【インタビュー】2度目のタッグ王座防衛戦に臨む芦野祥太郎&児玉裕輔がWRESTLE-1所属選手たちに喝!「メインだろうが地方の試合だろうが第1試合だろうが毎試合全力で取り組め」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 9月1日(日)の横浜文化体育館大会で、#STRONGHEARTSの入江茂弘&エル・リンダマン組を激闘の末に倒し、W-1タッグチャンピオンシップの初防衛に成功したEnfants Terriblesの芦野祥太郎&児玉裕輔のコンビ。早くも9月23日(月・祝)の後楽園ホール大会で河野真幸&アレハンドロ組を相手に2度目の防衛戦を行なうことが決定した。これまでタッグ戦線に興味を示していなかった芦野だが、児玉とのタッグには手応えを感じている様子で、タッグ戦線活性化を宣言。河野&アレハンドロを迎え撃つその心境を聞いた。

──横浜文体での入江&リンダマン組との防衛戦は激しい試合でした。改めて振り返ってみていかがでしたか?
芦野 やっぱり#STRONGHEARTSは考えてきているなっていうのを感じましたし、プロレスに対する情熱があるなって改めて思いましたよ。T-Hawkもそうなんですけど、単純な外敵じゃないんですよね。何かを変えたい人間たちの集まりだと思うんですよ。だから、そういう連中に勝てたのは大きいことだなと思いましたね。
児玉 うん。入江のW-1初登場のインパクトも凄かったし、リンダマンは可愛らしいけどやる時はやるっていう感じだったしね。
芦野 おちゃらけじゃなかったですね。
児玉 だから、終わってから楽しかったと思えたよね。
芦野 あんまりないですからね。シングルではない喜びを感じますよね。シングルは勝っても負けても自分だけ。タッグの場合は5倍になるっていうか。
児玉 悲しみは半分、喜びは5倍だね。

──芦野選手はシングルにこだわっていましたけど、改めてタッグのおもしろさを感じたということですか?
芦野 好きになり始めましたね。シングルを超えることはないですけど、シングルに近いおもしろさを見つけられている状況ですね。まだその過程ですけど、だからこそタッグリーグにも出て、「芦野&児玉のタッグの試合は間違いないぞ」と言われるぐらいにまでもっていきたいです。
児玉 「この2人と試合で絡みたい」と思わせられるようなタッグチームになりたいですね。

──ただ、芦野選手がそこまでタッグに入れ込めるようになったのも、それだけ今回の#STRONGHEARTSが手応えのある相手だったからだと思うんですけど、それまではそういうチームに巡り会えていなかったということですよね?
芦野 チーム云々の前に本気が足りてないですよね。どっか斜に構えている人がW-1には多いんですよ。「この試合で引退ですって言われたら、あなたはどうするの?」って言いたいですね。もうレスラー生活はその時点で終わっちゃうわけですよ。それを考えたら毎試合全力で取り組んでいかないといけない。お客さんは金を払って見に来てくれているわけだから、手抜きを見せられないはずなんですよ。メインだろうが地方の試合だろうが第1試合だろうが一緒。そこの認識を若手は持ててないし、上の連中はサボっている。中間である僕らの世代がいくらがんばろうがマイナスのイメージは付き始めちゃうんですよね。

──そこはシングルもタッグも関係なくということですよね。
芦野 関係ないです。みんなもっと本気になってほしいんですよ。この団体をどうしたいのかを真剣に考えてるのって、Enfants Terriblesだけなんですよ。だからこそ結成以来、ずっとW-1の中心にいるわけですよ。それをみんなが持てば凄くいい団体になりますよね。

──タッグ戦線に本腰を入れるのはその一環だということですね。
芦野 シングルだと一人だけですけど、タッグだと二人いっぺんに改革できますからね。
児玉 確かに2倍だね。
芦野 効率がいいですよ。

──今回、9.23後楽園ホール大会で河野&アレハンドロ組の挑戦を受けることになりましたけど、そこには本気度を感じるんですか?
芦野 アレハンドロに関しては会見に出てきて挑戦を表明してきたわけですからね。あいつはなかなかの強心臓ですよ。スベろうが関係ないですからね。
児玉 スベり芸になっているけどね(笑)。
芦野 まあ、あいつなりにいろいろ考えているんでしょう。本来はクルーザーを狙いにいかなきゃいけない選手なんですけど、ここで殻をぶち破ってほしいですね。
児玉 今までだったら、「何ができるの?」っていうスタンスで向こうからどう来るのかを見ていた部分があったかもしれないですけど、僕とアッシーはタッグチャンピオンとしてこっちからもドンドン絡んでいきますから。河野とアレハンドロが挑戦してくることに関して、お客さんがどう思っているのか知らないですけど、挑戦してくるんだったらドンドン上げていきますよ。

──河野&アレハンドロ組のチームとしての価値を上げていくということですか?
芦野 存在を高めていってやります。まあ、僕らも防衛を1回しかしてないですからここでふんぞり返るわけにもいかないし、試合のクォリティを下げたくないんですよ。僕らは24時間、プロレスのことを考えている。他のチームに対してはこのレベルについてこれるのかって言いたいわけですよね。
児玉 問いたいね。

──逆についてこさせるというか、自分たちで底上げしてやろうかなという思いもあるんですか?
芦野 それももちろんあるんですけど、それだと結局僕らにおんぶに抱っこですよ。そうじゃなくて、「誰かに頼らずてめえでプロレスやれよ」と思いますね。てめえで作り上げろ。
児玉 W-1の誰々という以前に一人のプロレスラーとして魅せるということですね。
芦野 プロレスやってんだからプロレスで魅せなきゃダメなんですよ。書道家が書道しないで何やるんだよ。
児玉 なんで書道がたとえとして出てきたのかわからないけど(笑)。

──でも、そこの自覚が足りないと言いたいわけですね。
芦野 もっと感じたいし、それを感じたのが文体の入江とリンダマンなんですよ。他団体ですよ? あの人たちはW-1に客が入ろうが入るまいが関係ない立場の人たちなんですよ。でも、ああやって死ぬ気になってやってくれるんですよ。それを考えた時に所属選手は何してんだって。それを痛感しました。Enfants Terriblesも羆嵐が逸れたやり方をすることがありますけど、あいつなりにいろいろ話題になることを考えているから。それが正解か不正解かはわからないですけど、挑戦することが大事なんです。その精神をみんなにも持ってもらいたいですね。
児玉 その部分で言うと稲葉がT-Hawkから無差別のベルトを獲ったわけだから今後に期待したいですね。それによって他の人たちがどう変わっていくのかを見たい。
芦野 俺が負けて、イケメンが負けて、近藤が負けて、それを稲葉が獲り返した。この事実をどう受け止めるのかですよね。チャンスだと思うのか? ただ「ああ、稲葉さん、獲り返したんだ」ってボーッとしているのか? 無差別だから誰が挑戦してもいいし、僕らのタッグだってパートナーを見つけてくれば挑戦させますよ。それぐらいの必死さが欲しいんです。

──俺たちに必死になってついてこいと。
芦野 ついてこいというよりは合わせろということですね。タイトルマッチのクォリティは下げたくないし、介護はしません。あなたたちのレベルには合わせません、ということです。上のレベルに合わせて欲しいということを伝えたいですね。この言葉をどう受け止めるのか? べつに不貞腐れてもいいし、「ナニクソ!」って思ってもいいし。
児玉 その感情が9月にタイトルマッチをやる河野とアレハンドロにも出ると思うしね。
芦野 悔しいと思うことを恥ずかしいと思っている人が多いんですよ。
児玉 だから感情が出ない。
芦野 僕は文体で武藤さんの入場を見て「チクショウ!」と思いましたからね。一人だけ花火が上がってね。武藤さんはヒザの手術をしましたけど、文体の試合を見ていたら上半身がでかくなっていたじゃないですか? あれは凄えなと思いますよ。それがあの人の凄さですよね。僕らはまだまだ登山の途中ですけど、武藤さんも56になってもまだ登り続けている、上半身だけで。
児玉 逆立ちして登山しているようなもんだからね(笑)。
芦野 それなのにまだバリバリ動けるベテランたちはちょっと休憩している感じですよね。あんな凄い人が間近にいるんだから、見習わなきゃダメですよ。

──そこに物足りなさを感じていると。
芦野 そうですね。だから、今度のタイトルマッチではマスクをしているアレハンドロの感情が手に取るようにわかるような試合をしますよ。「あいつマスクしてたっけ?」って思うような試合をします。そこが今回のタイトルマッチの重要なテーマですね。そして、それを隣で見ている河野がどう思うのか?

──アレハンドロ選手の感情を晒すことは河野選手への問いかけでもあるんですね。
芦野 そういうことです。だから、アレハンドロの素顔を暴く!
児玉 マスクを剥いでないのに奴の素顔を晒します!

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×