“令和のエース”宮原健斗が石川修司の“宮原殺し”を破り三冠ヘビー級王座V4達成!「プロレスはリアルファンタジーだ」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 20日、東京都・後楽園ホールにて全日本プロレス『2019 SUPER POWER SERIES』が行われ、三冠王者・宮原健斗が石川修司の挑戦を退け4度目の防衛に成功した。

 宮原は、先月29日に今年のチャンピオン・カーニバルで三冠王者として優勝するという天龍源一郎が2001年に成して以来18年ぶりの快挙を達成。その後、チャンピオン・カーニバルのリーグ戦に於いて宮原を破っていた石川が「自分は三冠に挑戦する権利あると思ってるんで。俺に5月20日、令和一発目の後楽園、俺に行かせてほしい」と挑戦を表明。
 11日の沖縄大会で前哨戦を制した宮原が「新技“石川殺し”を発明した」と表明し勝利への自信を見せれば、石川も「ホントにあるなら見せて欲しい」と応じるなど両者の熱は高まりを見せていた。

 試合は序盤から激しい場外戦となり、石川が観客席からのダイビングフットスタンプを決め、リングに戻ろうとする宮原にエプロンからダイビングフットスタンプで追撃。さらにキチンシンク、宮原をコーナに吊り下げての腹へのランニングニーなど徹底した腹攻めを展開。宮原が打撃戦を挑んでも石川は正面から受け止め、エプロン上での攻防を制してエプロンにファイアーサンダーと容赦ない攻撃で宮原を圧倒。
 しかし宮原も王者の意地を見せ、石川のラリアットをかわしてのブラックアウトなどコツコツとダメージを蓄積し、ジャーマン・スープレックス。石川は宮原殺し2019を狙うが、ここで宮原が新技・石川殺しでカウンター。石川も宮原殺し、宮原殺し2019、カミゴェ、ランニングニーと技を出し尽くし、奥の手のジャイアントスラムを狙うが、これを切り返した宮原がブラックアウトを3連発からのシャットダウン・スープレックス・ホールドで叩きつけ、受けの美学を見せた宮原の貫禄の王座防衛となった。

 試合後、宮原はマイクを取り、「V4!達成!今日は石川修司を退けたぞ!新時代が現れ、上の世代からの追い込みがすごい!その間に挟まれた宮原健斗時代、主役も脇役も俺だけだ!チャンピオン・カーニバルを三冠ヘビー級チャンピオンとして18年ぶりに制覇したのも、遠い昔の過去の話だ!俺はすでに過去に執着せず、未来を恐れず、今を生きてんだ!今を生きた結果がこれだ!」とベルトを掲げて見せる。
 ここで突如マイクのスイッチが入らなくなるというトラブルに見舞われるが、宮原はうろたえずにマイクを放り捨てると地声で「全日本プロレス、最高ですかーッ!」とファンに語りかけ、最後は「後楽園ホール、最高ッ!」と大会を締めた。

 バックステージに戻った宮原は、石川戦のダメージが大きく試合後のリング上では意識が朦朧としていたことを明かしつつ「あそこで帰るのはその他大勢のレスラーで、あそこからもう一盛り上げするのがこの俺のプロレスラーとしての意地だから」と矜持を語る。
 そして、最後にマイクを持たずに大会を締めたことについて聞かれると「俺がプロレスの中で大事にしてることは、『プロレスはリアルだ』ってことだ。俺はいつもならマイクで締めたいところを、スイッチが切れた。なぜスイッチが切れたのか、それは俺にもわからない。切れてるマイクが目の前にある。それを俺はどうするかってプロレスの神様に言われてる気がした。『お前の全力見せてくれよ』って。ただ、マイクを使わないことが全力とは限らない。ただ、俺の嗅覚が今日はそう感じたから、地声で喋らせてもらった。プロレスはリアルファンタジーだ。今日思ったんだ。リアルなんだ」と迫真の表情で語り、会場を後にした。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る
×