【試合詳細】5・25 スターダム大阪大会(昼) DEATH山さん。&ジャングル叫女&木村花vs刀羅ナツコ&葉月&花月 渡辺桃&ビー・プレストリーvs鹿島沙希&星輝ありさ スターライト・キッドvsアンドラス宮城

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『STARDOM SHINING STARS 2019』
日程:2019年5月25日(土)
開始:12:00
会場:大阪府・世界館
観衆:203人

▼シングルマッチ 15分1本勝負
[TOKYO CYBER SQUAD]○小波
5分38秒 バズソーキック→片エビ固め
[Queens Quest]●小野崎玲皇

▼シングルマッチ 15分1本勝負
[STARS]●飯田沙耶
7分2秒 飯田橋を切り返してのエビ固め
[大江戸隊]○夏すみれ

▼シングルマッチ 15分1本勝負
[STARS]●スターライト・キッド
8分39秒 ツームストンパイルドライバー→エビ固め
[大江戸隊]○アンドラス宮城

▼クイーンズ・クエスト vs STARS タッグマッチ 20分1本勝負
[Queens Quest]○ビー・プレストリー/渡辺桃
8分28秒 クイーンズ・ランディング
[STARS]星輝ありさ/●鹿島沙希

▼TCS vs 大江戸隊 6人タッグマッチ 30分1本勝負
[TOKYO CYBER SQUAD]木村花/ジャングル叫女/○DEATH山さん。
12分24秒 DEATH-ZOU
[大江戸隊]花月/●葉月/刀羅ナツコ

謎の新星・DEATH山さん。が前哨戦でハイスピード王者の葉月に勝利!赤の王者・ビーが鹿島に快勝!夏が頭脳戦で飯田を翻弄!

第1試合


 初勝利を狙う小野崎と地元凱旋大会を控えた小波とのシングル戦。
ゴングが鳴ると同時に小野崎が突っ込んでいってドロップキック。その後エルボーでの打ち合いを制した小波がショルダータックルからミドルキック。さらに小野崎をロープにくくりつけて背中にドロップキック。続けて小波は小野崎をコーナーに押し付けて顔面を踏みつけていき、串刺しダブルチョップからコーナーに振って串刺しニーリフト。小波は首投げからサッカーボールキックからフォールし、フォールを返した小野崎の腕を取って脇固め。小野崎はなんとかブレイク。
 小波が小野崎を起こそうとすると小野崎は膝立ちのままエルボーで突っ張っていき、両手を広げて「どうしたどうした」と挑発しながらこれを受けきった小波はブレーンバスターを狙うが、エルボーで打ち勝った小野崎がランニングエルボー2連発からランニングバックエルボーで逆転。小野崎は小波をコーナーに振るが、小波が振り返して串刺しエルボーを狙う。これをかわした小野崎は串刺しジャンピングエルボーからフェイスクラッシャー、さらにスライディングバックエルボーからランニングエルボーを狙うが、小波がキャッチして腕十字の体勢へ。これを上からフォールして潰した小野崎は小波のキックアウトに合わせて腕を取り腕十字。小波がブレイクすると低空クロスボディで追撃するが、小波もPK、スライディングPKと反撃していき、組み付いてフィッシャーマンズスープレックスホールド。これを返されるとトライアングルランサーを狙うが、小野崎はスクールボーイ、エビ固めと丸め込みで切り返してロープに走るが、小波はハイキックでカウンターし、たたらを踏む小野崎に組み付いて投げっぱなしジャーマン・スープレックス。小波は小野崎の起き上がり際にバズソーキックで一閃。これでカウント3を奪った。
 

第2試合


 一本気な飯田と多彩な引き出しを持つ夏のシングル戦、飯田が握手を求めると夏は飯田のアゴをつまんで「すげぇ掴みごたえある」とボソリ。
 ゴングが鳴るとロックアップから腕の取り合いとなり、夏がフルネルソンで捕らえ、「参りましたは?参りましたって言え!」と恫喝し、ショルダータックルから顔面を踏みつけていく。夏は飯田をロープに振るが、飯田は低空ドロップキックからドロップキックと続けて夏の体勢を崩してロープに振ろうとするが、夏はニーリフトでカウンターしケンカキック。さらに「参りましたは?!」と凄みながら足でのフルネルソンで飯田を固めていき、転がしてフォールも2。
 ここで夏が飯田のセコンドに付いていた鹿島に向かって「うるせぇなアイツ!このやかましい女どけろ!」といちゃもんをつけ、レフリーへ排除を指示。レフリーが鹿島を止めに行き、鹿島が「いつものやつだよ!いつものやつだよアレ!」と抗議している間に夏がムチを持ち出して飯田を殴打。夏は鹿島にツバを吐きかけてから飯田をコーナー下に座らせブロンコバスターから股間をグリグリと押し付ける屈辱的な攻撃。夏は気合を入れていからコーナーに上るが、飯田が追いすがると「なんでだよ……落とせんのか?お前ブレーンバスターやったことある?普通こういうとき雪崩式ブレーンバスターやるもんだけど、やったことあんの?怪我するよ?陸でもやったことねーやつが雪崩式なんて出来るわけねーだろ。怪我する前にやめよう?怪我するレスラーは二流だけど、怪我させるレスラーは三流なんだよ。三流なんてなりたくねーだろ?一流になりたいだろ?な?まず降りろ」と説得すると、飯田は戸惑いながらもリングに降りる。
 夏は「仕切り直すから離れて、もうちょっと……そこだとぶつかっちゃうから、もう一歩手前。私も降りるからな!私も一緒に降りるからな!……もらった!」とダイビングクロスボディで奇襲。これを読んでいた飯田が回避して自爆させるとドロップキック3連発からボディスラムを狙うが、夏が抵抗するとビンタを入れてからボディスラム。さらに飯田はエルボー速射からロープに走るが、夏が猫騙しでひるませて首固め、飯田のキックアウトに合わせてロープに走りケンカキックからブロックバスターホールド。
 これを返されると夏はさらにケンカキックを放つが、回避した飯田が夏の足を取って引き倒すと「もらった!」と飯田橋でフォールに入るが、夏が下から体勢を入れ替えて上からエビ固めで押しつぶして3カウントを奪った。

第3試合


 仮面アイドルvs魔界の大公爵という異色対決となるこの試合。
 組み合って首の取り合いからアンドラスがグラウンドに持ち込んでネックロック、ハンマーロックと切り替えていき、キッドも反転させてマウントを取り返していくじっくりとしたグラウンド戦でスタートし、ロープに押し込んだアンドラスがクリーンにブレイク。
 再び向き合ってロックアップからバックの取り合いとなり、腕取り合戦からキッドが華麗な腕取り技術を見せて低空ドロップキック。キッドはアンドラスを起こそうとするとアンドラスはナックル連打でキッドをひるませるとヘッドロック、ショルダータックル、低空ドロップキックと素早い連撃。
 アンドラスは「ワーッハッハ!」と高笑いしながら首投げからのスリーパーホールド。キッドがブレイクするとストンピング連打から「どうしたオラ」と挑発。キッドはエルボーで打ち返していくが、アンドラスは「バカヤロー!」とエルボー一撃でキッドをなぎ倒す。アンドラスはキッドを持ち上げながらスクワットする余裕を見せてからボディスラム、さらに連続フォールでキッドの体力を奪っていく。
 なんとかキックアウトしたキッドはドロップキックを狙うが、アンドラスはこれを回避。それでもキッドはコルバタ、「一発食らえ!」とスタンディング・ムーンサルトから串刺しドロップキック。続けて不知火を狙うが、アンドラスがバックドロップでの切り返しを狙う。これを後ろに着地したキッドだったが、アンドラスはスタナーで切り返し、たたらを踏むキッドにブレーンバスターから胴絞めフロントネックロック。苦戦するキッドだったがなんとかロープへ。
 アンドラスはバックドロップから低空ドロップキック。アンドラスはキッドにパイルドライバーを狙うが、キッドが回転エビ固めで切り返し、アンドラスの起き上がり際に飛びついてコルバタの形から入る首固め。
さらに足を4の字に組んで投げる変形フィッシャーマンズスープレックス、ライトニングスパイラルから「終わり!」と叫んでコーナーへ上がると旋回式フロッグスプラッシュを放っていくが、これを回避したアンドラスが組み付いてエビ固め、首固めと丸め込んでいき、ロープに走ってケンカキックを放つ。キッドはこれをかわしてウラカンラナでフォールに入るが、アンドラスはギリギリでキックアウト。 
 追撃を狙うキッドはロープに走るが、アンドラスはレフリーを盾にし、そのままレフリーをキッドにぶつけてしまう。レフリーが倒れている隙にセコンドに付いていた夏がアンドラスに椅子を手渡すと、アンドラスはキッドを椅子で殴打。続けてツームストンパイルドライバーで突き刺し、意識を取り戻したレフリーがカウント3を叩いた。

第4試合


 赤の王者ビーと白の王者星輝が対峙するこの試合、星輝と鹿島が握手を求めるとビーと桃は応じること無く奇襲してゴングが鳴るが、鹿島と星輝はダブルのドロップキックで撃退し、桃に2人でコンビネーションキックからサンドイッチ式低空ドロップキック。鹿島が桃をフォールに入るがこれをキックアウトされると鹿島はロープに走るが、桃がカウンターのドロップキックからボディスラム。ビーにタッチ。
 ビーは鹿島の顔面を踏みつけ、エルボーで反撃していく鹿島に強烈なサッカーボールキック。続けて腕を取ってグラウンドに引き倒し、腕にストンピング。桃にタッチ。
 桃は鹿島をミドルキック連打で倒して逆エビ固めで絞り上げるが、鹿島はなんとかロープへ。桃はストンピング連打で痛めつけロープに振ってエルボーを狙うが、鹿島がコルバタで切り返し、低空ドロップキックで追撃して星輝にタッチ。
 星輝は桃に前後からミドルキックを速射していき、セカンドロープを踏み台にジャンピングダブルニードロップ。さらに桃をコーナーに振って串刺しニーを狙うが、これを回避した桃が逆に串刺し低空ドロップキックで一矢報いてビーにタッチ。
 ビーは星輝を串刺しの一撃をかわすとバックドロップを狙うが、これを回避して走る星輝にバイシクルキック。さらにロープに走ってジャンピングニーを叩き込むが、星輝もジャンピングニーで反撃。その後、2人が同時に放ったジャンピングニーが空中で相打ちとなり、ダブルダウンから両者タッチを目指すが、星輝が先に鹿島にタッチすることに成功。
 鹿島はコーナーに控える桃に一撃入れてからビーにmy emblemを狙うが、ビーがこれを回避すると即座に飛びついてしじみを狙っていく。ビーは鹿島をコーナーに叩きつけてこれを外すが、鹿島はと飛びついてフランケンシュタイナーからロープを背にするビーの顔面に貫通ブートからダブルアームスープレックスホールドも2。
 星輝が桃を抑えている間に鹿島はビーを変形ファルコンアローで叩きつける。これを2で返されると鹿島はロープに走るが、桃が入ってきて鹿島に組み付くとBドライバーで突き刺してアシスト。続けてビーがPKを放ってフォールも星輝がギリギリでカット。ビーは鹿島をノーザンライトスープレックスで叩きつけ、これを返されるとクイーンズ・ランディングを狙っていくが、鹿島は回転エビ固め。これをキックアウトした鹿島をVトリガーで追撃し、満を持してのクイーンズ・ランディングでカウント3を奪った。

第5試合


 夜の部に行われる葉月vsDEATH山さん。のハイスピード選手権の前哨戦でもあるこの試合、DEATH山が「デース!」と気合を入れると花も叫女も「デース!」と共鳴。
 叫女とナツコでゴングが鳴ると、じりじりと手4つの体勢で距離を詰め、グラウンドでの首の取り合いとなり、叫女が下から三角締めを狙っていくがナツコはヒザ十字を狙って足を取りに行くという序盤からスリリングなレスリング戦を展開。叫女がヘッドロックからテイクダウンを奪うとナツコもヘッドシザースで切り返し、互いにセントーンを放っていき、これをお互い回避した2人は距離を取って睨み合ってから両者タッチ。
 DEATH山と葉月のマッチアップとなると、ハイスピードなロープワーク合戦からエビ固めの応酬。これを制したDEATH山がポーズを決めて「デース!」と叫ぶとTCSの面々が入ってきてトレイン攻撃から3人で「DEATH山デース!」とポーズを決めるが、これに怒った大江戸隊の面々がリングになだれ込み全員入り乱れての場外乱闘に発展。
 葉月はDEATH山をリングに戻すと「米山!」と叫んでから低空ドロップキック、顔面ウォッシュと連撃して花月にタッチ。
 花月はDEATH山をロープに振って毒霧を浴びせると、ナツコにタッチ。
 ナツコはDEATH山をボディスラム2連発も、3発目を狙ったところでDEATH山が首固め。葉月も入ってきてDEATH山にダブル攻撃を狙うが、DEATH山は目潰しからのロープを踏み台にしたアームドラッグで2人まとめて投げ飛ばすと叫女にタッチ。
 叫女は因縁のナツコにドロップキックで突撃していくと、花月が加勢。叫女は2人をまとめてブレーンバスターで投げ捨てると花とともに挟撃。叫女はナツコにラリアットを狙うが、ナツコはエルボーで撃ち落とす。怯む叫女だったが、ランニングエルボーでやり返し、ラリアットを狙うがナツコはスピアーでカウンター。両者タッチ。
 花と花月のマッチアップとなると両者足を止めてエルボーでバチバチと打ち合っていくが、花月がソバットでこれを制してロープに走るが、花も追走エルボー。さらに花が走ると花月は飛びつき腕十字に入り、TCSの面々がこれをカットすると花へデスバレーボムを狙う。これもカットされると大江戸隊の面々で花にトレイン攻撃から花月と葉月がミドルキック、ナツコがスピアーと連携攻撃を見舞い、花月がハリケーンドライバーで叩きつけるも花はなんとかキックアウト。花月は花をえびす落としで叩きつけてコーナーに上るが、DEATH山が追いすがって雪崩式にブレーンバスター、叫女と花がダブルのドロップキックから花がブレーンバスターもナツコがギリギリでカット。
 花は花月にスタンド式のスリーパーホールド。ここに葉月がフロントハイキックでカットに入り、叫女がエルボーで撃退。ナツコが叫女にスピアー、DEATH山が葉月にスピンキックと入り乱れ、リング上には花と花月が残される。
 両者は髪を掴み合いながら立ち上がり、互いにフロントハイキックを同時に撃ち合う意地の張り合いからダブルダウン。両者タッチを目指すが花が先にDEATH山にタッチ。
 DEATH山はロープに飛んで素早い動きで花月を翻弄しようとするが、花月もこれに応戦して十字ロープワークで互いの攻撃を交わし合う素早い攻防を展開するも、DEATH山がスピンキックで花月の動きを止めると即座に飛び乗ってDEATH-ZOUで叩きつけ、そのまま固めてカウント3を奪った。

花「いいじゃんいいじゃ~ん!DEATH山さ~ん!皆さん、これがTCSの最終兵器!デースデースDEATH山デ~ス!夜、DEATH山さんがクソ茶髪にハイスピード挑戦するということで、顔面にベルトを投げつけられたんですけど、ここはチャンピオンの風格として、夜はDEATH山さんだけに頑張って欲しいと思ってるので……(花がDEATH山に水を向けるがDEATH山はポーズを決めたまま無言)……OK!DEATH山さん、『夜、めちゃくちゃにクソ茶髪をボッコボコのめっちゃんこにしたいデース!』って言ってるんで、皆さん夜も楽しんでいきましょう!じゃあ、締める?(叫女へ)スタンダップ!(観客へ)……元気ねぇなあ、お通夜かよ。夏バテかな?よし、私達が『みんなちがってみんないい。それが』っていうから、それからみんなで『TOKYO CYBER SQUAD!』で、みんなで右手で『イエッサー!』。分かった?練習する?練習する?練習する?!……OK,練習しなくていいね。みんなちがってみんないい。それが!TOKYO CYBER SQUAD!イエッサー!」

<試合後コメント>

TOKYO CYBER SQUAD
叫女「これが花がね、TCSに最終兵器としてぶっこんだDEATH山さん。です!今日、大阪初上陸ということで、夜ハイピードタイトルがあるので、『キッチリ王者から3カウントを取りましたデース!』って言って……」
全員「デース!!」(全員でDEATH山のポーズを決めながら)
叫女「……今ね、DEATH山さんが話したいことを私が話しました」
花「まあ、このユニットが一番イケてると思うし、勢い勢いって言われてるけど、勢いだけじゃない人もいるんで。……それ言ったら私達が勢いだけみたいになってるけど(笑)
小波「大丈夫?顔。投げられたけど」
花「うん。でもこれも別にDEATH山さんが一億返しでやってくれると思うんで」
DEATH山「デース!」
全員「楽しみデーース!!」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×