【インタビュー】REBELS王者と目指す濱田巧が初参戦の8・18『K.O CLIMAX 2019』でアグレッシブファイトを誓う!「KOを意識して必ず盛り上げます」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 8月18日(日)大田区総合体育館にて開催される『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』で、蓮沼拓矢と対戦する濱田巧のインタビューが行われた。

――格闘技を始めたきっかけを教えて下さい。
「高校 1 年生の 15 歳の時に、テレビで K-1 をやっていてそれを見て自分もやりたいなと。電話したジムがたまたまキックボクシングジムの藤ジムだったので入会しました。後々そこが潰れてしまったのですが、そこでの伝手で良太郎代表と出会い、team AKATSUKI でやらせてもらうようになりました」

――良太郎選手は元不良として有名ですが、濱田選手も元々は不良だったり?
「いえいえ。特になんの取り柄もなく、全然面白味のない普通の子でしたね(笑)。真面目に高校に通って悪さもしてなかったです」

――それまでのスポーツ経験は何かありました?
「サッカーを小学校から高校の部活までやっていました。それと同時に高校からキックボクシングをやってボールを蹴るより人を蹴る方が楽しくなり、サッカーを辞めてキックの世界に来ました」

――KNOCK OUT 初参戦が決まって、心境はいかがですか。
「大きな舞台でテレビ中継もあるので、いろんな人に自分の試合を見てもらいたいという気持ちはあります」

――KNOCK OUT にはどのような印象がありますか。
「有名な選手とか出ていて、友達とかも KNOCK OUT の話をしていて、キックボクシングを知らない人もみんな知ってるのでそういう舞台に出たいなと思っていました。KO が多いイメージがあるので自分も積極的に KO を狙って行きたいと思います」

――対戦する蓮沼選手の印象を教えて下さい。
「強い、うまい印象があります。右のパンチが強いイメージがあるんですけど、相手がどうのこうのより自分が試合でどんな動きが出来るかというのが一番大事だと思います。蓮沼(拓矢)選手とは昨年 6 月に対戦して 2R に KO 負けしていて、あの日から今日までそのことを忘れてないので必ずリベンジしたいと思っています」

――このタイミングでの再戦はベストタイミングでしたか?
「蓮沼選手に負けてから 5 戦して 4 勝 1 分と負けていないのでここで組まれたのもいいタイミングかなと思います。自分の実力が一番出せる時期なので、必ずリベンジしたいと思います」

――その対戦した時からご自身が一番成長したところはありますか?
「よく周りから『身体が大きくなってフィジカルが付いたね』と言われます。自分ではあまりわからないのですが、対戦当時より強くなっていますし、筋肉も付いたと思います」

――今回取材場所が代々木競技場の陸上トラックですが、こちらではどのような練習をされているんですか。
「ランニングのトレーニングです。ここは 400M トラックで、何本か走って持久力トレーニングになります。土居進トレーナーが主催しているスカイライブというグループのラントレのメンバーと一緒にやっていて、メンバーには K-1 の皇治選手、小澤海斗選手、プロボクサーがいます」

――いつからこの練習を?
「もう 1~2 年ぐらい前からやっていて、やはり体力が付きましたね。僕は普段から週に 40~50km ぐらい走っていて、ここでのラントレを含めて月に 200km ぐらい走ります。自分には技術がない分、体力に自信があるのでフルラウンドずっと手数を出していられることでカバーしています。キックボクシングの試合は 5 ラウンドまでしかないですが、例え 10ラウンドでも戦える自信はあります」

――続けていく上ので目標は?
「やっと芽が出てきたところなので、その目を咲かすか枯らすかというのは自分次第。あと何年続けるかわからないのですが、REBELS には去年から参戦してるので、REBELS のチャンピオンになりたいと思ってます。今のチャンピオンの老沼(隆斗)君には 2 回負けてるので、やり返さなないといけないという気持ちはあります」

――ファンにメッセージをお願いします。
「僕は技術とか何もないんですけど、自分がどういうことをしたらお客さんが盛り上がるか、そういうイメージを常に持って戦っています。お互い見合うような展開はつまらないので、KO を意識して必ず盛り上げます」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×