“筋肉アイドル”才木玲佳が井上京子との筋肉勝負に完敗!「京子さんは私なんかが戦っちゃいけない高い壁」

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 3日、東京都・後楽園ホールにて行われた『WRESTLE-1 TOUR 2019 TRIUMPH』で、“筋肉アイドル”才木玲佳と井上京子がシングルマッチで激突した。

 才木玲佳は、今年3月まで応援アイドルグループ『Cheer1(チアワン)』に所属し、慶應義塾大学卒業後にはBLEA女子高等部で国語と日本史の講師をしながら、武藤敬司が設立したプロレス総合学院の一期生として2016年にプロレスラーデビューしたという文武両道の高学歴の持ち主。
 さらに格闘技大会『Krush』のラウンドガールを務めていたが、『第1回K-1チャレンジ全日本大会』で格闘技デビュー。これを卒業すると、DDTプロレス所属の“ヒゲ女装外国人”レディビアードと霊長類最強アイドルユニット『DEADLIFT LOLITA』を結成し、海外での活動も注力的に行っている。
 これまで選手としてはフリーで活動しており、東京女子プロレスでTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座を獲得するなどの活躍を見せていたが、今年2月にWRESTLE-1への入団を表明。
 才木は、女子プロレス界の大御所たちとの試練のシングルマッチを行うことが発表されており、先月は“暴走RIZINファイター”堀田祐美子と対戦。完敗を喫したものの堀田は「次に当たったときには手強いかなと感じます」と才木を評価していた。

 この日は、試練の2戦目としてディアナの井上京子が立ちはだかった。
 才木は京子を相手に真っ向からパワー勝負を挑むものの、京子は才木のタックルや打撃を正面から受け止め、逆に一発で吹き飛ばす余裕を見せる。そして反撃に転じた京子はロメロ・スペシャル、ファイヤーマンズキャリーと畳み掛けていき、ミサイルキックで一矢報いた才木は得意のアルゼンチン・バックブリーカーを狙うが、消耗が激しく上げることが叶わず。
 その後、京子は容赦なく雪崩式ブレーンバスター、ラリアット、ナイアガラ・ドライバーと猛攻をかけ、そのままカウント3を奪った。

 試合後、京子は倒れ伏す才木に歩み寄ると手を差し伸べて才木を助け起こす。才木はその手を両手でしっかりと握り返し深々と頭を下げた。

 バックステージに戻った才木は、うなだれながら「前回の堀田さんに続いて、ホントに今回も悔しいです!結局持ち上げることが出来ませんでした。井上京子さん、ヤバいっすね……もうホントに高すぎる壁でした。まだまだ私なんかが戦っちゃいけない。自分はホントにもっともっとレベルアップしていかないと、女子プロ業界で活躍してきた人たちと戦えないなと。ホントに叩き込まれました。悔しいです……!」と絞り出すように語り、肩を落として会場を後にした。

 尚、才木は来月の後楽園ホール大会では井上貴子と対戦することが発表されており、これからも試練は続いていくことになりそうだ。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る