「時代は変わる。後楽園ホールで時代を変えたい、変えなきゃいけない!」W-1王者・武藤に挑戦する真田が心中激白

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

都内にて2日後に迫った22日(月)後楽園ホール大会でWRESTLE-1チャンピオンシップに挑戦をする真田聖也がコメントを発表した。

11月1日両国国技館大会試合後にリングに上がり新王者となった武藤敬司に「俺が時代を変えます」と宣戦布告をし挑戦が決定。
タイトルマッチを2日後に控えた挑戦者・真田聖也は今、何を想うのか!?
「負ける要素がない」「WRESTLE-1の若手は盛り上げていない」「武藤政権を変えなきゃ未来が無い」「この一戦で時代は変わる」強気発言で真田聖也が心中を激白!

ーータイトルマッチが近づいてきました。武藤敬司を何故倒そうと思ったのでしょうか?
真田「俺の中で最初に武藤さんを凄いと思ったのは、最初にTNAに行ったときにめちゃくちゃビビってたんですよ、俺。その時、グレート・ムタも一緒に来たんですけど。TNAの選手は「こいつ誰だ?」という目で俺の事を見てきて。一応、Xディビジョンのチャンピオンだったんですけど。で、ムタが出て来た瞬間、おぉーってなったんですよ、みんな。その時、この人凄いと思って。今まで見てきたレスラーで一番凄いなって思って、その人を超えるという感じでは無いですけど、ジェラシーが湧いたというのがきっかけでしたね。」

ーーそんな武藤敬司とここ最近、数試合戦っていますが?
真田「最初、7月にグレート・ムタと闘って、何も良い所無く飲み込まれて。次、8月の後楽園で武藤さんと闘ってまた結構コテンパンにやられて負けて。TNAのPPVですかね?グレート・ムタ、あれでもやっぱりコテンパンにやられて。11月30日の後楽園ホール、フランケンで負けて。全部負けてるんですよ。一回も勝ってないんですよね。」

ーー今まで負けてきた部分が糧になっているとは思いますが?
真田「武藤さんと闘うと俺、めちゃくちゃ良いものを得てるんですよ、負ける度に。下手したら負けた方が良いものを得られるかもしれないですよね。武藤さんは俺と闘って何も得ていないと思うんですよ。唯一得ていると言うならば若さじゃないですかね。そうゆう部分でも全部負けてきたので、もう負ける要素がないですよね、俺の中で。」

ーー若い世代がWRESTLE-1を盛り上げて来た所で、今回武藤敬司がチャンピオンになったと言う事は時代が逆戻りしたのでは?
真田「正直言いますと、WRESTLE-1の若手は盛り上げていないんですよ。だから、武藤さんがチャンピオンになったんですよ。デスペラードの河野さんも良い所まで行ってたんですけど、ベルトを取られた事は凄い嫌な事でしたよ。やっぱり武藤敬司の時代になるのか、と思って。お客様が求めてるんだったらしょうが無いですけど、それじゃ俺もやりがいが無いですし、WRESTLE-1のみんなもやりがいが無いと思う。変わんなきゃダメだと思うんですよね。武藤政権を変えなきゃ未来が無いと思うんですよ。」

ーーその武藤敬司を倒して時代を変える自信というのは持っていますか?
真田「もう自信しかないです。前にも言いましたけど自信しかないです。あと、俺の中で夢があって、まず武藤敬司を超えるというのはたぶん無理だと思うんですよ。じゃあ何が出来るかと言った時に、武藤敬司がやってない事をやろうと俺は思って。例えて言うなら武藤さんだって、猪木さんがやってない事をやってガーって行ったと思うんですよ。武藤さんがやっていない事をやろうかなと思って。それは何かと言うと、WRESTLE-1のベルトを持って、世界をまわってWRESTLE-1を広めようと。それが一つの夢ですね。」

ーー今回の一戦に向けて秘策はありますか?
真田「秘策ですか?基本今そうゆう細かい事を考えていないすね。“気持ち”で今いってるんで。頭で考えたりはなかなか出てこないですよ。心で考えるっていうか。」

ーー武藤選手からベルトを獲って武藤選手を楽にしてあげようという考えは?
真田「武藤さんを楽にしようという考えは俺は無かったです。武藤さん、今50超えてるんですけど、50超えてチャンピオンになるから格好良いのであって。そういう格好良いものを止めたいとは思わなかったですね。」

ーー今回はその格好良いチャンピオンと闘いますが?
真田「この一戦で時代は変わるというか、変えなきゃいけないんです。やっぱり時代って明治、大正、昭和、平成って変わって来てる。だから、絶対変わるんですよ、いつかは。それをなるべく早めたい。後楽園ホールで時代を変えたいとは思います。変えなきゃいけないです。」

【記事提供/WRESTLE-1】

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る