【インタビュー】RKA&WBC日本王者の仲山大雅が10・4『KNOCK OUT×REBELS』での石川直樹戦を前に想いを語る!「沖縄から本土の選手をどんどん倒していって二つのベルトの価値を高める」」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 10月4日(金)後楽園ホールにて開催される『 KNOCK OUT × REBELS 』第6試合で、石川直樹と対戦する仲山大雅のインタビューが行われた。

――今回新生KNOCK OUT初参戦が決まりました。心境はいかがですか?
「嬉しい気持ちと去年KNOCK OUTでいい結果を残せなかったで悔しい気持ちがまだ残っています。旧KNOCK OUTでの最後の試合(石井一成のヒジによる鼻骨骨折で3RTKO負け)がちょうど1年前で、悔しい終わり方だったのでこのまま負けたままでは終われません」

――石井戦で負傷した鼻の状態はいかがですか?
「一度外側の骨を真っすぐにする手術をしたのですが、まだ内部には折れたままの骨がある状態なので、あともう一回手術をする予定です。見た目は真っすぐで動いた感じも違和感はないのですが、鼻の通りは悪くなったのかなと」

――ふとした時に石井戦を思い出すことはあります?
「そうですね。あの時鼻を骨折したと同時に鼻の表面も割れてそれが赤くアザになって残っています。ジムで小学生の指導をしていて、その子たちからは最近トナカイと呼ばれています……笑って流してますが(苦笑)、やはり悔しいですね」

――KNOCK OUTのリングで石井選手にリベンジしたい気持ちはありますか?
「それはありますね。一度SNSで再戦をアピールしたのですが、向こうからの反応はありませんでしたね。まだ僕とやることにメリットはないと思うので、今はとにかく決まった試合で勝ち続けることが重要かなと思います」

――今回対戦する石川選手についてはどのような印象がありますか?
「首相撲で勝負してくるイメージです。今までに対戦した山田航暉選手、藤原あらし選手がそういうタイプで感じは掴めているので、どんな展開になっても問題はありません。ジムの練習では首相撲のめちゃくちゃ強い優吏先輩がいて、徹底して首相撲対策をしています。試合ではこういうテンポでやってくるんだろうなというイメージでもできていて手応えも感じています」

――逆に相手の得意である首相撲でも勝負したい気持ちは?
「それも特に問題ないですね。僕は常にKOを狙っていて首相撲での展開でもKOできると思いますが、パンチ、蹴りも出して攻撃が偏らないようにしたいと思います」

――当初は老沼隆斗選手と対戦予定でしたが、作戦の変更など特に問題はなかったですか?
「老沼選手のことを知らなかったのでYouTubeで老沼選手の試合を見て噛み合う試合になると思ったのですが、僕に負けている泰史選手に負けて今回欠場になったのでビックリしました。相手が変わっても特に問題はありません」

――今年6月には、当時9戦無敗のNJKFフライ級王者・松谷桐選手とのWBCムエタイ日本統一フライ級王座決定戦で1RKO勝ちで王座獲得、7月には元新日本フライ級王者・泰史に判定勝利と現在二連勝。好調の要因は何でしょう。
「今まではタイ人トレーナーとRIOT会長から指導を受けていたのですが、1月の藤原戦の後は会長のみの指導を受けるようになってスタイルに迷いがなくなったんです。もちろん、タイ人トレーナーから教わったヒジ、ヒザの技術も忘れずにやっています」

――WBC日本チャンピオンになって気持ちは変わりました?
「僕自身は変わらないのですが、周りの反応は全然変わってきました。僕はRKA(琉球かきだみし協会)のチャンピオンでもあるので、沖縄から本土の選手をどんどん倒していって二つのベルトの価値を高めていきたいです」

――会場に来てくれるファンにメッセージをお願いします。
「どんな展開になってもKOを狙って盛り上げていくので応援よろしくお願いします」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×