チャンピオン・カーニバル決勝は宮原vs丸藤に決定!宮原は「丸藤は一流だが俺は“超一流”だ」とCC優勝に自信!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 29日、東京都・後楽園ホールにて全日本プロレス『2018 チャンピオン・カーニバル ~BS11 presents~』が行われ、メインイベントで宮原健斗が火野裕士に勝利し、チャンピオン・カーニバル決勝進出を決めた。

 去る25日にはBブロックを制覇した丸藤正道が決勝進出を決めていたが、Aブロックは宮原健斗、ジョー・ドーリング、火野裕士、鷹木信悟が同率首位の混戦状態になっており、試合結果次第ではメインイベント後にAブロック優勝決定戦もあり得る状態でこの日を迎えていた。
 ジョー・ドーリングが野村直矢に敗れ、鷹木信悟が石川修司に敗れた状態でメインイベントを迎え、宮原健斗vs火野裕士の勝者がチャンピオン・カーニバル決勝戦に駒を進めることが決定した中で試合が始まった。

 試合は、パワーで勝る火野が宮原の打撃を受け止めつつ強烈な逆水平チョップで宮原の攻撃を潰していくゴツゴツとした展開。
 火野は場外戦で宮原を弱らせるとFucking Bombを狙うが、宮原はフランケンシュタイナーで切り返し、後頭部へブラックアウト。さらに正調ブラックアウトから超滞空ジャーマンスープレックスホールドもカウント2。火野は立ち上がり、両腕を後ろで組んで宮原に「打ってこい」と言いたげに不敵に笑う。この挑発に応えて宮原はエルボーを連打していくが、火野は逆水平チョップとラリアットでこれを潰し、筋肉スプラッシュを投下。
 火野は満を持してのFucking Bombを狙うが宮原は着地して火野の振り向きざまの顔面にジャンピング式のブラックアウト。これがクリーンヒットし、白目を剥いて意識がブラックアウトした火野を宮原がシャットダウン・スープレックスホールドで叩きつけ、カウント3を奪った。
 これにより、チャンピオン・カーニバルAブロックを宮原健斗が突破。丸藤正道との決勝戦が決定した。
 
 試合後、火野は宮原を睨みつけながらジェスチャーで「シャットダウンスープレックスホールド効いたぜ」と宮原に伝え、握手を求める。宮原がこれに応じようと手を伸ばすと、直前に火野は中指を立てる。これに対し宮原は人差し指を立て、互いにニヤリと笑った。最後はグータッチで健闘を称え合い、美しく死闘を締めくくった。

 マイクを取った宮原は「優勝への切符、勝ち取ったぞーッ!三冠王者がチャンピオン・カーニバルを制したのは、およそ17年前!ただ、そんな当たり前は俺には通用しない!なぜなら、俺はプロレス界で最も最高のチャンピオンだからだ!明日の優勝決定戦のカード……宮原健斗vs丸藤正道!俺が明日、ここのリングを絶対に締める!」と全日本プロレスの三冠王者としての決意を語った。

 バックステージに戻った宮原は、「三冠チャンピオンがこのチャンピオン・カーニバルを優勝したのは、17年前ですか。そんな当たり前は俺には通用しない。俺は歴史を作っている男。17年間……そりゃそうだ、そうは現れない。俺みたいな最高のプロレスラーは。ただ俺が三冠チャンピオンになっているんだ。俺が打ち破らないで誰が打ち破るんだって話だよ。明日だ、明日。丸藤正道、お前には絶対に譲らない。申し分あるわけがない、あっちは一流だ。こっちは超一流だ。その違い。団体の顔としてあした見せる。団体を背負っている人間としてあした見せる。ただひとつ言えるのは、いまプロレス界に存在する極上カードだ。2018年、チャンピオン・カーニバル。三冠チャンピオンとして17年ぶりにこの最高男が歴史を塗り替える。俺が作らないで、誰が歴史を作るんだよ」とコメントし、気合を漲らせた。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る