【試合結果】1・5 WRESTLE-1後楽園ホール大会 【W-1王座】芦野祥太郎vsT-Hawk カズ・ハヤシ&黒潮“イケメン”二郎&アンディ・ウー&トンドコロ隼vs吉岡世起&CIMA&エル・リンダマン&トアン・イーナン

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『WRESTLE-1 TOUR 2019 SUNRISE』
日程:2019年1月5日(土)
開始:11:30
会場:東京都・後楽園ホール
観衆:1224人(満員)

▼シングルマッチ 30分1本勝負
●本田竜輝
5分28秒 垂直落下式フィッシャーマンズバスター→片エビ固め
○土方隆司(フリー)

▼タッグマッチ 30分1本勝負
○一/三富政行(フリー)
9分6秒 クチナシ→片エビ固め
●馬場拓海/仲川翔大(ASUKA PROJECT)

▼新春SP シャッフル10人タッグマッチ 30分1本勝負
河野真幸/稲葉大樹/佐藤嗣崇/児玉裕輔/●羆嵐
11分42秒 佐藤のラリアット→前方回転エビ固め
近藤修司/征矢学/○アレハンドロ/新井健一郎(DRAGON GATE)/MAZADA(東京愚連隊)

▼スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
●ペガソ・イルミナル
15分15秒 バズソーキック→片エビ固め
○TAJIRI(フリー)

▼「WRESTLE-1 vs #STRONGHEARTS対抗戦」8人タッグマッチ 30分1本勝負
カズ・ハヤシ/●黒潮“イケメン”二郎/アンディ・ウー/トンドコロ隼
16分38秒 メテオラ→片エビ固め
[#STRONGHEARTS]吉岡世起/○CIMA(OWE)/エル・リンダマン(OWE)/トアン・イーナン(OWE)

▼メインイベント WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【第13代王者】●芦野祥太郎
22分11秒 ケルベロス→片エビ固め
【挑戦者】○T-Hawk(OWE)
※第13代王者・芦野祥太郎が3度目の防衛に失敗。T-Hawkが第14代王者となる。

T-Hawkが芦野を破りWRESTLE-1王座戴冠!イケメンはCIMAにリベンジならず完敗!CIMAと近藤修司がついに全面対抗戦での激突が決定!山村武寛が2月大会に参戦!

オープニング


 試合開始前、Cheer♡1がステージ上でパフォーマンス。

 そして、所属選手たちがリングに上がり、武藤敬司&カズ・ハヤシが新年の挨拶。そして観客席に向けサインボール投げが行われた。

第1試合


今日も果敢に攻める本田だが、のっけから土方のショルダータックルでふっ飛ばされる。さらにボディスラムで叩きつけられ、強烈なキックで蹴り飛ばされる。それにもめげずに攻め込んだ本田はエルボーアタック。ようやく土方に一矢報いた。

 続けて本田はバックドロップ。さらにジャーマンの体勢に入る。一度は阻止されたが、土方の蹴りをかわしてバックを奪い見事に決めてみせた。だが、続くブレーンバスターは脇固めに切り返され、さらに腕ひしぎに移行されてしまう。

 なんとかロープブレイクするが待っているのは土方の蹴りの嵐。必死に耐えるが、倒れたところに低空のフロントキックを顔面に被弾してしまう。それでも張り手を連打してやり返すが、土方の強烈な一発でダウン。さらに連発で食らうと、最後は垂直落下式のフィッシャーマンズバスターでトドメを刺された。

<試合後コメント>

土方隆司
「2018年、本田で終わって、2019年本田で始まる。デビュー戦の相手も務めさせていただいたのでこれも縁なのかなと思うんですけど、2019年の新しい闘いの始まり、俺を選んでくれたことに感謝をしてます。冒頭でカズさんが言いましたけど、W-1は攻めます。俺も春先に大きな勝負がありますけど、俺も攻めます。攻めなくてはいけない2019年、僕を選んでくれたカズさんには心より感謝を申し上げます。本田、新年一発目で気合いの入った試合をしていたと思います。でも、まだ足んないですね。俺が潜ってきた修羅場、お前たちが経験してきた修羅場とはわけが違う。半端な気持ちでは俺は倒せない。悔しかったら倒しに来い。わからなかったら聞きに来い。まあ、闘って教育するだけがプロレスじゃないんで、時には組むこともありますけど、俺と闘い続けた本田は間違いなく近いうちに先輩超えをする。岩石、一、馬場、気抜いてんじゃねえぞ。お前らが仲良しこよしでぬくぬくやっている間に本田は強くなる。俺が強くしてやるよ。そして伊藤が帰ってきた暁にはやり残したことがあるんで、自分自身を磨いておきます。伊藤、変わるチャンスだ。変われるチャンスだと思って励め。俺は待っているよ」

第2試合


かつて抗争をしていた一と三富だが、一の歌舞伎町プロレス参戦が決まったことでタッグを結成。しかし、序盤からチームワークがぎくしゃくしてしまい、馬場と仲川のダブルの攻撃を受けてしまう。

 そして捕まってしまった一。だが、馬場に対して反撃すると、代わった三富がモンゴリアンチョップを連発。ショルダータックルでふっ飛ばすと滞空時間の長いブレーンバスターだ。しかし、せっかく作ったチャンスだが、ダブルブレーンバスターで息が合わない。一は間違えて馬場と一緒に三富を投げてしまう。

 さらに自分も仲川と馬場にダブルのブレーンバスターを食らうと、連続でミサイルキックを被弾。一転してピンチに追い込まれる。しかし、場外にいた三富が仲川のスワントーンボムを自爆させると、馬場をラリアットで一撃。今度こそダブルのフラップジャック、サンドイッチトラースキックを決めてみせる。

 馬場もハイキックで反撃してくるが、一はオーバーヘッドキックでこれを遮断。クチナシで馬場から3カウントを奪った。

<試合後コメント>

一&三富政行
三富「(ハイタッチのポーズで)これやろう! 今年は仲良く。今年のテーマは仲良く。新年一発目でギクシャクしたけど勝てたんで可能性あるんじゃない?」
一「あります」
三富「あるって言ったね。可能性は無限大。2019年はタッグ組んでいければと思うんで」
一「まあなんだかんだ勝ったんで良しとします。ありがとうございました」

馬場拓海&仲川翔大
仲川「地元が同じ新潟のタッグで息が合うかなと思ったんですけど、向こうはチームワークも何もないので悔しいです。もう一回やらせてほしいですね」
馬場「俺と仲川さん、結構合っていると思うんですよ。あの二人全然合ってないんで、次お願いします」

第3試合


第1試合の開始前に抽選を行い、河野&稲葉&佐藤&児玉&羆嵐vs近藤&征矢&アレハンドロ&新井&MAZADAにカードが決定した。

 先発は佐藤と新井。まずは佐藤がボディスラムを連発して勢いを見せる。しかし、パートナーの羆嵐がカット。さらにセントーンまで食らわせてしまう。佐藤も怒りのエルボーを一撃。その隙きに征矢に攻め込まれてしまう。

 これを稲葉がカット。だが、本来のパートナーの稲葉のカットに征矢は「違うだろ!」と吠え、佐藤をツープラトン攻撃させてしまう。しかし、稲葉はすぐに気づいて、今度は佐藤とツープラトン。征矢を倒してワイルドポーズを決める。

 一方佐藤と羆嵐は味方同士で場外乱闘。リング上では稲葉がピンチに追い込まれている。さらに近藤組がトレイン攻撃を仕掛けると、アレハンドロは標的の稲葉ではなく、河野に襲いかかる始末。一気にカオス状態になるが、リング上では近藤が稲葉を絞めていく。

 稲葉も児玉にタッチ。児玉は打点の高いドロップキックを炸裂させ、稲葉にタッチしようとする。しかし、稲葉が不気味がって拒否。代わりに出てきたのは河野だ。ならばとアレハンドロが登場。バックを奪って河野にジャーマンを仕掛ける。

 しかし、当然投げられない。逆に河野のボディスラムを食らい、続けて稲葉にもボディスラムを食らう。さらに羆嵐がボディスラムからセントーンを投下だ。そして再び河野登場。いきり立つアレハンドロはエルボーを連発、さらに低空ドロップキックで河野のヒザを打ち抜くと、ロープを使ってドロップキックだ。

 そして「投げるぞ!」と叫んでブレーンバスターへ。しかし、逆に投げられ、ネックハンギングボムも被弾。さらに河野組のトレイン攻撃の餌食となってしまう。ところがアレハンドロは羆嵐の一撃をかわすと、先程のお返しとばかりに佐藤がエルボー。そのチャンスにアレハンドロは羆嵐に攻め込み、逆さ押さえ込み。これを踏ん張られると、今度は前方回転エビ固め。ここでも倒れない羆嵐。そこになんと佐藤がラリアット! アレハンドロが丸め込み勝利を収めた。

<試合後コメント>

アレハンドロ
「めちゃめちゃでかい羆嵐倒したぞ! 次は河野、お前をぶっ倒す! ソイ・アレハンドロ!」

羆嵐
「佐藤、俺のチームの、Enfants Terriblesの参謀によくもやってくれたな。顔じゃねえんだよ、俺に盾突きやがって。なんでそもそもこの試合に入ってんだ? 土肥孝司じゃねえのか? どこ折ったんだ? 手? 鍛錬不足だ!」

佐藤嗣崇
「羆嵐、リザルト挑戦して負けて、こういう機会で仲間だけど俺はあいつのことを許してないし、熊ゴロー時代から何も変わってない。だから俺がもう一回羆嵐と闘ってリザルトを取る。会社がどうするかわからないけど、俺の気持ちはそれだ」

第4試合


ペガソ試練の5番勝負。第1戦は元WWEのスーパースターで、W-1にも所属していたTAJIRI。ゴングが鳴るとTAJIRIはペガソに手を差し出す。ペガソは用心しながら握手。そして、まずは静かな立ち上がり。TAJIRIが巧みにグラウンドに持ち込む。

 グラウンドでスリーパーで絞められるペガソ。これをペガソが逃げると蹴り、さらにチョップで追撃するTAJIRI。ペガソも素早い動きでソバットを炸裂させると、正面からドロップキックをぶちかます。

 しかし、不用意に近づいたところで再びグラウンドで捕まりキャメルクラッチに捕獲されてしまう。ここでTAJIRIは自ら技を解いてペガソを場外へ。客席の鉄板に叩きつける。そして、ペガソがリングに戻ってきたところでミドルキックだ。

 さらにペガソが戻ってくるとしつこくフォール。ニードロップを落としてからグラウンドでヘッドロックだ。ペガソが逃げても再び捕まえてスリーパー。ペガソもなんとか逃れて反撃を仕掛けるが、エプロンからショルダーを出したところを再びヘッドロックに捕まってしまう。

 余裕のTAJIRIはリング上でプッシュアップ。さらにペガソが立ち上がってくるとチョップ攻撃だ。ペガソはエルボーで反撃しフェイスバスター。そしてショットガンドロップキックを炸裂させる。だが、トルニージョを狙ったところでTAJIRIに背後から襲われ場外に突き落とされてしまう。

 なんとか戻りスワンダイブ式のフライングフォアアームを放つが、TAJIRIにかわされ、カウンターのパワーボムも被弾。スクールボーイで逆転を狙うが、クロスフェイスに捕まってしまう。ここもなんとか逃れたペガソ。

 そのペガソにTAJIRIはハンドスプリング式エルボーアタック。しかし、ペガソもローリングソバットからみちのくドライバーで反撃し、ファイヤーバードスプラッシュを発射だ。だが、TAJIRIはこれを避けてバズソーキック。一度は返したものの、2発目を食らって万事休す。試練の5番勝負第1戦は敗戦に終わった。

<試合後コメント>

ペガソ・イルミナル
「チャンスを掴む1年にしたいって言ってたのにまた負けてしまった。でも、2戦目は絶対に勝つ」

TAJIRI
──ペガソ選手の印象はいかがでしたでしょうか?
「キャリア2年だったんですね。全日本だと岡田くんと同じぐらいですけど、団体が違うとスタイルも違うんだなっていう。でも、今の子はプロレスがうまいですね」

──プロレスを教えているようにも見えましたけど。
「そんなおこがましいことしないですけど、勝手にそうなっちゃいますね。でも、僕のキャリア2年の時にあれだけできるかって言ったらできなかったですから。今の子はみんな将来有望な子ですね。そういう子がいるW-1は将来有望な団体じゃないですかね」

──アドバイスをするとしたら?
「やっていくしかないんで。僕が彼ぐらいのキャリアの時にメキシコでトップどころと闘ったら何もできなくて。ブルー・パンテルという凄い選手に聞いたら、「経験、経験、経験しかない」と。彼もこのまま経験を積んでいくだけだと思います」

第5試合


イケメンがいつものように入場時に客席でアピールをしていると、#STRONGHEARTSが出てきて急襲! 場外乱闘から試合はスタートだ。両軍場外で暴れまわり、リングに戻ってくるとイケメンとCIMAが対峙。

 両者素早いロープワークを見せる中、イケメンがリープフロッグを仕掛けると、CIMAはこれを呼んでいて張り手だ。続くトンドコロはリンダマンを捕獲。続いてカズが出てきてボディスラムで叩きつけて顔面を踏みつける。その間、場外ではCIMAとイケメンが金具を持ってにらみ合いだ。

 一方、リング上ではロープに飛んだカズが背後から吉岡に襲われて捕まってしまう。ロープに乗せられたところにCIMAのフットスタンプを被弾。アンディがカットに入ってくるが、トアンが出てきてバク宙をしてからのムーンサルトだ。

 しかし、カズは続く吉岡にハンドスプリング式レッグラリアットを放ってトンドコロにタッチ。トンドコロはカットに出てきたリンダマンをドロップキックで排除。さらに入ってきたCIMAに対してコーナーに上がったところd突き落とし、エプロンを走ってのドロップキックで追撃だ。

 そして吉岡にも攻め込むトンドコロ。だが、吉岡は追走して反撃。ロープを越えてのフットスタンプをトンドコロの後頭部に炸裂させる。しかし、トンドコロもカウンターのドロップキックで反撃。そしてアンディにタッチだ。

 そのアンディはリンダマンとエルボー合戦。さらに水面蹴りで倒すと、バズソーキック。これはかわされたものの続けて回転蹴りで倒すと早くも飛鴻の体勢だ。しかし、リンダマンはこれを踏ん張ってバックドロップ。

 それでもアンディは入ってきたCIMAもろともリンダマンを蹴散らしてイケメンにタッチ。イケメンはリンダマンをショルダースルーで場外に落とし、戻ってくるとトップロープの反動を利用したムーンサルトを投下だ。

 しかし、リンダマンもイケメンがコーナーに上がったところを突いて反撃。股間を強打したイケメンはトレイン攻撃を食らうが、トアンのムーンサルトをかわして反撃。カズとトンドコロがCIMAをエルボーでいたぶり、アンディがミサイルキック。さらにイケメンがイケメン落としだ。

 しかし、吉岡が入ってきてシザースキックからラ・ミスティカ。リンダマンがジャーマンで追撃し、CIMAはパーフェクトドライバーを2連発だ。イケメンはこれを返してローキックで反撃するが、CIMAの急所蹴りを被弾。ヘッドシザーズでコーナーに叩きつけられ、メテオラを2発連続で食らい、3カウントを喫してしまったのだった。

<試合後コメント>

カズ・ハヤシ&黒潮“イケメン”二郎&アンディ・ウー&トンドコロ準
イケメン「すいません! あー! あー! いや違う負けたんじゃねえ。これからだよ! 今日は取られちゃって申しわけなかったです。ただ、これで終わりじゃない! これからだよ!」
トンドコロ「ああ、くそ! 今年一発目の後楽園、負けたけど、俺は絶対CIMAをぶっ潰す!」
アンディ「CIMAは2人に任せた。吉岡は俺に任せてくれ。俺が潰す」
カズ「僕らみんなイケメンの復活を信じてます」

第6試合


両者に大声援が飛ぶ中、ゴング! まずは両者ショルダータックルでぶつかると、今度は芦野がエルボースマッシュ、T-Hawkが逆水平チョップで意地の張り合いだ。さらにショルダータックルでぶつかり合う2人。ここでT-Hawkが芦野をコーナーに追い込みチョップ。そして芦野の腰にエルボーを炸裂させる。

 さらにグラウンドに持ち込んだT-Hawkは再び腰に一撃加え、立たせると逆水平チョップ、続けてヒップトスで投げてからロホで固めていく。なんとか逃れた芦野はエルボースマッシュで反撃。さらにT-Hawkの足をロープで固定してからドラゴンスクリューだ。

 反撃の狼煙を上げた芦野は場外にT-Hawkを追いかけ、抱えてから鉄柱に足をぶつける。さらにリングに戻ると左足首を固めてジワジワといたぶっていく。T-Hawkがロープエスケープするとストンピング。さらにコーナーに追い込んでストンピングを連打し、顔面踏みつけだ。

 T-Hawkも立ち上がり逆水平チョップで反撃するが、芦野は低空ドロップキックでヒザを打ち抜き、グラウンドに持ち込んで足を固めてのキャメルクラッチだ。さらにジャイアントスイングからマフラーホールド。T-Hawkの身体を持ち上げていたぶっていく。

 劣勢だったT-Hawkだが逆水平チョップを2発ぶち込んで反撃開始。ブレーンバスターで叩きつけると、コーナーに追い込んで再び逆水平チョップを炸裂させる。しかし、芦野もエルボースマッシュで反撃。俵返しで叩きつけてみせる。

 一方のT-Hawkも逆水平チョップ、さらにフロントキックで追撃すると芦野をコーナーのトップに据えて逆水平チョップで叩き落とす。続けて雪崩式ブレーンバスターで叩きつけ、ランニングニーを発射。

 しかし、芦野はこれを受け止めてエルボースマッシュだ。ならばとT-Hawkは逆水平チョップ。芦野も譲らずエルボースマッシュを放っていく。芦野は空中に放ってからのエルボースマッシュ。しかし、T-Hawkもアギラで反撃すると、リバースパワースラムで芦野を叩きつける。そしてナイトライドの体勢に。

 しかし、芦野は体勢を入れかえてアンクルを捕獲。T-Hawkに延髄斬りを食らってもアンクルロックを離さない。そんな芦野にT-Hawkは下から張り手。ならばと芦野はエルボースマッシュからロコモーション式のジャーマンだ。

 3発連続で放ってT-Hawkをダウンさせると、T-ボーンスープレックスの体勢に。T-Hawkは必死に阻止。そしてニーリフトを炸裂させると、ナイトライド。これを芦野はキックアウト。ならばと立ち上がってきたところにケルベロスを炸裂させて3カウント! T-Hawkが勝利し、W-1チャンピオンシップの新王者となった。

 試合後、リング上は#STRONGHEARTSが占拠。T-Hawkがマイクで、「芦野vsT-Hawk、最後に立ってるのはこの俺、T-Hawkだ! 一個前の試合でCIMAがイケメンから取って、俺が芦野からこのベルトを奪った。もうW-1に敵はいないんじゃないのか?」と言ったところでイケメンとトンドコロが登場。しかし、#STRONGHEARTSに返り討ちに遭ってしまう。

 すると、今度は近藤がイスを持ってリングイン。CIMAにザ☆オジリナルを食らわした。「黙って見ていたけどよ、確かに客は入ってきてる、熱が出てきている。ありがとう。でもな、この状況見て、俺は黙っているわけにはいかねえんだよ。さすがにキレちゃうよ、大島先輩!」と、かつての先輩に対して宣戦布告だ。

 これに対してCIMAもマイクを握る。「やっと出てきたか! 近藤修司! いいか、2018年の後半、W-1を仕切って盛り上げたのは俺たち#STRONGHEARTSや。俺は去年最後の試合で芦野に負けたけど今日はT-Hawkが倍返し以上で至宝を取ってチャンピオンになったんや。イケメン、1週間で芦野、お前と2回やった俺に言わせると、だいぶ差があるわ。所詮お前は寄せ鍋屋や。俺らはいつでもいける。吉岡とリンダマンはクルーザーのトーナメントに出るんやろ? 近藤が出てきたんやったら、数揃えろよ。CIMA、T-Hawk、それからOWE選抜1人、そっちは(トンドコロを指して)なんドコロや? 名もないお前と近藤、イケメン、3vs3でどうですか?」と6人タッグによる対戦を提案した。

 すると今度は欠場中の立花が登場。「待てこら! 9月の文体でてめえらと試合して欠場したこの俺を忘れてねえだろうな? 俺が出てきたってことはどういうことかわかるよな? 2月の後楽園ホールで俺が復帰するぜ!」と復帰宣言だ。

 これに対してCIMAは「わかったよ。これがW-1やな? こいつがW-1なんやな? 復帰と言えば、#STRONGHEARTSでも1人、上海で手ぐすね引いてる奴がおんねん。お前が入るんやったら、#STRONGHEARTSは山村投入するぞ! 2月完全決着つけようやないか!」と、こちらも復帰したばかりの山村投入を予告した。

 イケメンも「やってやるよ!」と受諾。さらにCIMAは「やるんなら徹底的にやるぞ。4vs4、最後の1人が残るまでイリミネーションでやろうやないか。近藤、お前は逃さへんからな!」とイリミネーションマッチでの対戦を提案。これによって、2.13後楽園大会での近藤&イケメン&立花&トンドコロvsCIMA&T-Hawk&山村&OWE選抜のイリミネーションマッチが濃厚となったのだった。

<試合後コメント>

#STRONGHEARTS
T-Hawk「#STRONGHEARTSにシングルのベルトは初めてだったんで、#STRONGHEARTSは1人じゃないし、山村もいるんで、全員で#STRONGHEARTSなんで、全員でこのベルトを取れました」
CIMA「来たね! 芦野はエースなんやろ? 芦野から引っ剥がしたT-Hawkがエースや。イケメンなんて顔じゃねえ。山村も投入してやるよ! 吉岡とリンダはクルーザーや」
リンダマン「(ベルトを巻く仕草をして)いっちゃう?」
CIMA「とにかくおめでとう」
T-Hawk「芦野は歳も一緒で背も似ているなって感じていたんで。ガンガン来る奴は楽しいですし、キャリアは僕の半分ぐらいなんですけど、それ抜きにしてもリスペクトじゃないけど認めている部分はあったんで、だからこそ無差別のベルトを取れたのは価値のあることだったと思っています」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る