【試合詳細】7・6 HEAT-UP横浜大会 【ユニバーサルタッグ】兼平大介&大谷譲二vs松田慶三&YUJI KITO 【PWL WORLD】TAMURAvs佐山駿介 渡辺宏志&戸井克成vs井土徹也&仲川翔大

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『プロレスリングHEAT-UP7月横浜大会』
日時:2019年7月6日(土)
開始:18:30
会場:神奈川・横浜にぎわい座B2階のげシャーレ
観衆:118名

▼横浜シングルバウトシングルマッチ20分1本勝負
[SMOKEY CRIMINAL]○定アキラ(フリー)
6分47秒 スパインバスター→片エビ固め
●飯塚優

▼HEAT-UP版代理戦争~平成白虎隊vsヤマネコ宅急便~シングルマッチ30分1本勝負
[ヤマネコ宅急便]○バリヤンアッキ
9分29秒 ラ・マヒストラル
[平成白虎隊]●伊東優作(DEP)

▼宏志塾長 Road to 25thタッグマッチ30分1本勝負
○渡辺宏志/戸井克成(フリー)
14分31秒 グラウンド・コブラツイスト→3カウント
●井土徹也/仲川翔大(J-STAGE)

▼PWL WORLD王座選手権試合45分1本勝負
【王者】○TAMURA
13分7秒 トライアングル式足四の字固め
【挑戦者】●佐山駿介(フリー)
※王者TAMURAが初防衛に成功。

▼HEAT-UPユニバーサルタッグ選手権試合60分1本勝負
【王者組/ヤマネコ宅急便】○兼平大介/大谷譲二
25分57秒 ブラックカントリー→片エビ固め
【挑戦者組/IWA熱波軍】●松田慶三(フリー)/YUJI KITO(フリー)
※ヤマネコ宅急便が2度目の防衛に成功。

兼平が新技・ブラックカントリーで大谷とタッグ王座防衛も2AWの吉田綾斗が宣戦布告!PLW世界王座を防衛したTAMURAへ仲川&アッキが挑戦表明!渡辺宏志がタイガー戸口との対戦を発表!

第1試合


飯塚はドロップキックで先制攻撃。その後も腕攻めやキックでアキラに攻める機会を与えない。アキラは立ち上がると打ってこいと余裕の表情、意地になって打撃を打ち込む飯塚だがアキラは倍以上の攻撃でお返し。ニール閃やグルジア投げなど得意技を決めた飯塚だがアキラの牙城は崩せず。強烈なエルボーからスパインバスターでアキラが圧勝。試合後も突っかかっていく飯塚だが返り討ちにあい、アキラはセコンドのTAMURAを挑発。

第2試合


DEPタッグベルトを掲げて入場した優作。ナマステ固めから優作を座らせたアッキは強引に手を合わさせ『ナマステ』を強要。アッキの立体殺法に手を焼く優作だが、閃光魔術やスリーパーで捕獲する。長距離ナマステプレスを膝で防いだ優作は直下式ブレーンバスター、これをカウント2で返したアッキは鬼丸をかわしてマヒストラルを決め逆転勝利。納得いかない優作は試合後村杉レフェリーに掴みかかる場面も。

第3試合


戸井と仲川は久しぶりのHEAT-UP参戦。戸井は自分を年寄り扱いする仲川にロープ擦りでお仕置き。仲川の軽快な、井土の重い打撃でベテランタッグを攻めれば渡辺&戸井は熟練のインサイドワークで対抗。井土のキックをかいくぐった渡辺はワンハンド・バックブリーカー。そこからグラウンド・コブラで井土を丸め込んでフォール勝ち。
試合後マイクを握った渡辺宏志、9月1日に自身のデビュー25周年記念試合が行われるとアピール。対戦相手には渡辺の師匠でもあるタイガー戸口の名が告げられた。

第4試合


挑戦者佐山のドロップキックがヒットし先制。ミドルの打ち合いからTAMURAが膝への低空ドロップキック、ここから足殺しに徹底する。TAMURAは珍しい監獄固めやSTF、ロイヤルストレッチを見せる。レッグラリアットで反撃した佐山、ワキ固めから腕十字、バックドロップ、PKで追い込むがTAMURAはエプロンでのドラゴンスクリュー、膝へのミサイルキックを放つ。粘る佐山だが、アックスボンバーからPK、膝靭帯固めから隠し技のトライアングル式足四の字でTAMURAが勝利、PLW王座初防衛に成功した。

防衛に成功したTAMURAは佐山の健闘を讃えると共に、8月25日カルッツかわさき大会に現ユニバーサル王者マッドドッグ・マックスが来日するのを受け、自身のPLW世界王座とのWタイトルマッチをぶち上げる。そこに仲川翔大がタイトルへの挑戦をアピール、バリヤンアッキも同様のアピールをすると7月15日王子大会にてTAMURA&伊東優作の保持するDEPタッグ王座への挑戦を進言。当日初めて会った仲川&アッキが合意したためタイトルマッチが決定。

第5試合


IWA熱波軍のエスコートガールとしてASHUKAが慶三に紹介される。ヤマネコお届けプレスや大谷のチョップを食らった慶三だが珍しいドラゴンスクリューを兼平に。ここから熱波軍は兼平の足狙い。慶三のテキサス四つ葉固めやKITOの足四の字の前に苦しい表情を見せる兼平。大谷のカットに入った慶三はIWAスペシャルを繰り出し万全の態勢まで持ち込むが兼平はロープへ。兼平はキチンシンクとブレーンバスターで窮地を脱し代わった大谷がエルボーバットと飛びつきRKOで熱波軍を分断。しかしスライディングDを変形ストレッチで切り返したKITO、雪崩式ブレーンバスターから慶三の念仏ブレーンバスターに繋げる。パワーボムをリバースで返した大谷、兼平の慶三へのジョンウーからKITOへのコンプリートショットで再度熱波軍を分断、慶三を捕らえたヤマネコ。だがstrike of the kneeとスライディングDのサンドイッチ攻撃を見切られ同士討ちに。Wの雪崩式ブレーンバスター、合体ネックブリーカーで兼平を追い込む熱波軍、慶三のゴーストバスターが追い打ちをかける。ここは大谷が必死のカット。慶三ロックボトムを踏ん張った兼平、ロープに走るがそこにはKITOが。突っ込む慶三、兼平よけて同士討ちを誘い慶三を孤立させる。

兼平はバックドロップ、大谷とのstrike of the knee+スライディングD、再度strikeとたたみかけるがKITOが必死のカット。ならばと兼平は新技ブラックカントリーで慶三を垂直に突き刺してカウント3。熱戦に終止符を打ったヤマネコ宅急便がV2を達成した。

大谷は熱波軍との再戦をアピール。慶三は疲労困憊ながらも次の挑戦まで少し間を開け、ヤマネコが防衛を重ねた頃にベルトをかっさらうと宣言し去っていく。入れ替わるように2AWの吉田綾斗が現れ、6月30日2AWスクエアで戦った続きをやりたいと兼平に対戦アピール。7月15日王子大会に出場が可能なため、TAMURAに許可を求めるとOKの返事。吉田の緊急参戦と両者の対戦が決定した。

翌7月7日、7月15日王子大会の全対戦カードが発表された。

『プロレスリングHEAT-UP7月王子大会』
日時:2019年7月15日(月・祝) 
開始:19:00
会場:東京・王子BASEMENT MON☆STAR

▼”Let’s Go KAWASAKI”シングルマッチ15分1本勝負
プリンスカワサキ
vs
[IWA熱波軍]YUJI KITO(フリー)

▼”王子の王子達による王子の闘い”タッグマッチ20分1本勝負
井土徹也/たけむら光一(王子キツネ空手軍)
vs
佐山駿介(フリー)/藤原ライオン(フリー)

▼”Road to 25th~塾長の軌跡~”シングルマッチ30分1本勝負
渡辺宏志
vs
[IWA熱波軍]松田慶三(フリー)

▼第4試合 ”HEAT-UP対2AW~川崎対千葉の仁義なき戦い~”6人タッグマッチ45分1本勝負
兼平大介/大谷譲二/飯塚優
vs
吉田綾斗(2AW)/タンク永井(2AW)/花見達也(2AW)

▼第5試合 DEPタッグ選手権試合60分1本勝負
【王者組】TAMURA/伊東優作(DEP)
vs
【挑戦者組】バリヤンアッキ/仲川翔大(J-STAGE)
※第10代王者組平成白虎隊は、初防衛戦。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る
×