【全文掲載】前田日明が武藤敬司とのトークバトルで「小沢一郎と揉めて全スポンサーにガサが入った」「体が動かない内に高山善廣はれいわ新選組で国会議員に」と衝撃トーク!

  • 359
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 26日、東京都・後楽園ホールにて『TAKAYAMANIA EMPIRE 2』が行われ、前田日明と武藤敬司が衝撃的な内容のトークバトルを繰り広げた。

 『TAKAYAMANIA ENPIRE』とは、昨年5月に試合中のアクシデントにより頸髄完全損傷と診断され、現在も怪我と戦っている高山善廣のために各プロレス団体や有志が協力し、クラウドファンディングで行われた支援イベント。昨年8月31日に行われた第1回大会は大盛況の内に終わり、今大会の音頭を取る鈴木みのるは、2回目となる今回の大会には選手やそれ以外の部門でも参加したいという逆オファーが殺到したと語っている。

 この日、休憩明けに行われた前田日明と武藤敬司のトークバトルでは司会を田中ケロが務め、3人の会話のような形で進行した。

 以下、全文書き起こし。

――ケロ「こういうトークバトルって事前に何を話すかとか打ち合わせするじゃないですか。一切ないです(笑)なんか考えてます?」
前田「考えてないです」
武藤「前田さんと刀の話したら20分すぐ終わるよ(笑)」

――ケロ「刀の話はやめよう?!ここで刀の話はやめよう!二人は面白いかもしれないけど面白くないから!でも何度も対談やってるんですよね?」
武藤「いや、人前でやるのは初めてですよね?」
前田「人前でやるのは初めて。昔なかったっけ、番組で」
武藤「『プロレスの砦』って番組できてもらって。どういうわけか、あの番組収録した後、テロップが流れてたんですよ」
前田「なんで?」
武藤「なぜだかテロップが」
前田「テロップなんで?」

――ケロ「喋ってることがわからないから?(笑)」
武藤「そう!(笑)」

――ケロ「日明兄さんは長州さんとか天龍さん並なの?(笑)」
武藤「またタイプが違う(笑)」
前田「あの頃はたしかに全然気を使って無かったんで、多分(滑舌が)悪かったと思います」
武藤「今日滑舌大丈夫ですか?(観衆へ)」
前田「聞こえるよね?」

――ケロ「武藤選手が新日本プロレスに入ってきたとき前田選手はいたんですか?」
武藤「いなかったですね。高田さん(高田延彦)はいたんですけど」
前田「俺は武藤を一番最初によく覚えてるのは、猪木さんが例の心理セミナーに『お前ら行って来い』って言って、そんでね、俺と武藤と橋本(故・橋本真也さん)、蝶野(蝶野正洋)に話したから『お前らメキシコ一緒に4人で行って来い』って。3泊だか一週間だか忘れたけど。それ言ったときに、俺いたやん?武藤もいたやん?蝶野もいたやん?新日本の道場の横が広かったからタクシー呼んで、『俺イチ抜けるわ』って言ったら、武藤も『前田さん行かないんですか?じゃあ俺も行きません』って言って、結局誰も行かなかった(笑)」

――ケロ「会ってるじゃん!」
武藤「全然記憶がない……」

――ケロ「猪木さんに心理セミナーいけって言われたのは覚えてる?」
武藤「覚えてない……」
前田「セミナー行けって言われたの覚えてない?猪木さんに」
武藤「……あっ!なんかどっかの企業かなんかの」
前田「なんかバブルの頃、当時変な心理セミナー流行ってたじゃない」
武藤「いや、行ってないです」
前田「猪木さん、アレで激変したんだよ。猪木さんって『1!2!3!ダー!』とか言うじゃない。それは昔からやってたんだけど、ワケの分からんダジャレ言ったりとか、『元気があれば何でも出来る』とかさ、ああいうキャラじゃなかったんだよ、昔。昔は寡黙でダンディーで」
武藤「俺、まだデビューする前の若い頃、猪木さんがふらっと道場に練習しに来たんですよ。1人で来たんですよ。それで、まだデビューしてないのに『武藤、悪いけどちょっと金無いからタクシー代貸してくれ』って(笑)俺1万円貸した。そのときの1万円って俺からしたらすごい貴重な1万円」
前田「あの頃はね、一番猪木さんが金持ってない時期ですよ。例のアントンハイセルの借金が60億くらいに膨らんでて(笑)毎月の利子があの頃バブルのときって金とるからさ8%、10%当たり前だった。60億の8%、10%っていくらよ?(笑)」

――ケロ「えっ、これ生放送で喋っていいの……?」
武藤「俺まだ1万円貸したの返してもらってない。俺、金利34、5年分の金利だからね。多分100万円とか200万円とかになってますよ」
前田「で、その頃初めて選挙出たでしょ。1回目落ちて2回目受かった?」

――ケロ「1回目通って2回目落ちました」
武藤「そう言われると、前田さんもちょっと前に先生になりそうになってましたよね?」
前田「俺、民主党に頼まれて、色々やってたんだよ。それであることで小沢一郎とモメて、それで小沢一郎を怒鳴り倒して喧嘩して。『選挙出たいなら1億円持ってこい』って言うのよ。おかしいだろ小沢。でもね、怖いのがね、喧嘩別れしてその後『こんなん俺やめますわ』って小沢一郎に『このクソガキ!』って言った。ほんだらな……」
武藤「えっ……小沢一郎にクソガキって言ったんですか……」
前田「聞こえないように、聞こえないように言った(笑)『クソガキが!』って言いながら帰っていったら、翌月にOUTSIDERっていうアマチュアの大会のスポンサー10社に全部国税入ったの。全部国税入って、その次の大会から全部スポンサー降りられた。スゴいっしょ?(笑)」
武藤「クソガキなんて言うからですよぉ」
前田「いや、クソガキは聞こえてないと思うんだけどね」

――ケロ「これ明日Yahooニュース大変じゃない?(笑)でも猪木会長のカード全部使ったんでしょ?」
武藤「俺じゃないよ。あれは橋本ですよ」
前田「いくら使ったの?いくら使ったの?(笑)」
武藤「俺使ってないもん。橋本が持ってたんですよ、猪木さんのカード」
前田「それ勝手に使ったの?」
武藤「アイツ、サイン上手いんだよ~。『アントニオ猪木』って、上手いんだよ~」
前田「なんか、ワケ分からん度胸あるな、橋本(笑)」
武藤「俺、当時プエルトリコっていう国で試合してて、橋本と蝶野が来て、橋本がカード持ってて、向こうのプエルトリコの幹部の人達をみんな招いて『奢りだ!』なんつったりして(笑)猪木さんのカードで支払いしてましたよ」

――ケロ「だから会長のお金がなくなっちゃうんですよ」
武藤「それとまたこれは別でしょう(笑)1万円返してもらってないし(笑)俺はもうカメラに向かって猪木さんに伝わるように言いますよ!(生中継のビデオカメラを探して向き直りながら)猪木さん!あの1万円貸して、金利でもう多分200万にはなってますんで(笑)」

――ケロ「猪木さんの話は置いといて(笑)二人はタッグではぶつかったけどシングルではやってないですよね?」
武藤「シングルはやってないです」
前田「タッグだったね。IWGPタッグだっけ?やったよね」

――ケロ「越中さん(越中詩郎)と組んでて、木戸さん(木戸修)とやってたとき?」
前田「武藤と絡んだら必ず顔面蹴ってやろうって(笑)俺がこうやってこうやってバーン!って(立ち上がって蹴るジェスチャー)やったら、『なんで顔面蹴るんだよ』って顔すんの(笑)」
武藤「いや、あの……狙われてる気がしてましたよ……。ただ、ちょっと今のプロレス界と違って、もう少し先走りましたね」
前田「俺のFacebookでつながってるアメリカのプロレスオタクがいて、俺を称えるビデオとか言って編集したの送ってきたんだけど、蹴り倒してるシーンばっかりですよ(笑)『いやー、つくづくコイツとんでもねーやつだな』って驚いた。『よくこんな蹴ったな』って」
武藤「ちょうどそのちょっと先くらいで俺ね、『光る女』って映画出たんですよ」
前田「あれ(オファーが)俺に来たのを坂口征二が横取りして武藤にやったんですよ」
武藤「……俺、こんなの頂きたくなかったですよ」
前田「それで色んな人が『どうだった?どうだった?』って聞いたら、相米慎二って監督がメチャメチャ性格悪くて、武藤とか出演者全員怒鳴り散らされるんだって。それで武藤もブチ切れてて、『ああ、出なくてよかった』って(笑)」

――ケロ「そんなにひどかったの?監督」
武藤「酷かったですよ。大変だったもう。ああいう映画って寝る時間も惜しんでやったりするじゃないですか。大変だったですよ」

――ケロ「映画自体も大変だったもんね。一週間で打ち切りになってね。すぐ映画館から消えたじゃん。客入んないから」
武藤「そこまでやってそうだからね。俺、そのセリフでまだ覚えてんのが『俺の嫁になってくれねえかや』っていうセリフがある。それでそのセリフが悪いって。なにかがいけないんですよ。それで普通に『街で歩いてる女に言ってこい』って。普通に肩叩いて『俺の嫁になってくれねえかや』って……」

――ケロ「それは仕込みじゃなくて?ストーカーじゃない」
武藤「変態でしょ」
前田「言わされんの?」
武藤「言わされるんす。『アイツに言ってこい!』とかって。そんで『俺の嫁になってくれねえかや』『俺の嫁になってくれねえかや』って」
前田「それは演技を磨くためってことで?」
武藤「そうそうそうそう。セリフがおかしいって」

――ケロ「そんなん言わされたら日明兄さんどうします?」
前田「『お前がやれ!』って言う(笑)『お前がやって見せろ!』って(笑)」
武藤「それでもう映画は終わりだよ(笑)一応アレ、4億何千万かかけて、それで終わっちゃうよ」

――ケロ「あれはギャラは良かったんですけ?」
武藤「……んまあ、まあ、まあ、新日本に半分持っていかれましたけどね」

――ケロ「半分持ってかれた?!猪木さんより酷いじゃん」
前田「俺らもその頃テレビとか出てたけど、もらったこと無かったよ、ホントに」
武藤「えっ、昔新日本に入ったときって、新日本の会社からも給料あったけど、テレビ朝日からも給料出てましたよね?」
前田「もらってないよ」
武藤「最初出てたよぉ~(笑)」

――ケロ「俺たち無いよ?!ムトちゃんもらってたの?」
前田「武藤お前、俺達がイギリスから帰ってきて1試合1万5千円にするかどうかで、坂口征二と山本小鉄と揉めたけどな。1万5千円で死ぬかどうかで揉めたんだよ」
武藤「だけど……吉本興業よりいいですよね?(笑)」
前田「今から考えたら、入門したとき練習生で毎月10万円出たんでね、その頃って1977年やん?その頃って大卒の給料が10万円とか12万円とかそんなもんだよ」

――ケロ「いいですよね、道場入って飯ついてて、巡業行ったら食事代も出て、洗濯したら洗濯代ももらって」
前田「あっ、洗濯代はもらってないよ。もらってないもらってない」
武藤「先輩から可愛がられてなかったから(笑)だいたい先輩が小遣い、洗濯代ってくれますよ」
前田「俺、でもお前、GUCCIのブーツもらったよ、猪木さんから」
武藤「それサイズあったんですか?」
前田「いや、特注の。あつらえてもらって。でもそんときGUCCIって意味分かんなくて(笑)日本でまだブランドが流行る前だから、GUCCIのブーツとかエルメスのとかもらったよ。なんとかのシャツとか」
武藤「前田さん、猪木さんの付き人みたいのやってたんですか」
前田「俺が入ってすぐ、佐山さん(佐山サトル)が格闘技大戦争出たんだよ。それで抜けたから欠員が出て『お前やれ』っつって、右も左も分からんと、なんか知らんけど付き人やらされた」

――ケロ「猪木会長の後ろで付いてますよ、昔のDVDとか見ると。日明兄さんがボーッと立ってますから」
前田「でも俺付け人、酷かったよ。白いもんも赤いもんも一緒に洗濯しちゃうからさ、新日本の朱と白のジャージがさ、白い部分がピンクになってんだよ(笑)そんで洗濯物も乾かなくてね、そのまま出してたから」
武藤「昔はコインランドリーなんて無かったっすからね。それこそ旅館のボイラー室とかで乾かしてたからね」

――ケロ「大広間で寝て、ロープ張って干して、乾かないんだよね~」
前田「猪木さんで今でも覚えてるのがね、コンタクトレンズ、ソフトレンズが出たときにね『何やってんですか』って聞いたら『これ、コンタクトレンズ』って。『そんなおっきいお椀みたいなやつ入れるんですか』って言ったら『これソフトレンズっていうねん』って(笑)」
武藤「前田さんのね、暴露話ね、山崎さん(山崎一夫)さんがよく知ってんだよ。いっぱい知ってるよぉ~?(笑)」

(解説席にいた山崎が笑顔で小走りにリングイン)

前田「なんかピーナッツみたいなおっさんが出てきたな(笑)」
山崎「これは前田さんが何言ってるかの解説に呼んだんでしょう?(笑)前田さん、また太ったでしょう」
前田「前回と同じよ、前回と(笑)」
山崎「前回140kgになって『痩せる』って言ってたじゃないですか(笑)」

――ケロ「140ですか?!」
前田「140くらい(笑)」
山崎「こないださ、『ヤバいんだよ、俺140kgになって』って。『これヤバいと思ったからダイエットしようと思う』って言ってたのに今日もっと大きくなってる(笑)」
武藤「暴露話をなんか(笑)」
山崎「暴露話なんて無いですよ。俺さっきから人の悪口ばっかり言ってるでしょう(笑)企業の悪口とか(笑)俺、向こうでね、放送席でね、生放送なんですから『僕らでピーって声入れます?』って(笑)」

――ケロ「あとね、この20分の中で聞きたいことがあったの。これ関係者とかにすごい『聞いてくれ』って言われてて。あの旅館を壊しちゃった事件!」
武藤「あれ語りすぎて飽きた(笑)」

――ケロ「でもアレ語る人によって言ってることが違うのよ」
武藤「でも俺酔っ払ってるから事実分かってないのよ」
前田「でも俺は俺で覚えてるよ。分かんないけど、あのあとに藤原さん(藤原喜明)に『飲み直そう』って連れてかれて、訳わかんなかったけど、それは覚えてるよ」
武藤「でもスッポンポンになったの覚えてます?」
前田「俺が?」
武藤「うん」
前田「スッポンポンなってないよ」

――ケロ「あれはムトちゃんと高田選手がスッポンポンになったんじゃないの?」
前田「それは旅館じゃないんだ、外のスナックなんだよ」
武藤「えぇっ?!俺旅館でスッポンポンで前田さんのアレ(親指と人差し指でナニかを表現しながら)見たもん!」
前田「オイ、オイ、お前それ見てこう(武藤の指)だったってのは記憶違いだぞ。俺はこうやがな(股間から巨大な塔がそびえるようなジェスチャー)」

――ケロ「これ生放送いいの?(笑)でもなんで殴り合ったの?」
前田「なんか酔っ払ってね、分かんないけど」
武藤「ジャンケンしてね」
前田「ジャンケンして、勝ったほうが殴ろうって。俺は言ったんだ、武藤に『何発か殴れ』って」
武藤「それで俺も酔ってるからね、後出しジャンケンばっかりすんの(笑)俺だけ一方的に殴られんの(笑)」

――ケロ「聞いた聞いた(笑)それで高田選手が見かねて、日明兄さんを羽交い締めにして『武藤、殴れ』って」
前田「『前田さん、ズルいですよ!』ってね(笑)それで『武藤、殴れよ!』って言ったら、『いや、僕はいいです』って後ずさりすんだよ。『いいから殴れよ』って言ったら、またどんどん後ずさりすんだよ。『あれ?殴んないのかな?』って思ったら、武藤がピィーっと走ってきてランニングパンチ!幻の右だよ!(笑)」

(武藤と前田の後ろで山崎が照準を合わせる仕草からシャイニング式でぶん殴るジェスチャーをしておどける)

――ケロ「それでは最後に高山選手へエールを送っていただければと思います」
武藤「俺も高山ほどじゃないけど、去年人工関節の手術をしましてですね、ちょい前に復帰して、番宣になるかもしれないですけど、8月30日はMASTERSという試合があって、そこでは俺一生懸命働くんですけど、まあいつかは高山もMASTERSに呼びたいなあ」
前田「高山に前向きな話。何ヶ月か前の文藝春秋読んだら、骨盤から骨髄液を取ってナントカ細胞を培養して、打ったら脊髄損傷と神経損傷が、受傷が早ければ早いほど治りが早くなるって。高山は時間経ってるから何回もやらなきゃいけないけど、やったらいいし、治療費も相当高いから。まあ時間はかかるんだけど、治る見込みがあるんだったら今のうちに高山にやって欲しいことがある。今のうちに。選挙に出て!れいわ新選組から選挙に出て国会議員になる!」
武藤「いいアイデアですね~(笑)」
前田「動けたらアカンねん。動けないほうがいいねんこうやって(寝たきりのジェスチャー)。高山は喋りがまずいフリして、俺が代わりにね、代表質問をする。俺がね、麻生大臣に『なんであなたの名前は英語で発音するとケツの穴になるんですか』って(笑)」
武藤「これ絶対オンエア出来ないじゃないか!(笑)」
(前田の話を遮るように会場にゴングの音がけたたましく打ち鳴らされる)

――ケロ「では最後に観客の皆さんにご挨拶を」
武藤「今日はありがとうございました。前田さん、ありがとうございました!」
前田「ありがとう!」
(二人はしっかりと握手)

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×