KO-D6人タッグ王者の竹田光珠と愛媛プロレス二冠王者のライジングHAYATOが王者タッグ結成!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 6月3日、東京・新宿村スタジオC106にて『DNA45』が開催された。

 この大会に愛媛プロレスの四国統一ヘビー級王者&四国統一タッグ王者のライジングHAYATOと暗黒プロレス組織666に所属しKO-D6人タッグ王者である竹田光珠の現役王者タッグが参戦。

 外敵と闘う事になったDNAの下村大樹&島谷常寛は「なんか持ってるぞー!」とベルトに興味津々。
 島谷が突っ込むが王者組に蹴られ踏まれボコボコにされる。下村が救出しクロスボディで2人まとめて倒すが、光珠は延髄斬りを避けて投げっぱなしジャーマンで迎撃。
 下村&島谷は連携攻撃で流れを掴もうとするが、HAYATOが蹴散らしRKOから必殺のしまなみドライバーの体勢に。
 これを島谷がなんとか丸め込み、切り返そうとしたHAYATOに下村もランニング・エルボースマッシュでサポートし3カウント。

 王者タッグのまさかの敗北となったが、HAYATOは「四国のベルトを持って負けると、四国のプロレスのレベルが高くないと思われてしまうんで、これから東京でも負けないように強くなりたいと思います」と悔しさをにじませる。
 DDTの王者でもある光珠は「HAYATOくん可愛いんでまた組んでいきましょう。KO-Dタッグもチャンスあれば、DNAの人たちを蹴散らして狙っていきたいので、一緒にリベンジしましょう」と野心をのぞかせた。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る