【試合詳細】6・16 WAVE神奈川大会 水波綾vs優宇 宮崎有妃&旧姓・広田さくらvs桜花由美&野崎渚 SareeevsHIRO’e

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『CATCH THE WAVE2019~Central~』
日程:2019年6月16日(日)
開始:13:00
会場:神奈川・25“D”スタジオ
観衆:65人

▼shuffle scramble wave 10分1本勝負
○宮崎有妃/野崎渚
6分16秒 外道クラッチ
●旧姓・広田さくら/桜花由美

▼CATCH THE WAVE2019~ヤングブロック~ 10分1本勝負
○梅咲遥(ディアナ)【1勝2敗=2点】
5分54秒 エビ固め
●Maria(Marvelous)【1勝1敗=2点】

▼shuffle scramble wave 10分1本勝負
○宮崎有妃/桜花由美
8分8秒 奇跡
旧姓・広田さくら/●野崎渚

▼エボリューションwave 15分1本勝負
○Sareee(ディアナ)
8分32秒 裏投げ→体固め
●HIRO’e

▼shuffle scramble wave 15分1本勝負
○宮崎有妃/旧姓・広田さくら
7分38秒 直伝デスバレーボム→片エビ固め
●桜花由美/野崎渚

▼CATCH THE WAVE2019~パワーブロック~ 15分1本勝負
○水波綾【2勝1敗=4点】
12分33秒 片エビ固め
●優宇(EVE)1勝1敗1分=3点】
※パワーブロックは水波が1位通過

水波が優宇とのパワー対決を制してCATCH THE WAVEブロック通過!HIRO’eがSareeeに敗北もリーグ制覇&王座戴冠と王座をかけての再戦を宣言!

CATCH THE WAVE得点状況


前説を担当している野中美智子リングアナが大会前の時点でのCATCH THE WAVE得点状況を説明。まずテクニカルブロックは4選手が全員2点で並んでおり、ビジュアルブロックは公式戦3試合を残し、桜花由美、野崎渚、志田光が2点で並ぶ状況。パワーブロックは今大会で公式戦最終カード(水波綾VS優宇)が組まれており、水波が勝てば1位通過。優宇は引き分け以上で1位通過が決まる。また単独開催のヤングブロックは、本日、Maria vs 梅咲遥戦がおこなわれ、Mariaが勝てば、4点のHIRO’eと並ぶこととなる。

 大会に先立ち、選手入場式がおこなわれ、全カードを発表。選手を代表し、梅咲遥が挨拶をおこなった。

梅咲「みなさん、こんばんは! waveさん25“D”(ニコディー)マッチご来場いただき誠にありがとうございます。自分は今日、キャッチの最終戦になります。ここディアナ道場は自分のホームなので、負けることは許されないと思っています。みなさん、自分の初勝利に期待していてください! 最後まで応援よろしくお願いします」

第1試合


wave初の25“D”スタジオ大会は、桜花由美、旧姓・広田さくら、宮崎有妃、野崎渚の4選手がコンビを変えながらタッグマッチで3試合をおこなう“shuffle scramble wave”でスタート! 初戦は宮崎&野崎のKUSO ONNA NIGHTが久々タッグを復活させ、桜花&広田と激突した。

試合前、野崎が現パートナーの桜花に握手を求めると、桜花は張り手で返す。「なんで?」といった表情の野崎。一方の広田と宮崎は睨み合い。複雑な四角関係が露呈する。

ゴングが鳴らされてもまったく動かない広田と宮崎。シビレを切らした野崎がリング内に入ると、桜花も出ていきエルボー合戦を展開する。それでも広田と宮崎はにらみ合いを続け、広田が「時は来たー!」と場外戦を挑んでいく。

暴れ回る広田と宮崎だったが、リングに戻されようやく試合へ。広田が宮崎の足を踏みまくり、フェースクラッシャー。宮崎も同じ技でやり返して、野崎とタッチする。

野崎はブレイジングチョップからビッグブーツ、おしゃれキックで攻勢。広田も野崎のビッグブーツをかわしてボ・ラギノール。高田純次を狙うも、「あっ、時間ないんだ。早くお前やれ」と野崎に譲る。

しぶしぶ野崎が高田純次のムーブに入るも、広田が「このやりたがりがっ!」とかわして合体ドロップキックにつなげる。続いて宮崎がコーナーへ。広田がボ・ラギノールで阻止すると、場外に落ちた宮崎らにトペ・スイシーダを敢行。しかし、お腹がひっかかり未遂に。

宮崎&野崎は合体の雪崩式ブレーンバスターを敢行。宮崎がパワーボムで仕留めにかかるが、広田がウラカンラナに切り返す。ここからエビ固めの応酬。いずれもカウント2。桜花がビッグブーツで飛び込むと、これが広田に誤爆し、すかさず宮崎が外道クラッチでクルリ! 

第2試合


ヤングブロック優勝は、4点で単独首位を走るHIRO’eと、2点で追うMariaの2人に絞られた。Mariaがこの試合に勝てば、HIRO’eに4点で並ぶ。たとえ敗れても、6・30大阪での直接対決が残っており、優勝の可能性は残している。一方の梅咲遥は、リーグ戦は全敗しているものの、ホームリングでシングル初勝利を目指す。

ゴングと同時に梅咲がドロップキック。Mariaが丸め込みで返してエビ固めの応酬に。

梅咲はボディーシザース、弓矢固めで捕獲。リリースとなるとエルボー合戦となる。走る梅咲にMariaがワキ固め。なんとか堪えた梅咲がドロップキックで反撃開始。押さえ込みはカウント2。

再びロープに走る梅咲に、Mariaがドロップキック。さらに連発していく。梅咲も首固めでカウント2。Mariaはその場ドロップキックから再びドロップキック。ロープに走るも、梅咲がカニばさみからのラ・マヒストラルで3カウント! ホームでシングル初勝利を収めた。

第3試合


shuffle scramble wave第2戦は宮崎&桜花のOVER SUNが復活。またもや対角に立つことになった宮崎と広田はにらみ合う。

試合は桜花VS野崎でスタート。だが、ゴングと同時に宮崎と広田は場外に降りてにらみ合いを展開する。

真面目に試合を続ける桜花と野崎。チェンジしようとそれぞれ自コーナーに戻るも、パートナー不在で試合を中断。場外の広田、宮崎にお説教。

しぶしぶリング上で対峙した広田と宮崎は、広田「いつもお前のせいで!」宮崎「いつも後輩に怒られる」と互いに不満を爆発させながら対峙。バンプを取り合ったあと広田がロープ渡りへ。トペ・スイシーダは、この日2度目の失敗。

リングに戻った宮崎はビッグヒップで追撃する。パワーボムを狙うが、広田がウラカンラナに切り返す。フェースクラッシャーにつなげて野崎とチェンジ。

宮崎のエルボー弾と、野崎のビッグブーツが交互に炸裂する。ここから野崎がドルミルを狙うが、宮崎はチンクラッシャーで脱出。すぐさま野崎はビッグブーツ。これをかわした宮崎が恥ずかし固めへ。耐えられると、ハンマー式ボディープレスで追撃する。カウント2。

野崎もヘッドシザースで宮崎をコーナーに叩き付けると串刺しビッグブーツで追い打ち。野崎のブレイジングチョップと広田がボ・ラギノールが、宮崎に決まる。さらに野崎がビッグブーツで飛び込むが、これは桜花がカット。残り3分となり、広田が宮崎を羽交い締め。桜花がビッグブーツで飛び込むが、広田に誤爆してしまう。

このチャンスに宮崎がえびす落としからムーンサルトを狙うが、かわすと広田がボ・ラギノール。野崎が片足ドロップキック。ビッグブーツで反撃に転じるも、いずれもカウント2。もう一発、叩き込もうとしたが、かわした宮崎が奇跡(丸め込み技)で逆転勝利を収めた。

第4試合


現在、WWWD世界シングルと、センダイガールズワールドシングルチャンピオンシップの二冠王者のSareeeにHIRO’eが挑む。

試合はロックアップからSareeeが押し込みブレイク。HIRO’eがドロップキックを放てばSareeeはヘアホイップ。鎌固めで捕獲する。

しのいだHIRO’eも低空ドロップキック、セカンドからのドロップキック、ブレーンバスターで反撃。

Sareeeはカサドーラからのフットスタンプで流れを変える。「どうした、来いよ!」と挑発する。HIRO’eがエルボー弾で向かっていくとエルボー合戦となり、逆にHIRO’eが「来いよ」と挑発。そしてボディーブローを叩き込んだが、Sareeeが低空ドロップキック、フィッシャーマンSHでお仕置き。ミサイルキックはカウント2。

HIRO’eもジャーマンSHを放つとムーンサルトプレスを投下。かわしたSareeeがダイビング・フットスタンプ。2発目のフットスタンプはHIRO’eもかわすが、SareeeがジャーマンSHへ。カウント2。「終わりー!」と叫んだSareeeだったが、HIRO’eがカサドーラ。丸め込みの応酬から、HIRO’eがヒロ・ギョプサルでカウント2。

Sareeeはローリングソバットで流れを変えると、Sareeeスープレックスへ。そこから裏投げを狙うが、堪えたHIRO’eがカサドーラ。そこから走るもSareeeがカウンターの裏投げで勝利を収めた。

試合後、HIRO’eがマイクを握る。

HIRO’e「Sareeeさん、2冠王なんですよね? 私、CATCH THE WAVEヤングブロック全勝優勝して、レジーナ取るんです。これ私のなかで確定してるんです。その時またアナタの前に現れると思うので…ここまで言ったらわかりますよね? えっ、わかりますよね? 待っててください。じゃ!」

第5試合


shuffle scramble wave第3戦は現waveタッグ王者組の奇跡(宮崎&広田)とブラック・ヴィドウ(桜花&野崎)の対戦。

桜花がまずは入場。パートナーの野崎は不在だ。続いて、広田&宮崎が野崎を引き連れ入場。すでに野崎の顔はグリーンミストで染められている。

そのままゴングを迎えて広田がヘ・なストラル。カウント2。犬神家は野崎がビッグブーツで阻止する。

桜花が出ていき、野崎とトレイン攻撃。串刺しビッグブーツにつなげる。野崎もエプロンから放っていき、間髪入れずに桜花がバックドロップへ。カウント2。走る桜花に宮崎がキックで妨害。

これで流れが変わり王者組が波状攻撃。合体シーソー攻撃は迎撃され広田が自滅。ならばと宮崎はブラック・ヴィドウに両腕ラリアットを放って場外へ。広田のトペ・スイシーダを呼び込むと、3試合目にしてようやく成功。広田は「ビックリしてんじゃねーぞ!」と叫んでリングへ。ミサイル弾で追撃し、宮崎と交代する。

宮崎は桜花にえびす落とし。ムーンサルトを狙うが、野崎が妨害。野崎は変形串刺しビッグブーツを叩き込むと、桜花のカカト落とし&野崎のおしゃれキックで競演。すかさず桜花がビッグブーツで飛び込むがカウント2。

一方、奇跡はコーナーtoコーナーのときめきメモリアル。改めて宮崎が桜花の唇を奪うと、外道クラッチへ。これは野崎がカット。すぐにロープに向かった宮崎に桜花がネックハンギングボム。キックアウトした宮崎が奇跡を繰り出すも、野崎がカット。

ブラック・ヴィドウはツープラトンのブレーンバスターを決めると、桜花がコーナーへ。すると広田がときめきメモリアルで阻止。すかさず宮崎がアストロシザースで桜花を投げ捨てると、広田のシャイニング・ウィザードを挟んで、直伝デスバレーボムでジ・エンド。

試合後、宮崎は「桜花、野崎、広田! 私はね、みんなとタッグ組んでるけど、どれも大事に思っています。何番目とかつけないけど、私、浮気女じゃない。浮気してるわけじゃない。浮気してない。みんな大事だから仲良くしよう。怒らないで! ねっ! ありがとう、全部勝ったから。どのタッグも勝った。それぞれ勝ったじゃん!」と微妙な四角関係をフォロー。

広田が「一人で全部、勝ってるじゃん」と呟くも、宮崎は「みんな大事だからさ、勝とうと思って頑張ったんだ、私。ねっ! みんな仲良くしよう、そんなに怒らないで。私、浮気者じゃないから。みんな大事だよ。浮気者が言ってるようなこと言ってるけど、みんな大事なの、本当に。怒らないで。仲良くしよう。ほら握手」と、3選手を言いくるめて退場した。

第6試合


この試合に勝った選手がパワーブロックの1位通過となる大事な一戦。引き分けの場合は、優宇の1位が決定する。

リングコールを受けた水波が奇襲を仕掛けてゴング。ショルダータックルでぶつかりあう。

エルボー合戦から水波がマシンガンチョップ。優宇もやり返していく。水波のギロチンドロップはカウント2。すぐさまヘッドロックで捕獲する。

耐えた優宇はカウンターのサイドバスターで攻守を入れ替えセントーン。手つなぎ逆水平チョップで追い打ち。水波もやり返すと、逆水平チョップ合戦となる。

5分経過。水波のラリアット、ギロチンドロップが決まる。カウント2。肩固めからイチジクへ。優宇がロープに逃れるも、水波はエルボー弾からの串刺しラリアットで追撃。裏投げを狙うが、優宇が堪えて攻守逆転。

優宇は「イテーな、コノヤロー! 水波、終わり!」とキャノンボール。キックアウトされると片羽絞めへ。すぐに脱出した水波がショートレンジラリアット。ロープに走るも優宇が払い腰で切り返す。

ハーフダウン状態の2人にファンは手拍子。ラリアットの相打ちから水波がすぐにもう一発! 跪く優宇にダウンカウントが数えられる。

これを途中で引き起こした水波。ラリアットの相打ちを繰り返したあと、優宇が逆水平チョップ、水波もショートレンジラリアットで応戦する。今度は優宇がカウンターのラリアット、払い腰でカウント2。ラストライドを狙うが、堪える水波。水車落としで脱出するとラリアット!

優宇もラリアットを狙うが、かいくぐった水波がラリアット。カウント2。もう一発ラリアットで飛び込むがこれもカウント2止まり。ならばと水波がダイビング・ギロチンドロップを投下させ、3カウント! 熱戦に終止符を打った。試合後、水波がマイクを握る。

水波「優宇! 優宇、はじめまして私がプロレスリングwaveの水波綾です。今日の闘いはきっと終わりじゃなくて、何かのはじまりだと自分は思います。またリング上でお会いしましょう。ということで、パワーブロック、水波が1位通過したぜー! さああとはテクニカル? ビジュアル? 誰が来るんだ? 誰が来てもいいぜ、いま超ノってるからな。今年の波女はな、水波綾で間違いねーんだ! うーえー、超個人的に今日は5連戦最終日。乗り切ったぜー! ということで、さっき野中さんが前説でさんざんやらないと言っていたコール&レスポンス。そしてビッグwaveは水波が起こすぜ! waveのみなさんの全みなさんのパワーが必要なのでリングに上がってください、お願いします。(wave勢がリングへ)じゃあコール&レスポンスのあとに、アイ・ラブ・アニキで締めたいと思います。それじゃ行くぜ、今日の水波は最高だったか! 今日の水波はカッコよかったか! 今日の水波はメチャクチャかわいかったか! いくぜ、ビッグ・ウエーーーーーブ、よーし、アイ・ラブ・アニキ! ありがとうございましたー!」

<試合後コメント>
——パワーブロック1位通過決定しました。
水波「ありがとうございます! 今回のキャッチは、2009年から間、欠場とかレジーナで出なかったとかいろいろありましたが、結構、出ているほうで。今回はパワーブロックという名のいろんなパワーブロックで、全員違うスタイルのパワー系の選手だったので、逆に苦戦しました。一直線じゃないし、全員が同じ種類ではなかったので。今日の優宇選手とかははじめましてだったので、まああんなガッチリとアタリもメチャクチャ強くし、チョップもメチャクチャ強いし、気持ちも強いし、ああいう選手は今日のパワーブロックの優勝を決める試合で当たれたというのはね、やっぱ凄い自分、超刺激になりましたし、それを越えての優勝ですから。テクニカル、ビジュアル決まってないですけど、いま自分、メッチャ本当にマジで本当に乗ってるので、自分を信じてるんで、今日の試合でまた確信したんで、私が波女になるんだろうなって思いました」

——こないだのアメリカ行きが刺激になった?
水波「見ててどうですか」

——そうですね。
水波「メッチャ刺激になりました。あの興行に出れたことが、一気に私の考え変わったので。そしてあんな何万人の前で試合して、そのプラスのモノが帰ってきてからずっと自分はあるので、もう、あのタイミングでAEWに参戦したのは私の運命だと思ってるので、メッチャ刺激になりました」

——他のブロックで気になる選手は?
水波「彩羽でしょ。上がってくるかはわからないけど、だって、現シングルチャンピオンですもんね。SEAdLINNNGの。そりゃ、気になりますよ。他団体のベルト巻いているし、私だって巻いたことないから。他団体のベルトなんて。だからこそ気になるし、意識しちゃうし、まあ誰が上がってきても自分のファイトスタイルは気持ちで闘うファイトスタイルなので、誰が相手でもそこだけはブレずに勝てると思って、リングに毎回、毎回上がって、気持ち込めて試合してるんで、トンと来いって感じです」

——リーグ戦終わりまで我慢してるものとかは?
水波「してない。もう逆に思ったものをそのまま表現するようになりました。カラダの指先から、足先から目の開け具合から、声の出し方から、表情から一ミリたりもみなさんに伝わってほしいと思って、逆にこのキャッチってめっちゃシングル続くし、明るく、楽しく、激しくよりは、本当にストイックに勝ちを狙うってところなので、逆にそういうものを自分が伝えたいものを、伝えきったうえでのCATCH THE WAVEにしたいとずっと思っていたので、今年は。だから、そういったものをするには、とくにないかな。逆に自由奔放に行こうと思って、やってました」

——今日は負けてしまいましたが、大阪大会勝てばHIRO’e選手に並ぶので可能性は残されています。
Maria「今日は負けちゃったんですけど、でも梅咲さんも自分もみんな2点。で、次、HIRO’e選手、まだシングルで闘ったことが一度もなくて、今日の試合を見てると、圧が凄そうだなと思って。でも、体重でかなわないなら数打ち当たると思って、自分は背面キックとかドロップキックのジャンプ力があると思ってるので、その部分でカバーして勝ちを狙いにいきたいと思っています」

——勝ったら優勝が見えてくるが、レジーナにも挑戦できるが。
Maria「レジーナはまずこのキャッチに出させていただくのが自分は凄く嬉しくて、もし優勝できてレジーナに挑戦できるとしたら、もう勝ち上がってきた人と当たるわけなので、もの凄い人と当たれるから自分も成長できると思う。なので凄く大きなチャンスだと思うので、HIRO’e選手と対戦させていただくときは、自分が勝ってその大事なチャンスを取りに行きたいと思っています」

——最後に大阪大会への意気込みを。
Maria「HIRO’e選手、シングルでははじめて対戦させていただきますが、シングルでははじめてでも、この前のタッグで対戦したときに匠さんとのペアだったので結構、助けられた部分もあったんですけど、勝ったので、今回のシングルでも自分が勝ってレジーナにチャンスを自分が掴みたいと思ってます。絶対勝ちます。応援よろしくお願いします」

関連記事

サイト内検索

日別

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る
×