55歳になった長与千種が最初で最後の愛弟子とのシングルマッチで“紅”と“プロレス”を継承!「令和の時代に長与千種のプロレスをずっと活かしていく」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 8日、後楽園ホールにてMarvelous後楽園ホール大会『目覚めよ、その伝説~I AM LEGEND AWAKENING~』が開催。長与千種が自ら立ち上げた団体にて最初で最後の試合を行った。

 長与は1980年に15歳で全日本女子プロレスにてデビュー。『クラッシュギャルズ』として一世を風靡すると、1995年にはGAEA JAPANを設立。2005年に引退していたが、全女会長の故・松永氏と実の父の『もう一度お前のプロレスが見たい』という遺言を受けて2014年に復帰。『That’s 女子プロレス』を開催し、終了時に新団体『Marvelous』の設立を発表。その後電流爆破マッチなどで試合を行っていたがMarvelousのリングには上がらず、55歳の誕生日当日となるこの日の試合がマーベラスに上がる最初で最後と発表されていた。

 まずは10分のエキシビジョンとして、マーベラス所属選手である神童ミコト、星月芽依、Maria、KAORU、渡辺智子、響と、AEWからこの日限定で戻ってきたナイラローズを加えて8人タッグを行うこととなったが、欠場中の桃野美桜や門倉凛などもリングに上がり長与に集中砲火。ナイラローズとの一騎打ちも経て、最後は長与が全員まとめてクロスボディアタックで倒し時間切れに。

 そして最後は“信紅”彩羽匠とのシングルマッチへ。2013年にスターダム4期生としてデビューした彩羽は、憧れであった長与の団体が旗揚げすると聞いてマーベラスに移籍。旗揚げ戦では長与の弟子である里村明衣子とシングルマッチを行い一番弟子の座を継承。長与の正統後継者としてランニングスリーなども継承している。

 序盤は長与が自分のペースに持ち込み、客席になだれ込んでのチョップ合戦からリングに戻るとランニングスリーで叩きつけて圧倒。しかしミドルキックやニールキックの打ち合いで徐々に対等な闘いに引き込んだ彩羽が、サッカーボールキックや顔面へのドロップキックを連打し「打ってこい!」と挑発し始める。長与もエルボーを打ち込んでいくが、彩羽は全て受けきりハイキックやソバット。動かなくなった長与をフォールするが、カウント2でレフェリーの腕を掴み止めると、最後は直伝のランニングスリーで叩きつけて3カウントを奪った。

 勝利した彩羽に長与は「いいか?(超満員の)この景色が当たり前だと思うな。他人の人生の時間、こうして会場に来てくれる。これは当たり前じゃなくて、リングにはひときわ大きい星が埋まってる。その星を持ち上げてくれるのはお客様だから。100技をやったって、自分というものを持って帰ってもらわなければ、それはゼロに等しい。技より大事なのは、遊び心だよ。お客さんを楽しませる遊び心だよ。(お前は)不真面目な生き方はしてない。でも、何をしでかすかわからないから伝えられてよかった。俺のところに来てくれてありがとう。今日から、彩羽匠を紅の継承者として認めます。そして匠!マーベラス任せたぞ。お前信じてるから。いい?プロレス界の一番になろうなんて思うなよ。社会の中の、誰かのオンリーワンになることを夢見ろ。その人にしてみれば、ナンバーワンなんだよ。そういう女子プロレスに変えていきますから。もっと有名になれ。お前が有名になってくれればみんな有名になれる。誰しもが有名になれる。そのために、俺マーベラスにいたら仕掛け作れない。また新しい事やるから」と、彩羽匠に“真紅”とマーベラスの代表取締役を継承。長与はマーベラスを辞めて、新日本プロレスやスターダムの親会社となったブシロードに負けない新たな仕掛けをつくるという。
 
 これを受けて彩羽は「長与さんのプロレス、受け継ぎました!ありがとうございます!彩羽匠は、今の女子プロレス界、そして、今後長与さんが仕掛けるであろうプロレスを、思う存分楽しみたいと思います。遊びたいと思います!マーベラスを任せてください。昭和のプロレスも今こうやって体感することができ、平成令和と自分自身も体験してるので、それを受けてどう自分が立ち向かっていけるか。長与千種には長与千種の世界観があるから、長与さんはダイヤモンドなんでどんなに自分がそこに入ろうとしても傷つかない。だったら自分も同じダイヤモンドになりたいと思います。長与さんの思う女子プロレス、長与さんのプライドを自分は引き継いだと言うよりも、引き継いでいこうと思います。令和の時代に長与千種のプロレスをずっと活かしていくのが自分の役割だと思います。そして自分は自分で自分の色もつくりつつ、頑張りたいと思います」とコメント。

 昭和のカリスマ的存在・長与千種に憧れて生まれた平成のレスラー彩羽匠。全女であれば定年を超えた26歳になり、団体の代表となった彩羽がこれからどのようなドラマチックなプロレスを魅せてくれるのか、マーベラスを辞めた長与の新たな仕掛けとともに期待が集まる。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×