1試合


 現役時代の悪斗の試合を見て、プロレスラーを志し、4月にGPSの練習生となった海和択弥(40)が、師匠の田中稔を相手にデビュー戦を行った。この試合には、稔が1分以内に勝った場合、賞金が与えられ、かつ海和のデビューが取り消しになる特殊なルールがもうけられた。
 賞金ほしさで、稔は腕ひしぎ逆十字固めで秒殺を狙うも、海和はなんとか1分踏ん張った。海和はエルボー、ドロップキックで攻め立て、首固め、逆さ押さえ込みで勝利をつかみにいくも、稔は余裕でクリア。最後は顔面蹴りから逆十字を決めてギブアップを奪った。
「悪斗さんにコールしてもらったのは大きかった。1分以内に負けてしまったら、記念に試合しただけで、稔さんというレジェンドにコーチしてもらってる以上、顔向けできないと思ってやりました。気持ちを全面に出していけるようなレスラーを目指していきたい」(海和)
「1分以内に決められるかどうかで複雑な思いもあったでしょう。こんなに必死な海和を見たことがない。1分以内に決められなかったし、これからどうなるか楽しみ。GPSでは試合を組んでもらえるだろうけど、ヨソからもオファーがくるような選手になれる男だと思う」(稔)

第2試合


 アバロンVS山縣でスタート。ミクスドマッチに不慣れな友龍だが、真琴と激しくやり合った。アバロンは変形バックブリーカー、ジャーマンで友龍を攻め立てるも決められず。山懸のニーパットのアシストを受けた友龍が、DDT、ダイビング・エルボーとたたみ込んで、アバロンから勝利を奪った。

第3試合


 ベテランVS新人対決は、グラウンドでの関節技の攻防が続いた。マドレーヌもドロップキック連発、丸め込みで活路を求めるも、チェリーがフットスタンプから逆エビ固めで絞り上げてギブアップ勝ちを収めた。

第4試合


 国籍、性別、年齢、障害の有無など、あらゆるバリアを取り払ったWBC(ワールド・バリアフリー・チャンピオンシップ)王座の初代タッグ王者組である、真GUTS軍のガッツ石島、マスクド・ミステリー組が、2度目の防衛に成功した。

 真GUTS軍は挑戦者の大和ヒロシ、瀧澤晃頼組のスピードあふれる攻撃に手を焼き、石島は瀧澤の変幻自在の攻撃で防戦一方となる場面もあったが、豪腕ラリアットで形勢逆転。すかさず必殺のゴーストバスターを決めて完全無欠のフォールを奪った。

 試合後、維新力とのコンビで初代王座決定トーナメント決勝まで進出しながら、真GUTS軍に敗れて、王座奪取がならなかった、聾レスラーでHEROのエース・友龍がリングに上がり、手話通訳を介して、「私は真GUTS軍に負けたと思ってない。(敗者復活で)急に入ってきたから負けただけ。HEROの2月23日、新木場大会で挑戦する」とアピール。続けて、ワイルド軍のワイルド・ベアー、マネジャーのワイルド・バニーが登場し、バニーは「ベアーだって、負けちゃいない。どんな手を使っても、3カウントを取ってやる」と友龍のパートナーに名乗り。

 これに対して、石島は「防衛回数を稼ぐためにやってやるよ。完全に負かしてやる」と受諾。豊島修二GPS会長もゴーサインを出し、2・23新木場で、友龍、ベアー組が挑戦することが決まった。

 長年、HERO正規軍とワイルド軍は抗争を繰り広げてきたが、昨年11月に和解。ワイルド軍はワイルド・セブンさんが亡くなり、ワイルド・シューターが病のため長期欠場の窮地となり、友龍とベアーが初タッグを結成する。

 石島は「ちょっと翻弄されたけど、我々はチャンピオン。相手の攻撃を受けきって防衛した。何の問題もない。(今日はセコンドにTORUが付いていなかったが?)アレはオレの腕が折れてたからハンディ。もう腕は折れてないから必要ない。(次も急造タッグだが?)次、防衛したら、HEROのリングでTTTのメンバーの挑戦を受けてやるよ。佐山(駿介)、TORU組と防衛戦やってやる。(休憩前のタイトル戦だったが?)なめられたもんだな。でも、ここの団体のベルトだから、自分たちで価値を下げるようなもの。オレたちが価値を上げていってやるから」と怪気炎。

第5試合


 松本都とパンダちゃん!が異色のタッグを結成。対するINAのパートナーは、“ハリウッド”ストーカー市川の予定だったが、負傷のため、ヨースケ♡サンタマリアに変更されたが、これまたインフルエンザのため欠場となり、代打の代打で、まさかの望月成晃が出場。
 松本のトリッキーなファイトに加え、INAは試合中に手品を始めるなど、カオスな展開となったが、最後は松本がシャイニング・ウイザードからダイビング・フットスタンプを決めて、INAから3カウントを奪取した。

第6試合


 昨年12月19日の東京・新木場1stRING大会で封印されていた「Growth」シリーズ(GPSプロモーション主催)が、25日の新木場大会で1年ぶりに復活。メインイベントでは、抜擢を受けた洞口義浩(37)が勝ちどきを挙げた。

 洞口はSMASHに練習生として入門し、12年10月にWNCマットでデビュー。同団体の活動休止後は、フリーを経て、K-DOJOに入団。昨年6月からフリーに転向した“苦労人”。現在はGPSの合同練習に参加し、コーチの田中稔(47)らとともに汗を流している。

 25日の新木場大会で、洞口は師TAJIRI(49)と、純粋な2人だけのタッグでは初めてコンビを組み、稔、後藤恵介(29)組と激突。WAVE退団後、一時休業を経て、フリーランサーとして復帰した後藤もまた、GPSの合同練習に顔を出しており、洞口とは道場でしのぎを削る間柄だ。

「Growth」とは「成長する」との意で、フリーとなった洞口と後藤の成長ぶりに、文字通り注目が集まった。その両者はバチバチの激しい闘いを展開。洞口は、パワーでまさる後藤の攻撃で劣勢に回る場面もあったが果敢に応戦。洞口は稔のダイビング・フットスタンプ、後藤のダイビングセントーンを食って追い込まれたが、死力を振り絞って立ち上がると、後藤にジャーマン・スープレックスホールドを決めて3カウントを奪った。

 師TAJIRIとの初コンビで、勝利を飾った洞口は「『Grwth』ということで、いつも指導していただいてる稔さんから一本取って恩返ししたかった。後藤選手に追い込まれたけど、最後は渾身の一発で勝った。TAJIRIさんの前で勝ったのは大きい。今月TAJIRIさんと組んだり、闘ったりしたけど、WNCがなくなって5年。自分なりに違う団体でがんばってきて、6月からフリーになって、自分の道を歩いてきました。今日は結果を残せたけど、まだまだ甘い。いつかまたTAJIRIさんと絡めたら、成長したところを見せたい。来年はワンステップ上げて、上の団体からも声がかかるようになりたい」と振り返った。

 TAJIRIは「洞口はもうちょっとのところまで来てる。今まででいちばん、手が届くところまできてる。ただ低いところを目指していたんじゃダメ。イケメン(黒潮“イケメン”二郎)なんかと同期だけど、彼は目指してたものが高かった。洞口は一歩一歩ちょっとずつ階段を上っていけばいい。一歩と言っても1年だと365歩も上れるんだから」と、初コンビを組んだ愛弟子を評していた。

 一方、敗れた後藤は「TAJIRIさんとは接点がなくて、セコンドで見ていてもオーラがすごかった。自分は地味だと言われるけど、気持ち、感情を見せていくしかない。泥臭いと言われても。4年目になって、今持っているすべてを出していこうと思った。メンタル面での『Growth』は見せられたと思う。リングに上がったら先輩も後輩も関係ないと思って、TAJIRIさんにも徹底的にいきました。負けたのは悔しいし、しっかり決めることができなかった」とコメントした。

 HERO2・23新木場の決定カードとして、石島&ミステリーVS友龍&ベアー(WBCタッグ選手権)、稔&後藤&海和VS伊藤崇文&佐山&アバロン、TAKAみちのくVS藤田峰雄が発表された。
 また、25日付けでアバロンのGPS入団が決まった。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る
×