師匠・川田利明と対峙したタイチが「まだプロレスやってるなら俺が相手になってやる」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 19日、東京都・両国国技館にて『ジャイアント馬場没後20年追善興行~王者の魂~アブドーラ・ザ・ブッチャー引退記念~さらば呪術師~』が行われた。

 この日の第4試合では、渕正信&藤原喜明&青柳優馬vsタイチ&金丸義信&TAKAみちのくの試合が行われ、タイチら鈴木軍が藤原を集中攻撃し、マイクスタンドなどの反則攻撃で痛めつけていく。
 これをボディブローで脱出した藤原に続き、若手の青柳が各種エルボーで鈴木軍を蹴散らしていくが、金丸のダーティかつテクニカルな動きに捕まり、タイチも追撃に天翔十字鳳を狙うが、青柳はジャンピングニーで一矢報いて藤原に繋ぐ。
 藤原は一本頭突きで鈴木軍をなぎ倒し、渕に繋ぐと全日本プロレス時代に苦汁をなめさせられた恨みがあるというタイチが突っ込んでいく。これにTAKAと金丸がドロップキックで加勢するが、渕はタイチのパワーボムを切り返して伝家の宝刀・首固めを連発。しかし、これを返したタイチが急所蹴りから“掟破り”の首固めで3カウントを奪った。
 試合後、タイチは放送席で解説していた師匠・川田利明のもとに歩み寄り「まだプロレスやってるなら俺が相手になってやる」と挑発したが、川田は明確な回答を避けた。

 バックステージに戻ったタイチは「あのクソジジイ。まだやってたんだな。俺がデビューしてからあいつとシングルやって50連敗してんだよ。その恨みがまだたまってるんだよ、ジジイ。まだ辞めんなよ、食らわし足りねぇ」と渕への愛溢れる憎まれ口を叩く。
 さらにタイチは「なんなんだよこの興行はよ。本当にこのメンバーはジャイアント馬場の名の下に集まったメンバーなのかよふざけやがって、こんなヤツらの中に入れられてふざけんなよ。馬場に関係ない4人でメインやってそれで果たして喜ぶかね。俺には声が聞こえるよ。『こんなんじゃダメだ』って言ってるよ。こんなクソ大会でも出てやったのは、俺が入ったのは馬場元子の時だよ。馬場元子の全日本に入ったんだよ。馬場元子にはまぁまぁ可愛がってもらったよ。たっくさんのパワハラを受けて、かわいがってもらいましたよ。さんざん邪険に扱われて。だからあの悔しい思いがあったから、今ここに俺がいるんだよ。馬場元子に感謝してるから。今日はそのお礼のつもりだ。だけどもうこんな……もうこれで俺も絡む事ないんじゃない。勝手にやってろ、バ~カ。じゃあな」と吐き捨て去っていった。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×