鷹木信悟&BUSHIがジュニアタッグ王座に挑戦するROPPONGI 3KをKO!「私服でも俺たちのほうが強い」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 21日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『NEW JAPAN ROAD ~飯塚高史引退記念大会~』が行われた。

 この日の第4試合では、“ROPPONGI 3K”SHO&YOHvsエル・デスペラード&金丸義信の試合が行われた。
 両組は以前よりジュニアタッグ戦線で幾度もぶつかり合っていたが、今年の1・4東京ドーム大会で鷹木信悟&BUSHI組も交えて行われた3WAYでのジュニアタッグ王座戦で、挑戦者組の鷹木が同じく挑戦者組のSHOからフォールを奪って王座が移動したことに対し、自らが負けていないにもかかわらず王座から陥落したデスペラードと金丸は怒りを顕にしていた。
 そして、今月11日の大阪大会では試合後の鷹木&BUSHIを3Kが襲撃し挑戦を表明。王座挑戦に向け、この日の前王者組との闘いは3Kにとって負けられないものであった。

 試合は、鈴木軍の2人の連携に3Kが苦戦するものの、ダーティファイトへの対応を身に着けた3Kが逆に切り返す場面も見られる白熱した展開に。
 よりパワーに自信をつけたSHOがラリアットを武器に畳み掛けていくが、デスペラードと金丸は合体サイドバスターから金丸がディープインパクト、ムーンサルトプレスと勝負を決めに行く。しかしこれを回避したSHOは金丸に投げっぱなしジャーマン、YOHはデスペラードとの打撃合戦を制して場外に落とすとプランチャで追撃し分断に成功。
 最後は金丸のウイスキー噴射を避けたSHOがラリアットからパワーボム、続けてYOHとの合体技・3Kで金丸を沈めた。

 試合後、勝ち名乗りを上げるSHO&YOHの元へ現王者組の鷹木&BUSHIが登場。YOHが「おいおい、誰かと思えばBUSHI鷹木じゃねーか。でも、うっすらね、うっすら、来ると思ってた。これはね、俺らとしても好都合なんだよ。大田区待たなくても、今すぐタイトルやってやってもいいんだぜ!」と挑発するとリング上で4人入り乱れた乱闘となり、鷹木がパンピングボンバーでYOHを場外に落とし、BUSHIとともにリベリオンを叩き込みKO。
 鷹木は「おい3K!どうやら、私服でも俺たちがつえーみたいだな。俺たちが何しに来たかって、それもちろん、お前らわざわざ大阪まで来てくれたよな?わざわざ俺たちが近所から後楽園に来てやったんだよ!」と勝ち誇り、BUSHIも「おい田中小松、お前らにいい風吹くわけねーだろうが!こんどのな、大田区で、お前ら、返り討ちにしてやるよ。エンセリオ!マ、ジ、デ!」とSHO、YOHの本名を呼んで挑発した。

 バックステージに戻ったYOHはうなだれるSHOを介抱しながら「いい風吹かないって?吹かないんだったら起こせば良いんだよ。俺らはさ、新日本の生え抜きだから不甲斐ないよ。実際不甲斐ないよ。でもさ、自分らから風起こしていかないと。大田区ではね、きっと俺たちの夢が叶う、いい風が吹くから」と言い残し会場を後に。

 一方、破れたデスペラードは「勢いってのはすげぇもんだな。ああ?あんだけの大観衆の前で啖呵切って強くなったと思っちゃった?試合もやらねぇで。お前らはよ、金曜ロードショーでジャッキー・チェンやってたらそんな中学生いっぱいいるんだよ。強くなっただけだ、気持ちだけな!お前らの中でよ」と吐き捨て、控室へと消えていった。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×