ウィル・オスプレイが鷹木信悟を破ってBOSJで優勝しドラゴン・リーへの挑戦を宣言!「2匹目の龍を狩りに行く」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 5日、東京都・両国国技館にて新日本プロレス『BEST OF THE SUPER Jr. 26』が行われ、ウィル・オスプレイが3年ぶり2度目のBEST OF THE SUPER Jr.優勝を果たした。

 新日本プロレスの初夏の風物詩となっているBEST OF THE SUPER Jr.(以下BOSJ)は、ジュニアヘビー級のシングル最強の選手を決めるリーグ戦。
 今年のBOSJでは、Bブロックで初参戦の鷹木信悟が9勝0敗の全勝でブロックを制覇する破竹の勢いを見せ、2001年に獣神サンダー・ライガーが、2013年にプリンス・デヴィットが成し遂げた全勝優勝を宣言。初参戦で全勝優勝となれば史上初の快挙ということで注目が集まっていた。
 対するAブロックでは、2016年に優勝経験を持ち、IWGPジュニアヘビー級王座も2度の戴冠歴を持つウィル・オスプレイが勝ち上がり、“ドラゴン・スレイヤー”として“ザ・ドラゴン”鷹木を征伐すると宣言していた。

 試合が始まると、序盤から場外戦も交えた飛び技の応酬となりオスプレイがプランチャやサスケスペシャルを放てば、鷹木も普段は見せないトペ・コンヒーロを見せる息を呑むような展開に。
 オスプレイのスワンダイブ攻撃をコーナー上で止めた鷹木はSTAY DREAMで突き刺し、熨斗紙、パンピングボンバーと畳み掛けデスバレーボムを狙うが、オスプレイは空中で切り返してのスタナーで反撃する離れ業を見せる。さらにシューティンスタープレス、ロビンソンスペシャルからのオスカッターと試合を決めにかかるが、鷹木もMADE IN JAPAN、パンピングボンバーと一歩も引かず立ち向かいラスト・オブ・ザ・ドラゴンを狙っていく が、オスプレイは日本では初公開だというトップロープを踏み台にして高く跳躍しての“スーパー・オスカッター”からストームブレイカーと最後のラッシュをかけ、ついに鷹木を沈めた。

 3年ぶり2度目のBOSJ優勝を果たしたオスプレイは、「リョウゴーク~。素晴らしいよ。シンゴサン、アリガトウゴザイマシタ(日本語で)。棚橋たちが20年ここを守ってきた。その背中を見ていたが、次の世代はここに立っているこの俺だ。俺たちの試合が次の時代を作る。高橋ヒロム、早く帰ってきて戦おう。イングランドと日本をずっと往復してきたが、ワタシハニホンニヒッコシシマス。コレカラヨロシクオネガイシマス(日本語で)。最高の気分にさせてくれる最高のジュニアが揃うこの会社に身も心も捧げよう。BOSJ26!アリガトウゴザイマシタ!」と日本への移住を宣言し、日本語も交えたマイクで大会を締めた。

 試合後、オカダや石井らCHAOSの仲間たちからビールかけでの祝福を受けたオスプレイは「俺はこのトロフィーをすごく気に入ったよ。でもBOSJに勝って、俺はもう一つ欲しいものが出来たよ。それはもちろん、IWGPジュニアヘビー級のベルトだ。ドラゴン・リー、それは君が持っているね。君のことは大好きだけど、君が僕の一番欲しいものを持っているから、俺は君に挑戦しなきゃいけない。“ドラゴン・スレイヤー”の異名の通り、二匹目の龍を狩りに行く」と、6・9大阪城ホール大会で現IWGPジュニアヘビー級王者であるドラゴン・リーへの挑戦を宣言。
 日本への移住について聞かれると、オスプレイは日本の人々や日本文化への愛を語り、「イギリスのことも誇りに思っているし、自分の母国として愛している。でも今、プロレスラーとしてのウィル・オスプレイを必要としてくれているのは、イギリスではなく日本なんだ。新日本プロレスは特に、ケニー・オメガがいなくなり、Cody、ヤングバックス、リコシェ、KUSHIDAとトップどころの選手が沢山いなくなった。ここは俺が一番必要とされている場所だと思う。俺は脳みそは空っぽだけど、心は大きいんだよ。その心を持って、俺の体を使って、新日本に恩返しができる時が来たと思っている」と真剣な眼差しで語った。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×