“元祖アイドルレスラー”井上貴子と“筋肉アイドル”才木玲佳がシングルで激突!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2日、後楽園ホールにて『WRESTLE-1 TOUR 2019 OUTBREAK』が開催され、才木玲佳が井上貴子とシングルマッチで激突した。

 才木玲佳は、今年3月まで応援アイドルグループ『Cheer1(チアワン)』に所属し、慶應義塾大学卒業後にはBLEA女子高等部で国語と日本史の講師をしながら、武藤敬司が設立したプロレス総合学院の一期生として2016年にプロレスラーデビューしたという文武両道の高学歴の持ち主。
 さらに格闘技大会『Krush』のラウンドガールを務めていたが、『第1回K-1チャレンジ全日本大会』で格闘技デビュー。これを卒業すると、DDTプロレス所属の“ヒゲ女装外国人”レディビアードと霊長類最強アイドルユニット『DEADLIFT LOLITA』を結成し、海外での活動も注力的に行っている。
 これまで選手としてはフリーで活動しており、東京女子プロレスでTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座を獲得するなどの活躍を見せていたが、今年2月にWRESTLE-1への入団を表明。
 W-1では女子プロレス界の大御所たちとの試練のシングルマッチを行うことが発表されており、すでに堀田祐美子や井上京子と対戦している。

 序盤は才木が持ち前のパワーで貴子を圧倒。しかし貴子はビッグブーツで流れを引き込むと逆エビ固めで捕らえる。ロープを掴み逃れた才木に貴子はデスティニーハンマーを狙うが、避けた才木がラリアットでなぎ倒すとアルゼンチンで担ぎそのままバックフリップ。フォールを返した貴子が裏拳を2連発で叩き込み才木はダウン。そのまま貴子がフォールし3カウントを奪った。

 貴子は「昭和と平成のレスラーがいる中でジェネレーションギャップがあるんですが、どういう選手かというのを見て臨みました。あの娘は凄いハングリーで強くなりたいとか、巧くなりたいとか向上心に対してもいつもお腹が空いている状態で、そういう娘がなかなかいないので昭和っぽいところがあったりして、試合で彼女の技を受け止めようと、攻防をしてお客様を楽しませようと思える選手でした。かなりいいと思います」と絶賛。

 才木も「過去レジェンドと2戦闘って自分のパワーはまだまだ足りないなと思ったので、パワー以外で闘うことも考えたんですよ。でも才木玲佳って真っ直ぐな奴だと思うんですよ。自分の信念を過去2戦くらいで曲げいいのかって。3戦目は1週回って才木玲佳でいこうと思って今日臨んだんですよ。それでもまだでしたね。だからどうやって強くなるのか? 強い才木玲佳にたどり着くのかを課題にしていかなきゃいけないなと思いました。でも、試合終わったあとに井上貴子さんが『キミいいよ。凄くいい選手だ』と。だから私は『絶対にあなたを倒してやります』と。そうしたら『早いうちに』と言ってくださったので。また一個目標が見つかりました。がんばります」と意欲を燃やした。

 その後、7月2日の後楽園ホールにてKAORUと才木玲佳のシングルマッチが決定した。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る