【試合詳細】11・4 スターダム後楽園ホール大会 【ワールドオブスターダム】ビー・プレストリーvs岩谷麻優 【ワンダーオブスターダム】星輝ありさvsジェイミー・ヘイター 里歩&スターライト・キッドvs渡辺桃&AZM ャングル叫女&小波vs葉月&刀羅ナツコ

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『STARDOM BEST OF GODDESS 2019』
日程:2019年11月4日(月祝)
開始:11:30
会場:東京都・後楽園ホール
観衆:835人

▼3WAYバトル 10分1本勝負
[TCS]○ゾーイ・ルーカス
3分43秒 ルーカス・ランズライド
[TCS]●吏南、[QQ]●妃南

▼タッグリーグ・スペシャル 3WAYタッグ 15分1本勝負
[TCS]○木村花/ボビー・タイラー
8分49秒 ハイドレンジア
[大江戸隊]夏すみれ/●”セッション・モス”マルティナ
※もう一組は[STARS]中野たむ/鹿島沙希

▼タッグリーグ戦公式戦ブルーゴッデス(15分1本勝負)
[大江戸隊]花月/●アンドラス宮城
5分7秒 ランニング・シューティングスター・プレス→エビ固め
飯田沙耶/○上谷沙弥

▼タッグリーグ戦公式戦レッドゴッデス 15分1本勝負
[TCS]●ジャングル叫女/小波
9分28秒 ダイビング・ギロチンドロップ→片エビ固め
[大江戸隊]葉月/○刀羅ナツコ

▼タッグリーグ戦公式戦レッドゴッデス 15分1本勝負
里歩(AEW)/●スターライト・キッド
10分6秒 ミスティカ式腕固め
[Queens Quest]渡辺桃/○AZM

▼ワンダー・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負
【王者/STARS】○星輝ありさ
11分34秒 シャイニング・インパクト→片エビ固め
【挑戦者/大江戸隊】ジェイミー・ヘイター
※星輝ありさが7度目の防衛に成功。次期挑戦者が小波に決定

▼ワールド・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負
【王者/QQ】●ビー・プレストリー
20分23秒 ドラゴン・スープレックス・ホールド
【挑戦者/STARS】○岩谷麻優
※ビー・プレストリーが6度目の防衛に失敗。岩谷が新王者となる

岩谷がビーから赤いベルトを奪還し花月を挑戦者に指名!新体制に向け「世界のアイコンになる」と覚悟を叫ぶ!星輝が白いベルトV7を達成し小波を挑戦者に指名!上谷がアンドラスから殊勲の勝利!

オープニング


 オープニングアクトではTRY☆ANGLEの3人(小坂井ゆりえ、上谷沙弥、星野唯月)がリングで『未来のスターダム』を歌い上げ、大会がスタート。

ゆりえ「改めまして皆さん、こんにちはー!三連休の最終日ということで、最後の締めはやっぱりスターダムですよね!改めまして、この間からオープニングアクトを務めさせていただいてますTRY☆ANGLEです!(※ポーズが揃わない)……初々しい感じなんですけど、紹介したことがなかったので二人の紹介を!(笑)」
上谷「上谷沙弥です!さやさやって呼んでください!」
星の「星野唯月です!よろしくお願いします!」
ゆりえ「唯月って名前がもうかっこいい!(笑)改めましてリングアナウンサーの小坂井ゆりえです!今後とも宜しくお願いしま~す!それではおまたせしました!STARDOM BEST OF GODDESS 2019スタートです!楽しんでいきましょう!」

第1試合


 中学1年生の姉妹と実力者のゾーイの3WAYバトル。
 ゴングが鳴ると、3人でリングを回ってから手4つで円になり、妃南に集中攻撃を狙うが、妃南が吏南を丸め込み。そこをゾーイが漁夫の利を狙うが2人共キックアウトして全員一旦距離を取る。ゾーイは「カワイイ~!」と2人に笑顔で歩み寄るが、ゾーイは油断させて奇襲。しかし姉妹はこれを読んでゾーイをロープに押し付けると2人で代わる代わる串刺しドロップキック。吏南がフォールも妃南が引き剥がしてフォールの奪い合い。
 これをキックアウトしたゾーイは姉妹をそれぞれコーナーに振ると対角線で往復しながら串刺し後ろ回し蹴りを連続し、2人をぶつけて2人まとめてヒールキック。さらにゾーイは吏南をロープに浮浪するが、これを切り返した吏南が卍固めで組み付く。これを妃南がカットすると、吏南と妃南がエルボーを打ち合い、これを払い腰で制した妃南が追撃を狙うも、吏南は髪の毛を掴んで妃南を引き倒し、さらにバックスライドもゾーイがカット。
 ゾーイは吏南にXファクター、さらに妃南を吏南の上で足でのファイナルカット。2人まとめて押しつぶすルーカス・ランズライドの形となり、そのままフォールして3カウントを奪った。

第2試合


 入場後、「自主興行の興行主が行こうか」と夏が前に出ると、「興行主!」コールが起きる。
花、夏、鹿島でゴングが鳴ると、夏は「おい鹿島。あたしとお前との試合、3WAYじゃもったいねえだろ。なあ?!ごめん、ちょっと今日は沙希さんと2人きりにして。鹿島来いや!」と鹿島と一騎打ちを希望。しかし鹿島は夏を無視して花に向かっていエルボーを連打。さらにブートを放つが、花はブレーンバスターを狙い、鹿島も丸め込みを狙う。ここに夏が入ってきて鹿島とともに花にトレイン攻撃を見舞い、花が鹿島をスクールボーイも鹿島がカットして夏にスクールボーイ。3人距離を取りタッチへ。
 ボビー、マルティナ、たむの対面となると、ボビーが2人へ握手のフリから「ファッキュー!」と中指を立てる。これに怒ったマルティナとたむがボビーを襲撃し、たむがボビーに回し蹴りも、今度はマルティナとボビーがたむを攻撃。2人で打ち合いと鳴るが、たむがこれをキックでカットし、鹿島とともにマルティナへダブルの串刺しトラースキックからフェイスバスター。フォールも夏がカット。鹿島は「おい夏出てくんな!」とブチ切れるが、夏は鹿島とカットに来た花をコーナーに押し付け、マルティナも残りの2人をコーナーに押し付け2人でブロンコバスターの競演。
 マルティナはたむにブレーンバスターもボビーがカット。マルティナはボビーにエルボー連打からロープに飛ぶが、ボビーは追走ラリアット。これをキャッチしたマルティナがコンプリートショットで叩きつけ花にタッチ。
 花はマルティナとたむを2人まとめて卍固めで絞め上げていき、2人をコーナーに押し付けてたむに串刺しブートからフォールも夏がバラムチで花をひっぱたいてカット。
 夏はたむにハーフハッチも、これを返されるとロープに飛ぶ。しかしバックを取ったたむがバックドロップ。鹿島にタッチ。
 鹿島は夏の顔面を蹴り飛ばしてロープに飛ぶが、夏はマンハッタンドロップで迎撃。ならばと鹿島は股間蹴り上げで対抗し、両者股間に大ダメージ。2人は膝立ちでよろよろとエルボーを打ち合っていくが、ここに花が「おいテメーら!」とミサイルキックで2人まとめて吹き飛ばして鹿島をフォールも、マルティナが酒飛沫でカット。ここにたむも入ってくるが、ボビーがたむをドロップキックで排除し、花は鹿島にビッグブートからパッケージドライバーを狙う。これを回避した鹿島を飛び込んできたマルティナがラリアットで叩き伏せ、花にもランニングエルボーを放ってから三脚固めを狙うが、これを振り払った花がマルティナに卍固めで絡みつき、そのままグラウンドで腕と足を獲ってハイドレンジアで極めていくとマルティナはギブアップ。

第3試合


 ブルーゴッデスのリーグ戦、強豪の大江戸隊。花月とアンドラスに新人コンビが挑む一戦。
 上谷と飯田が入場するなり大江戸隊が奇襲し、アンドラスの肩車に花月がミサイルキックを放つツープラトンで上谷を場外に叩き出すと全員入り乱れた場外戦へ。
 花月は場外ボディスラムやイス攻撃、エプロンからのダイビングフットスタンプなど容赦ない攻撃を見舞い、リングに戻してからも2人で上谷を踏みつけていく。毛月は上谷にナックルを放ち、2人でロープに振ろうとするが、飯田が飛び込んできてアシストすると2人でドロップキック。飯田は上谷を花月に振って攻撃を狙うが、花月はエルボーで迎撃。そこへ飯田がドロップキックを放って花月を吹き飛ばすと2人で代わる代わる花月へ串刺しドロップキック。上谷が正調ドロップキックから飯田がミサイルキック。さらに上谷が花月に鎌固め、逆エビ固めと攻め立てるが、アンドラスが花月の手を引いてロープブレイクに導く。
 上谷は花月にエルボー連打も、アンドラスがドロップキックでアシストし、花月もドロップキック。アンドラスにタッチ。
 アンドラスは花月とともにダブルのバックドロップで叩きつけ、アンドラスは首を掻っ切るポーズからバックドロップを狙う。これを着地した上谷は飯田にアンドラスを押さえさせドロップキックを放つがこれは飯田に誤爆。アンドラスはブレーンバスターを狙っていくが、上谷は各種丸め込み4連発からバックスライドを狙っていくが、ここに陰るが入ってきて上谷にボード攻撃。しかしこれがアンドラスに誤爆。その隙を逃さず、上谷がランニングシューティングスタープレスでアンドラスから大金星を挙げた。

 上谷は号泣しながらマイクを取ると、「初勝利することができました!これからも技を磨いていってたくさん勝っていけるようにがんばります!ありがとうございました!」と声にならない思いを声に出して叫んだ。

第4試合


 レッドゴッデスのリーグ戦、TCSの2人が入場してコーナーでポーズを決めていると大江戸隊が奇襲してゴング。4人入り混じった場外戦になる中、ナツコは叫女が入場時にプレゼントされていた花束を奪って滅多打ちに。
 リング上は叫女と葉月となり、葉月が腕を取って腕へのデュランダル。ナツコにタッチ。
 ナツコと葉月はコーナーで2人一緒に叫女の顔面を踏みつけていき、ナツコが叫女に串刺し逆水平を連打。さらにボディスラムで叩きつけてボディプレス。叫女はエルボー連打でやり返していくが、ナツコがエルボー一発で叫女に膝をつかせる。ナツコがロープに飛ぶが、叫女は「ナメんな!」とショルダータックルで迎撃し小波にタッチを求める。しかしここに葉月も入ってきてTSCの2人をコーナーに押し付けると顔面ウォッシュの競演。大江戸隊の2人はさらにコーナーの小波に追撃を狙うが、小波はぶら下がり腕十字でナツコを迎撃し、スライディングキックで場外へ。さらに叫女はロープを背にした葉月にラリアットで場外に落とすとプランチャで追撃。叫女はナツコをリングに戻すとフルスイングのエルボーでなぎ倒してからスライディングラリアットから首4の字へ。ナツコがロープに手を伸ばすとその腕を取って三角締めに持ち込むが、ナツコは苦戦しながらも足を伸ばしてロープブレイク。叫女はナツコへ串刺しラリアットを放つが、これを回避すると葉月が飛び込んできてデュランダルでアシストするとナツコがフロッグスプラッシュ。これは小波が必死のカット。
 葉月とナツコは2人で叫女にブレーンバスターを狙うが、叫女は2人まとめてブレーンバスターで投げ飛ばし、ナツコにラリアットを放ってからパワーボムの形で持ち上げ、そこへ小波がダイビングフットスタンプを放つツープラトン。叫女はロープチャージから「終わり!」とラリアットを放つがこれでは決まらず。追撃を狙う叫女へ葉月がスワンダイブ式ミサイルキックを放つが、小波が延髄斬りで葉月を排除。2人でナツコに向かっていくが、ナツコが2人まとめてスピアーを突き刺し、ナツコのゴリースペシャルに葉月がデュランダルを合わせる合体攻撃からナツコが昇天。これを返されるとナツコはコーナーに上ってダイビングギロチンドロップ。叫女も肩を上げられずナツコが3カウントを奪った。

第5試合


 里歩とキッドが握手を求めるが、桃とAZMは応じず。
 里歩とAZMでゴングが鳴ると、AZMがゴングと同時に突っ込んでクロスボディ。これをブリッジで抜けた里歩もクロスボディでやり返し、足払い、ドロップキックの応酬を制した里歩がキッドとともにAZMをロープワークで翻弄しダブルの619を狙うが、これを桃が妨害。2人は桃もロープに押し付けるとダブルのジャンピングダブルニーを放ち、客席に向けてポーズ。
 キッドに代わり、クロスボディからロープに飛ぶが、桃がエプロンからキックで妨害。AZMはキッドをボディスラムからキャメルクラッチ。ここに桃がロープワーク3往復からPKを放つツープラトン。桃にタッチ。
 桃はAZMとともにキッドの顔面を踏みつけていき、キッドがエルボー連打で反撃するとロープに振っていくが、キッドは組み付いてデジャ・ヴ。里歩にタッチ。
 里歩は桃に低空ドロップキックで追撃してからランニングニー。さらに桃の足を刈ると側転低空ドロップキック。さらに桃をロープに押し付け619を放つが、これを回避した桃がミドルキックからブレーンバスター。さらに背後から蒼魔刀を放つがこれを里歩が回避し正面から低空ドロップキック。さらに里歩がブレーンバスターを狙うが、これを耐えた桃がエルボーからBドライバー。これをキッドにカットされるとAZMが排除し、コーナートップに登るが里歩とキッドがダブルの雪崩式アームドラッグから里歩がダイビングダブルフットスタンプを放つが、桃は回避してハイキック。さらに追撃を狙うが、里歩がカサドーラで迎え撃ってからのフットスタンプ。里歩はキッドにタッチ。
 キッドは桃に串刺しドロップキックから不知火を狙うが、これを耐えた桃が裏投げで叩きつけAZMにタッチ。
 AZMはコーナーに上がりミサイルキックを投下し、さらに串刺しドロップキック。キッドがコーナーに振っていくと三角飛びで着地するも、キッドが即座にドロップキックで追撃。2人はエルボーを打ち合っていき、これを制したAZMが走るが、ここに里歩が突っ込んできてAZMにエルボー。桃も入ってきて里歩をロープに振っていくが、里歩は桃を、キッドはAZMをフランケンシュタイナー、さらに2人でそれぞれに619を決め、2人でダイビングクロスボディの競演。さらにキッドがブロックバスターからコーナーに上がり、旋回式フロッグスプラッシュも決まらず。ここに桃が入ってきてPKで追撃してからAZMが丸め込み。キッドとエビ固めの応酬となり、キッドが十字架固めで決着を狙うもカウントは2。ならばとキッドはロープに飛んでヨシタニックを狙うが、AZMが着地してトラースキック。AZMは追撃を狙うが、キッドはカウンターのフランケンからエビ固めも2。キッドはライトニングスパイラルからセカンドロープに上がり、ムーンサルトプレスを投下も回避したAZMがエビ固め。これは里歩が必死のカットも、桃とAZMがサンドイッチのバズソーキックを放ち、AZMがコーナーからダイビングダブルフットスタンプ。それでもキッドが肩を上げると桃がダイビング蒼魔刀を放ち、AZMがミスティカ式腕固めで絞り上げるとキッドは無念のタップ。

第6試合


 星輝の選手コールで大量の紙テープが舞う中、ジェイミーが紙テープにまぎれて奇襲してゴング。
ロープに打ち付ける形のブレーンバスターで叩きつけ、執拗に顔面を踏みつけてから場外に放り出すとトペ・スイシーダで追撃。リングに星輝を戻すとジェイミーは高速ブレーンバスター2連発から顔面を踏みつけてフォールも村山レフリーはこれを認めず。
 ジェイミーはロープに飛ぶが、星輝がカウンターのミドルキック。ジェイミーは倒れずエルボーでなぎ倒すと左腕でスリーパーに取りながら右手で顔面にエルボーを落としていく。さらにドラゴンスリーパーに移行するも星輝はなんとかロープへ。
 ジェイミーは星輝のハイキックを2回連続で避けるも、星輝が不意をついての延髄斬りでペースを掴むと、ダイビングダブルニードロップからセカンドロープを踏み台にレッグラリアート、さらにダブルニードロップと畳み掛けて追撃を狙うが、ジェイミーはサミングで対抗。これに怒った星輝が張り手連打から突撃していくが、ジェイミーは星輝の足を刈って倒すと逆片エビ固めへ。
 星輝がなんとかブレイクすると、ジェイミーは星輝をロープに押し付けてエルボーを怒涛の連打。さらにロープに飛ぶが、星輝はカウンターのハイキック。しかしジェイミーは倒れずスパインバスターで叩きつけ、両者大の字に。
 両者は同時に起き上がり、同時にハイキック。両者の側頭部に直撃し再び大の字に。
 先に起き上がった星輝がジェイミーの髪を掴み上げると、ジェイミーも髪を掴み返してゼロ距離でチョップの打ち合いに。これを連打で制した星輝がハイキックを放ち、コーナーから1399を狙うが、ジェイミーが雪崩式ブレーンバスターからファルコンアロー。ジェイミーは串刺しラリアットを狙うが、星輝が延髄斬りでカウンターして1399を狙う。再び雪崩式ブレーンバスターを狙うジェイミーだったが、星輝がジェイミーを突き飛ばして落とすと1399。これを返されると、正面からブラジリアンキック。これを返されると再びブラジリアンキックを放つも、これを回避したジェイミーがラリアット。さらにロープに飛んでラリアットを放つとカーブストンプ式フェイスクラッシャー。さらに必殺の牛殺しを放つも星輝はギリギリで肩を上げる。
 ジェイミーは信じられないと言った様子で狼狽するが、表情を引き締めるとニーパッドを下ろしてヒザをむき出しにし、再び牛殺しを狙うが、星輝がトラースキックから左右にハイキック。そしてウィル・オスプレイ直伝のシャイニングスターカッターからシャイニング・インパクト。これで3カウントを奪った。
 なお、星輝の試合を客席横の床で体育座りになって観戦していたたむは、星輝の勝利を見届けると大の字に寝転んで目を閉じた。

星輝「ジェイミーに勝ったぞーッ!ありがとう!いやあ、クソ強かったよね。何だあの人。豪腕過ぎて、ホントにホントに、何回も『私無理かもしれない』って正直試合してて思った部分もありました。だけどそういうときにセコンドのSTARSのみんなとか、お客さんが応援してくれたからがんばれました!ありがとうございました!みんなとの勝利です!これは!なので、今V7になりましたね!よっしゃあ!そう。でね、私、前回の後楽園のときに『やらなければならないことがある』って言ったじゃないですか。その一つが今日の試合だったわけですけど、次、後楽園かな。私ね、この人絶対倒さなきゃいけないんですよ。シンデレラでは決勝で私が戦って私が勝ちました。だけど、5☆STARでは戦って私が負けました。これは負けたままにはできないんですよ。ということで……小波さんはどこにいますか?」
(小波が登場)
小波「星輝ありさ、私は忘れもしない。2019年春シンデレラトーナメント決勝で、私が今まで築き上げてきたものをあなたは一瞬で壊した。今、あなたが一番大切にしているその白いベルト、この最高の舞台であなたの大切なものを私が奪います」
星輝「返事はOKのようなので、次の後楽園ね、小川さん!おっけーだね?次の後楽園、あの小波さんと戦ってV8するぞーっ!!このあと麻優ちゃんが赤いベルトなんで、メチャクチャ応援してくださいね!ありがとうございました!」

<試合後コメント>

星輝ありさ
――見事防衛を果たしました
「いやあ、7回目ですね。あと半分くらいあるんで。その目標は絶対に達成しなければならないので。私の生きてる証はこの白いベルトにあるんだって最近すごくすごくすごく感じるので、この白いベルトをかけて試合をするというのはいつも以上に命をかけて試合をするということなので、次の小波戦も絶対に勝って、このベルトに自分の命の結晶をどんどん染み込ませて、刻んでいきたいと思います」

――これまで花月選手、ジェイミー選手と指名して、今回は小波選手を指名して徐々にリベンジロードを進んでいます
「そうですね。まあそれはもう花月さんと戦ったら、私の中で景色がメチャクチャ代わるんじゃないかと思った。だけどそうじゃなかった。やり残したことがあったから。そのやり残したことは小波さんですけど、小波さんとやって、自分の決めたことを達成していきたいと思います」

――それを達成したら見たかった景色が見える?
「見えるのかなあ。わかんない。それは自分次第なんで、一戦一戦大切にしていきたいです」

――このあと岩谷選手の赤いベルト戦がありますが、赤いベルトについての意識は
「一瞬、芽生えた時があったんですけど、やり残していることで頭がいっぱいで、それをまずって感じなので。まだそこまでは無いですけど」

――ビー選手が自らを「トップガイジン」と称しているのに対し、ジェイミー選手は自らを「ニバンガイジン」と言っています。白いベルトは“ニバン”のベルトだと思います
「いや、人によって捉え方って違うと思うんですけど。私は自分のことを2番だと思ったことはないし、正直、ジェイミーが自分で自分のことを2番だって方が気をつけているだけだから、その肩書は私に関係ないです」

――では、自分の中では白いベルトは一番のベルト?
「一番です!」

――では、岩谷選手が赤いベルトを奪還したら、その後はどうでしょう
「それは麻優ちゃんには麻優ちゃんの価値観があって、それを大切に思っているわけだから、そんな1番とか2番とかは私は付けないですね」

第7試合


試合前、今後同じくブシロードグループとなるキックスロードのキックボクシング団体・KNOCK OUTで活躍する小笠原瑛作とぱんちゃん璃奈がリングに上がり、ビーと岩谷を激励。

 両者はしっかりと握手を交わしてからゴング。
 シンと静まり返る緊迫した空気の中で手4つで触れ合ってから一旦距離を取り、ロックアップでの押し込み合いに。押し込んだ岩谷が離れ際にクリーンにタッチするとビーも押し込み、離れ際にエルボー。さらにラリアットを狙うが、岩谷はこれかわしてエプロンに飛び出ようとするが失敗してリングに落ちてしまう。岩谷は一旦仕切り直して場外へ。
 岩谷がリングに上がろうとするとビーはジャンピングニーで叩き落とすと、すぐにリングに戻して岩谷の古傷であるヒザを執拗に踏みつけていくと、コーナーに押し付けながらロープに足を絡めながらのニーロック。さらに岩谷の突撃をかわしてブートを放つが、岩谷もこれを交わして低空ドロップキック。しかしビーはすぐにヒザへのストンピングでやり返し、悲鳴を上げる岩谷の足を容赦なくロープに絡めてニーロックで絞り上げる。ビーは「マ~ユ~♪」とおどけながら顔面を張って挑発してコーナーに振っていくが、岩谷はコーナーに飛び乗ってミサイルキック。さらにロープを背にするビーへ貫通ドロップキックを狙うが、ビーはこれを自爆させて岩谷の足をエプロンに出してフットスタンプ。さらに岩谷の足をコーナーポストに叩きつけ、コーナーポストを使った足4の字固め。
 先にリングに戻ったビーはロープに登って場外の岩谷を見おろし、岩谷が上がってこようとするとロープ越しのVトリガー。しかしこれをキャッチした岩谷は奈落式ドラゴンスクリューでビーを場外に引きずり落とすと、両者は互いに髪を掴みながら転がってリグイン。
 岩谷とビーは正面からエルボーで打ち合っていき、岩谷が連打からソバット、さらに顔面へジャンピングキック。岩谷はロープを背にするビーへ貫通ドロップキックで場外に落とすと、コーナー上から「行くぞー!」と叫んで決死の場外ダイビングクロスボディ。
 さらに岩谷はビーをリングに戻すとコーナーに上ってダイビングダブルフットスタンプ。さらに「終わり!」と宣言してコーナーに上るとフロッグスプラッシュも、これを待ち構えていたビーが下から首固め。キックアウトした岩谷はトラースキックを放つと、コーナーからムーンサルトプレスを投下。これをかわしたビーは顔面にケンカキックを放ち、両者ダウン。
 両者はふらつきながらも立ち上がり、岩谷はドドンパを狙うが、ビーはこれを振り払って顔面にジャンピングニー。さらにクイーンズ・ランディングを狙うが、絡みついた岩谷がドドンパ。さらにコーナーに上っていくが、背後からビーがハイキックを放ち、ビーもコーナーに上がって張り手の打ち合いに。これを制した岩谷がコーナートップから雪崩式フランケンシュタイナーを放つが、バランスを崩して顔面から垂直に突き刺さってしまう。
 両者大ダメージを負った状態で立ちあがると、岩谷は雄叫びを上げてジャーマン・スープレックス。ビーも即座に起き上がってジャーマン・スープレックスからスリーパースープレックス。キックアウトした岩谷の足を取ってグラウンド式アンクルロックに持ち込むが、岩谷は悲鳴を上げながらもなんとかロープブレイクへ。ビーはVトリガーからカミゴェを放ち、これを返されると後頭部へのVトリガーからクイーンズ・ランディングを狙い、振り払おうとした岩谷を跳ね上げて地対空ニーリフト。ビーはクイーンズ・ランディングの形で持ち上げて旋回していくが、岩谷は起死回生のリバースフランケンシュタイナー。不意を突かれて大の字になるビーだったが、岩谷がエルボーを放つとエルボーを打ち返していき、岩谷ががっくりと倒れ込んでダウン。

 ビーは容赦なく岩谷の顔へステップキックを放っていくが、岩谷は「ふざけんな!」と雄叫びを上げてエルボーを連打。ビーはトラースキックを放ってロープに飛ぶが、岩谷はウラカンラナ。切り返したビーのVトリガーをかわすとトラースキックからドラゴンスープレックス。これを返されるとコーナーに上がり、ムーンサルトプレスを投下。これもカウント2となると岩谷は両手を大きく広げてフィニッシュ宣言から二段階式ドラゴンスープレックスホールド。これで死闘に終止符を打った。

岩谷「後楽園の皆さん!コンバンハーッ!やっと勝ったぞォォーッ!途中、途中、また怪我しちゃったかと思ったあ!前回、赤いベルト、1分30秒で怪我して、2分30秒だっけ?1分版かな?1分半で怪我して失ったベルト、こうやって自分のもとに帰ってきました!これから、スターダムのアイコンとして、胸張って、この赤いベルトを守り続けていくんで、これからも岩谷、岩谷、岩谷麻優の赤いベルトのドラマの続編をこれから目を離さないようにしてねーッ!で、勝ったら、一番最初にやる相手。多分、予想つきますよね?つかないのかなあ?岩谷麻優の、岩谷麻優の最大のライバル!花月!」
(花月が観客席から登場してリングへ)
岩谷「やっぱり、やっぱり自分は一番にあなたを倒したい!アンタに勝って正真正銘のチャンピオンになるんだ!」
(花月が自らの帽子を岩谷にかぶせて)
花月「後楽園のお前ら元気か!もういっちょ!元気か!おう、いいかお前らも岩谷も花月様からの質問にイエスかハイしか答えはね―んだよ。ってことは、岩谷麻優、お前の問いかけに花月様は、イエスかハイかの答えしかねーんだよ!岩谷麻優、お前が持つその赤いベルトに、挑戦させてください。」
岩谷「もちろん、答えはイエス!」
花月「で、いつやんの?」
岩谷「えっ」
花月「お客さんに決めてもらおうよ。いつがいいの?」
(観衆から「後楽園!」の声)
花月「だって。こんだけ答えがあったら後楽園でやるしかないでしょ!じゃあ次の後楽園、12月24日、年内最終戦。お前、泣かないようにしとけよ。花月様がこの赤いベルトに返り咲いた暁には、本当にやりたかった相手を呼ぶ!以上!」
(花月が退場)
岩谷「……というわけで!来月の後楽園!赤いベルト、防衛戦!vs花月!絶対に見に来てください!答えは!?」
(観衆が「イエス!」と叫ぶ)
岩谷「ということで、STARS!久しぶりにメインで自分が勝ったんで、STARSリングに上ってください。締めをちゃんと……麻優がしゃべるとグダグダになってしまうから!ありさちゃん、白いベルト、防衛おめでとう!これで、女-AMA-、赤いベルト、白いベルトのチャンピオンになりました!すごい!でも、でも、ありさちゃん。自分もありさちゃんを倒して、この真の赤いベルトのチャンピオンになるから。いつか、そのベルト、奪いに行くから。だからありさちゃんもいつかこの赤いベルト、奪いに来てください」
(星輝が右手を差し出し、岩谷がその手を握る。そして横から2人の握手をたむが両手で包み込む)
岩谷「ということで、間を取って中野たむが締めてください!(笑)
たむ「じゃあみんな立てぇ~!もう覚えてますよね?私達が『今を信じて明日に輝け!』と言ったらSの字を作って、『We are STARDOM』ですよ!練習しなくてもできますよね?準備はいいですか?!ホントにいいですか?!せーの!今を信じて明日に輝け!We are STARDOM!!」

<試合後コメント>

岩谷麻優
「赤いベルト、赤いベルト獲りました!あぁ~ヤバい!なんか試合前は、すごい今年一番、今年一番なーバスになってて、ホントにむちゃくちゃ緊張したし、ここで負けたらっていうのを、なんか、うーん。ビーが強すぎて、ちょっと。自分が勝つ想像、勝つ姿っていうのがちょっとあんまり100%勝てる自信っていうのがなくて、ほんとに怖かったし、メチャクチャ強くて、やっぱり。何回も記憶飛びそうになったし、途中、『あっ、これまた怪我しちゃったな』って思った部分もあったんですけど、ホントにこのベルト、最終的には自分が獲れて、ホントにホントに、ホントに感動しました。ちょっと頭が働かないんですけど、久しぶりに感動して泣いちゃいました。ホントにそれくらいこの赤いベルトには想いがあって、このベルトを失ったのも怪我が原因で、そっからシングルのベルトに挑戦して、これから自分がシングルの王者になって、ってなったときに、また怪我をしてしまうんじゃないかっていう不安とか、トラウマがあって、中々私が……なんだっけ、分かんないですけど。今は感極まりすぎてちょっと言葉が(笑)こういうときにちゃんと発言できる人がね、立派な王者だと思うんですけど、自分はまだまだ自分の気持ちを言葉にすることが苦手というか、あんまり上手くないので、これからまたこの赤いベルトとともに、ちゃんと王者らしく、心もプロレスも成長していきたいなと思います。でも、この赤いベルト獲ったことで、自分はスターダムのアイコンではなく、世界の女子プロレス界の、世界のアイコンになります!必ずこのベルトに恥じないくらいスターになって、女子プロレス界ナンバーワンの団体……ですけど、今も!これ以上の、世界一の団体になりたいと思います!それを引っ張っていくのが自分の役目だと思うんで、これからの岩谷麻優を一緒に見届けてください!ありがとうございました!」

――花月選手を挑戦者に指名したことについては
「やっぱり、自分の最大のライバル。それは花月です。やっぱり、うーん、なんていうんだろ。紫雷イオとかは尊敬してましたし、『こうなりたいな』『この人を超えたいな』って気持ちはもちろんあったし、でも、今はやっぱりここ何年か、花月が入ってきてから、フリーとして入ってきたときから、お互いがお互いのことを思って、お互いがライバルだと思ってずっと戦ってきているので、まずは花月を倒したい。今まで何回か戦っているんですけど、ホントにどっちが勝つかわからない、ホントに身を削る戦いをしていて、結構勝率的にはイーブンか、自分がちょっと負け越してるかなってちょっと思うので、花月を倒したいです。単純にライバルだし、大好きだし……まあ戦いたい人はいっぱいいます。超えなきゃ行けない存在は山ほどいるし、ホントに自分より強いって人もたくさんいる。けど、そこを乗り越えてから真のチャンピオンだと思うので、まずはひとりひとり倒していきたい。その第一歩が、花月。……なにいってる?言葉に出来てる?大丈夫?大丈夫ですか?ありがとうございました!」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×