クリス・ジェリコが内藤哲也と記者会見で乱闘!怒り狂ったジェリコは「1・4は内藤がキャリアを終える日になる」と抹殺を宣言!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、新日本プロレス事務所にて新日本プロレス『WRESTLE KINGDOM13 in TOKYO DOME』についての記者会見が行われた。

 この日は現IWGPインターコンチネンタル王者であるクリス・ジェリコが緊急来日。
 ジェリコは若手時代には日本で冬木弘道に師事し「ライオン道」の名で活躍。その後はECW、WCW、WWEと活躍の場を増やし、史上初のWWE&WCW統一世界王者に輝くなど誰もが認めるレジェンドレスラーとなった。
 ジェリコは今年の1月4日の東京ドーム大会に登場し、当時ケニー・オメガが持っていたIWGP USヘビー王座を賭けて対戦。その後は内藤哲也のIWGPインターコンチネンタルのベルトに狙いを定め、観客に扮して内藤を襲撃したり、自撮りのビデオレターを幾度も送りつけたりと散々挑発した末、今年6月に同王座を奪取。その後は内藤のパレハであるEVILを相手に防衛戦を行い勝利している。
 来年1月4日の東京ドーム大会のダブルメインイベントで再びIWGPインターコンチネンタル王座を賭けて戦うことになった二人が記者会見の場で再び顔を合わせた。

内藤は「世界のスーパースター、クリス・ジェリコ選手とこうしてこうして記者会見が出来る。こんな贅沢な時間はないですよ。これは全て、お忙しい中わざわざ時間を作ってくださった世界のスーパースター、クリス・ジェリコさんのおかげです。ありがとうございます」と慇懃無礼な物言いでジェリコに頭を下げる。
 そして、「クリス・ジェリコさんが新日本プロレスからの記者会見のオファーを快く受けてくださった。なんでかなあ?世界のスーパースターのスケジュールをそんな簡単に押さえられるはずがない。もしかしてやっぱり、ヒマなのかな?いやいやいや。そんなわきゃないか。まさか、新日本プロレスに『来てくれ』って言われたからノコノコと日本に来たわけじゃないですよねぇ?世界のスーパースター、クリス・ジェリコさん。世界が唸るようなコメントを是非この場でお聞かせください」と立て続けに挑発。

 これに対してジェリコは「日本にはもう60回以上来てるんだよ。岩手も宮崎も札幌も、日本中で試合をしてきた。そして今俺は日本中、どこいつ現れるのか自分で選べる立場にある。IWGP ICだってこれが初めてでもない。10回もこのベルトを持ったことがある。馬鹿にするのはいい加減にしろ。マディソン・スクエア・ガーデンでも、ロサンゼルスのステープルズ・センターでもメインイベントを張ったこの男をな。間抜けなメイクをしようとも、お前のTシャツをパクろうと、俺がお前を倒したという事実。これ以外はなにもない」と冷静に対処。
 さらにジェリコは『内藤との再戦は無い』と語っていたことについて、「新日本からオファーが来たから受けてやったが、実際に自分が戦うかどうか、当日に姿を現すかどうかは俺が決めることだ。なぜなら、俺はクリス・ジェリコだからだ。ただ、今回に関して言うと、内藤がうるさいハエのようにずーっと自分の周りをブンブン飛び回って払っても払っても払いきれなかった。払いきれないハエはどうすればいいか……叩き潰すしか無いよな?叩き潰すために、内藤の願いを叶えてやったってことだ」と余裕の発言。

 これに内藤は、「ピークを過ぎたクリス・ジェリコに負けたことは最大の汚点」と語りつつ、「ほとんど試合をしてない選手がこんな大きい顔をしてる一番の理由はやはり、彼の目の前に置かれているIWGP IC王座だと思うんですよね。丸裸のクリス・ジェリコにすれば彼は二度と新日本のリングに上がることはないでしょう」と返すと、ジェリコは「内藤、お前は……馬鹿なのか?プロレスを分かってるのか?本物のエンターテイメントがなんだか分かっているのか?この俺がピークを過ぎていたとしても、今の俺はお前の1000倍良いレスラーだ。お前本当に馬鹿なんだな」と呆れ顔。

 すると内藤は水を口に含むと突如ジェリコの顔面に噴射。
 これに怒り狂ったジェリコは内藤と乱闘を繰り広げるが、ジェリコがヤングライオンたちに止められると、内藤は「ジェリコさ~ん♪ジェリコさぁ~ん♪トランキーロ!あっせんなよ!アディオス!ジェリコさ~ん♪アディオ~ス♪」と歌いながら退場していった。

 怒り心頭のジェリコは「俺の東京ドームでの使命はここで決まった。内藤の選手生命を終わらせることにする。既にWRESTLE KINGDOMのチケットを持っている奴、額縁に入れて壁に大切に飾っておけ!なぜなら、その日は内藤がキャリアを終わらせた日として歴史に残るんだからな。そしてクリス・ジェリコが内藤に引退を強いた日ということを覚えておいてもらおう。ピークを過ぎたなんてよく言ってくれたもんだな。俺の選手としてのキャリアはまだ始まったばかりだ。よく覚えておけ。WRESTLE KINGDOM12で何があったか覚えてるか?あれで最高の新日本プロレスワールド史上最高の視聴数、最高の観客動員したんだってな?ということは、このクリス・ジェリコが新日本プロレスを食わせてやってるようなものだろう?すなわち、内藤哲也は俺に食わせてもらってるんだ。1・4がお前の最後の試合になる。もしチケットを持ってない奴がいるなら今すぐ買え。世界中のファンよ、絶対に見ろ。これが最後のチャンスだぞ。あの馬鹿の内藤哲也がリングに上がるのは」と捲し立て、倒れたテーブルをさらに蹴飛ばしながら荒々しく去っていった。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×