【インタビュー】日本初の“ジェンダーレスレスラー”朱崇花の恋愛事情に直撃!「草食系男子は何の役にも立たない」【後編】

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2月某日の都内にて、17日のDDT両国国技館大会でアイアンマンヘビーメタル級王座戦を行う予定の朱崇花にインタビューを行った。

 朱崇花は、性自認と身体のギャップを抱えながら幼い頃から“女子プロレスラー”になることを目指してきた選手。カミングアウトをしてからもその夢を捨てきれず、憧れの浜田文子が所属していたWAVEに入団して16歳でデビュー。その後は卓越した身体能力とセンスを武器に頭角を現し、団体の至宝であるRegina di WAVE(WAVE認定シングル王座)を戴冠した他、VOODOO-MURDERSに加入するなどその活躍の幅を広げている。
 今年よりフリーとなり、DDTプロレスレギュラー参戦が発表。先月27日にはアイアンマンヘビーメタル級王座を戴冠し、現時点(2月13日)では今月17日のDDT両国国技館大会では王者として登場し防衛戦を行うことが予定されており、その模様はAbemaTVでも生放送がされる。

 今後も各団体での飛躍が予想される日本初の“ジェンダーレスプロレスラー”である朱崇花に、前編ではプロレスラーになった成り立ちを聞いたが、後編では今後に関して仕事からプライベートに至るまで直撃した。

【インタビュー】日本初の“ジェンダーレスレスラー”朱崇花はなぜ生まれたのか【前編】

――朱崇花選手がアイアンマン王座を戴冠した際にはダンス対決を行ったように、このベルトは他のベルトとは大分毛色が違うものだと思いますが印象は
「そうなんですよ。お客さんからも『貴女はアイアンマンレベルの人間じゃないからね!』とか言っていただいて、最初どういうことなのか分からなくて調べたら、1300……何代目?ていう(笑)歴代王者にこたつとかいて『はぁ?』って(笑)けど、ベルトには変わりないと思うし、ちょっと廃れてるけど、キラキラは一応してるし、コレクションの一つとしてはまあいいなかと(笑)これをきっかけにDDTの色んなベルトを狙っていきたいなと思います」

――このベルトの防衛戦となると、コミカルな試合を続けることになるかも知れません
「そうですねぇ……動揺はあったんですけど、楽しいので。割と今までは女子プロレスラーとしてガチな試合がメインだったので、コミカル色の強いプロレスっていうのがフリーになって出来るっていうのは楽しいですね」

――現時点では王者として両国国技館のリングに上がる予定ですが、それについての想いは
「一度、去年のDDTさんで大畠美咲さんと大石(真翔)さんがタッグを組まれたときにセコンドに付かせていただいたんでけど、もうすごくセコンドに付いている自分が悔しくて……。呼ばれない、このリングに上がれない、この花道を歩けない自分がすごい嫌だなって思ってたんですけど、年が明けてチャンピオンとしてあの花道を歩いてリングで戦えるんだって思うと、想像するだけで今から眠れない感じですし、あの花道に似合うガウンとかで登場したいなとか思ってて。メチャクチャ楽しみですね」

――そのためには両国までは王座を維持しなければなりませんね
「絶対!絶対落とさないです!何が起ころうと!(笑)両国までに結構試合があるんですよ。5連戦とかもありますし、金網デスマッチとかもありますし。色んな団体で色んな人と闘うので、気が抜けないなと思います。家族さえも怖いです(笑)」

――以前はペットの猫に取られたケースも有りました
「ホントに油断出来ないですね(笑)」

――DDTの女子選手では赤井沙希選手がいますが、赤井選手も美意識が強い方です。赤井選手に意識することは
「特にそんなに……なんて言うんだろ。こだわりを持って見てるとかはないんですけど、やっぱり身長も高いし、お顔もキレイだし、ちょっと朱崇花と被ってる部分もあるので。きっとさっき言っていた『男女問わずぶっ潰したい』という発言の中に入っている人なのかなと思います」

――ちなみに、DDTグループには東京女子プロレスがありますが、そちらに興味は
「東京女子のカミーユ(上福ゆき)とは結構お酒飲んだりする仲で、パリピ仲間ではあるんですけど、他の人は全く名前も知らないっていう感じなので、上がって肌を合わせてみたいなと。でも朱崇花のレベルについて来れるのかなというのがあるので、現時点でそんなに興味はないですけど、機会があれば上がってみたいなと」

――上福さんとはいつ頃から仲が良いのでしょう
「ホントに近々で……去年の下半期から(笑)」

――いつか上福選手とタッグを組みたいですか?
「是非!組みたい!身長もきっと同じくらいだし……細さはだいぶ違いますけど、きっと絵になるなと思います。でもそんなにキャリアも離れてないし、ドロップキックが高いっていうのをなにかで見たことがあって、きっと磨けば凄い選手になると思うので、いずれは組んでみたいと思います」

――赤井沙希選手はモデルの仕事もやっていますが、朱崇花選手もモデルの仕事に興味はありますか
「したいです!是非!夢はパリコレですから!(笑)それこそレスリングを辞めたときもモデル会社受けたんですよ数社。受かったところもあったんですけど、何の知識もなく、ドロドロしたイメージしか無かったのでやっぱ止めて(笑)冨永愛に似てる時期があって、一時期。おこがましいんですけど(笑)それを真に受けてしまって、身長も伸びていたので、『ホントにパリコレ行けるんじゃないか』と思ったんですけど、体型がすごくなってきたので、最近は諦めていたんですけど、是非お話があれば!」

――ファッションブランドの好みは
「マセた子供だったので、中学生で『Numero TOKYO』とかそういうのを見ていたので、『Seventeen』とかよりは大人の女性が出てるような感じの雑誌とかを立ち読みしたり買ったりしてました。(モデルを)やるならどういう系なのかなって妄想すると止まらなくなって、両立っていうのが中々出来ない人間なので、『モデルやりたいな』ってなったらプロレスやめようっなってしまう人間なので、中々、こう……」

――ガールズコレクションとかガールズアワードだと元の職業がある方がランウェイを歩いたりしていますね
「是非ともそういうのに出ていきたいなと思うんですけど、中々バズらないので(笑)若い人にはやっぱり見られないかなと思うんですけど、どうしても年齢層が上の方が多いと思うので、どうにかバズらないかなと思ってるんですけど……そういうのは木村花が得意なので、なんとか便乗できないかなと(笑)」

――タッグパートナーでもある木村花さんの名前が出ましたが、公私共に仲がよい?
「木村花は業界では一番。友達がこの通り少なくて、気が強いと言うか、めんどくさいので(笑)木村花はキャリアは1個下なんですけど、年齢が1個上で。あの子もあの通りなんで、お母様譲りの……結構ファイトもなんですけど、性格も強気って言うか、気が強い感じの子で。ただ顔が可愛いので許されるよねっていう(笑)結構気の強そうな女の子が好きで」

――ちなみに、朱崇花選手のファンが気になっていることだと思うのですが、男性の好みを教えてください。強い男性が好みでしょうか?守ってあげたい男性が好みでしょうか?
「強さで言ったら……はぁ、すごい悩む。あと3時間くらい悩みたいです(笑)最近はやっぱり強い人が好きです。ガチ、ガチです(笑)」

――“強い”というのは自分より強いが基準?社会的に強いが基準?
「いままでは弱いキャラや草食系男子に惹かれていたんですけど、『何の役にも立たないな』っていうのに気がついて(笑)自分自身では可愛いと思ってるんですけど、段々それがイライラに変わってきて『なんでそれが出来ないの?!』みたいのを繰り返しているうちに、強いって言うよりは余裕があるとか、もちろん朱崇花よりも強いっていうのは大前提じゃなくちゃいけないとは思うんですけど、中々いないなって思ってて。ちょっと今はメンズ募集です。同い年とか全く興味ないです。上じゃないと。きっと話とか何もかもが合わないと思います」

――性格的に言うと、常に気にかけてほしいタイプですか?それとも適度に放っておいて欲しいタイプですか?
「すごくめんどくさいんですけど、優しくされないとすごく嫌で、優しくされ過ぎると『うぜーな』ってなってくるし、ほっとかれちゃうと『好きじゃないの?』ってなっちゃうし。それでいて『朱崇花朱崇花』って感じでってなると別れたいって思うし、白黒がハッキリしないのが嫌で、程よくっていうのが出来ないので、色々と迷惑をかけているなと(笑)まあ、サバサバ系だと思います」

――外見の好みは芸能人で言うと誰でしょう
「今までは藤木直人さんとかが揺るぎなく一位だったんですけど、最近だと、『ドロ刑』とか出てた、中村倫也さんが好きですね。ちょい前まではソース顔が好きだったんですけど、最近は塩が好きだなって」

――ベルトを獲られたときも『隙が多い』という言葉がありましたが、そうしたところも隙がある?
「隙だらけですね。すぐ人を信用してしまうところがあって。『好きだよ』とかって言われたらすべてを見せてしまうところがあって、ちょっと危険なところがあるので(笑)最近はそういうことも多くないので、少し安心はしてるんですけど、油断は出来ないなと」

――王者になる前の方が色々な男性から言い寄られました?
「言い寄られると言うより、自分から行ってました。言い寄られるものもあったはあったんですけど、どちらかと言うと気になった人には自分から行ってしまって、両思いになったら一気に気が緩んで『結局君僕のこと好きじゃないよね』っていう風に言われてしまったり。片思いになるとガッと行けるんですけど、いざ両思いになると(恥ずかしくて)『キャッ!』となっちゃう感じで(笑)乙女なのかすごい男っぽいのか分からなくて」

――これを聞いて良いものかとも思うのですが、最近、レスリングの吉田沙保里選手の引退会見で唐突に朱崇花選手の名前が挙がって大きな話題を呼びました。これについて朱崇花選手はどうお考えでしょうか
「私、いやらしい人間なので『おいしいな』としか思わなかったんですけど(笑)ただ、吉田沙保里さん的にNOですし、『あの場で言うのは無いな』ってもちろん思うんですけど、やっぱりあの場で名前を出されたことによって、そのときにトレンド入りみたいのもしましたし、写真とかは無いにしろ『朱崇花』っていう名前も広まったと思うので、いいきっかけだったと思うんですけど……あのレポーターの方も全く面識も無くて、『あなた誰?』って感じですし、何をもってあの場で言ったんだろうなっていう。Twitterにも書いたんですけど、日本中がキョトンとしてる中で私が一番キョトンだったので、服のフィッティングをしてる最中に携帯がメチャクチャ鳴ってなんだなんだって見たら、会見で名前が挙がったって。『私なにやらかしたっけ?!』って思って(笑)……とりあえず“キョトン”でしたね。なんなんですかね。その方のことも調べたんですけど、まあ、もう何も言う気になれないですね。世間に名前が広まったので良かったかなってくらいですね」

――LGBT問題に巻き込まれたというか、この問題の旗印にされたことについてはどう思われますか?
「すっごい嫌ですね。やっぱりどうしても、デビュー当時は“性同一性障害レスラー”みたいな感じだったんですけど『障害』って言われるのが気に食わないし、“LGBT”っていう括りの中に収まるのもすごく嫌だし、“トランスジェンダー”っていうのも嫌だし。よく聞かれるんですけど、『LGBT問題についてどう思いますか』っていうのも仕方ないとは言え、すっごく嫌で。自分がそのジャンルに当てはまる人間じゃないと思ってるし、身体をどうこうしたいっていうのはないんですよ。ただ、胸はありたいなって思うし、戸籍もそのままでいいなって思いますけど女子に見えるようになりたいっていうのはあるんですけど……。人それぞれじゃないですか。男性として男性を愛する人もいれば、身体も変えて男性を愛する人もいるじゃないですか。人それぞれなので、枠に当てはめるのがすごく嫌いで、性別ではない、“ジェンダーレス”っていうのを一つの性別にして、唯一のものになれればいいなと思うので、LGBT問題はすごく大嫌いです。“男、女、朱崇花”って性別作りたいっていう気持ちですね。色々思うことはあれど、中々世間に伝わらず……。10何人に1人いる世の中なのになんでこんなに浸透しないんだろうって思うし。でも、仕方ないなと思う部分はあるので、敢えて自分からは『こう思う』っていうのは言わないようにしてて。それを言ってしまうと、何を言っても風潮的にそういう風になってしまうので、話すだけ無駄なのかなって、そういう感じになってしまいましたね」

――既存の考え方には収まらない、朱崇花選手だけの想いがあると
「皆さんに一番知って欲しいのは、『キャラではないんだよ』っていうことで。でも『女子レスラーか』と言われたら肉体的にも体力的にも違う部分はあるし、かと言って男性って言われたら気に食わないし、仕草としては女性らしいものを魅せるようにしているので、ホントに朱崇花っていうものを、おこがましいんですけど見ていただけたらと思います。“オカマ”っていう言い方も大嫌いです」

――ハンドボールでは男性から性転換した女子選手が世界選手権に出ることが決まったり、オリンピックも性に関する考え方が変わってきたりと、世界はそちら側に向かっていると思います
「向かってる……んですかね?(笑)なかなか難しいですね」

――ありがとうございました。最後に、両国国技館ではこのまま何事もなければ王者としての朱崇花選手を沢山の人が目にすることになります。ファンにはどういう部分に注目してほしいですか?
「とりあえず、強くって、美しくて、華麗な朱崇花を見せたいと思っているので、それを感じていただけたらなと思います。今回は王者としての意識はしているので、きっとオーラみたいなものも出るかなと思いますし、朱崇花は孤高の存在じゃなくちゃいけないなって思うので、両国もこのベルトと一緒に防衛して、さらにキラキラした輝いてる朱崇花を見ていただきたいと思います!」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×