【試合結果】3・23 WAVE新木場大会 浜田文子vs長浜浩江 桜花由美vs朱崇花 大畠美咲vs志田光 山下りなvs高瀬みゆき 加藤園子vs飯田美花

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『いきなりフライデーナイト’18 Mar.』
日時:2018年3月23日(金)
開始:19:00
会場:東京・新木場1stRING
観衆:176人

▼スクランブルWAVE 20分1本勝負
水波綾/▲旧姓・広田さくら(フリー)/フェアリー日本橋(OSAKA女子)
13分2秒 両者場外リングアウト
▲宮崎有妃(フリー)/野崎渚(フリー)/桃野美桜(Marvelous)

▼メモリアルWAVE~飯田美花引退ロード~ 15分1本勝負
○加藤園子(OZアカデミー)
12分27秒 クーロンズゲート→片エビ固め
●飯田美花

▼CATCH THE WAVE 2018CrazyBlockリーグ戦公式 15分1本勝負
○山下りな(OSAKA女子)【6点】
11分4秒 スプラッシュマウンテン→エビ固め
●高瀬みゆき(Beginning)【0点】 

▼CATCH THE WAVE 2018ViolenceBlockリーグ戦公式 15分1本勝負
○大畠美咲【4点】
9分13秒 スカイブルー・スープレックス・ホールド
●志田光(魔界)【2点】

▼CATCH THE WAVE 2018CrazyBlockリーグ戦公式 15分1本勝負
○桜花由美【4点】
12分14秒 ビッグブーツ→エビ固め
●朱崇花【2点】

▼CATCH THE WAVE 2018ViolenceBlockリーグ戦公式 15分1本勝負
△浜田文子【3点】
時間切れ引き分け
△長浜浩江【3点】

山下が開幕三連勝でCATCH THE WAVE制覇に向け驀進!桜花が朱崇花を降しリベンジ!長浜が文子相手にドローの大健闘!

第1試合


 1・7新宿大会からはじまった宮崎vs広田の遺恨。ありとあらゆる場所で抗争を繰り広げてきた2人が6人タッグマッチで激突することとなった。
 宮崎と広田は対峙するなりヒートアップ。フェアリーが止めに入り、試合はフェアリーvs桃野でスタートとなる。先に仕掛けたのは桃野。ドロップキックで先制する。フェアリーは「試合を終わらせる前に自己紹介だけさせてちょうだい」と、やりきったあとJKボムをかけられにいく。これは水波が投げっぱなしバックドロップでカット。
 広田が善戦すると、フェアリーが「フォーメーションCよ!」と指示を出すが、宮崎のことが気になる広田が離脱。そのまま宮崎と場外戦へ。
 リング内では野崎が水波にドルミル。なんとかロープに逃れるも、桃野のドロップキック、野崎のおしゃれキック、宮崎の場外助走キックが水波に決まる。
 水波vs宮崎では、ラリアットの相打ちが繰り返される。水波が制してカウント2。ここで広田とタッチ。にらみ合う広田と宮崎。広田は「時は来た!」と襲いかかるも、かわしあいに。再び場外戦となり、広田が犬神家。リングに引き寄せられる選手達。宮崎が捕まり、広田がヘッドシザースホイップ。場外に転げ落ちた宮崎を広田が追っていき、そのままバックステージへ。ようやく戻ってきた2人だったが、間に合わず場外カウントアウトで引き分けとなった。

野崎「宮崎さん、いつも勝手なことするのはぜんぜんいいんですけど、せめてチェンジ権のあるときは、どこにも行かないでもらっていいですか。暫定だけど私達、チャンピオンなんですよ! しっかりしてください……」
水波「広田さんも何やってるんですか! 熱くなるのわかるんですけど、チェンジ権あるときはやっちゃダメでしょ。何年やってるんですか!! すげーフラストレーション溜まる! キャッチでも結果出てねーからな! 名古屋のキャッチ、桜花さん! このフラストレーション全部アナタにぶつけますからね!」
宮崎「(広田に向かって)私たちしっかり決着つけなきゃいけないときが来たな。次の後楽園! 場外カウントなし。ノールールの一騎打ちやってやろうじゃねーか!」
二上社長「やりません!×3。やらない、後楽園でやらない。後楽園でルール無用とかやったら、撤収時間が押してしまうわ。やりません! やらない。5月4日はやらない。飯田の引退、キャッチの決勝、それでお腹いっぱい。君たちのはもうちょっと前にやりましょう。いいですね。ルール無用、場外カウントなし、時間無制限? 完全決着ルール?」
宮崎「オッケー、後楽園で」
二上社長「やりません! 新木場!×4。4月21日で! 22日も借りてるから思う存分やりなさい」

 ひとまず宮崎vs広田は、4・21新木場に決定。それでも広田は「お前のせいで後楽園でできなかっただろ!」と宮崎に襲いかかり、再び乱闘へ。もつれながら引き上げていった……。

第2試合


 5・4後楽園大会で引退が決まっている飯田美花の、今回の引退ロードの相手は……OZアカデミーの加藤園子。これまでリング上での接点はなかった2人だが、飯田の新人時代、加藤によく練習をみてもらっていたこともあり、最初で最後のシングルマッチが実現した。
 組み合う前に加藤が「はじめてなんだよね」と問いかけると、飯田は「そうなんです」と答えてロックアップ。加藤が得意の蹴りでペースを掴んでいく。
 一方、飯田も加藤のドラゴンをコンプリートショットに切り返すと、アンクルホールドへ。さらにヒザ十字で捕獲。ブレイクされると低空ドロップキック、フィッシャーマンSHでカウント2。
 加藤もステップキックでやり返し、ドラゴンスリーパーへ。ブレイクされると大暴走。飯田のアンクルホールドやヨーロピアンクラッチにヒヤリとする場面もあったが、凌いだ加藤がドラゴンSH。キックアウトされるとクーロンズゲートに繋げて3カウントを奪った。

加藤「WAVEのファンのみなさん、GAMIさん、今日はこのような機会を与えてくれてありがとうございます。飯田! 引退ロードに選んでくれてありがとう。正直、なぜ自分が選ばれたかわかりませんでした。だけど、ここに来る直前かな。アナタのブログを見て、そんなことがあったんだって……」

 そこに宮崎と広田が乱闘しながら雪崩込む。どうやら第1試合から続いている様子。気を取られる加藤を、飯田がフォローする。

飯田「加藤さん×2、続けてください」
加藤「ちょっと、飯田、言いたいこと忘れちゃったよ……。なにこれ。なに?(広田に宮崎を持たされる。広田に向かって)そんな器用じゃないの知ってるよね? どうすればいいの?×2。どうすればいいの、マジで。社長これ、こういうのアリなんですか?」
二上社長「これWAVEの日常なので続けてください」
加藤「いま感動的な試合のあとじゃん。えっとなんだっけ。なんで選ばれたかわからなくて感動的な話だけど、これじゃあ……(宮崎と広田はリング上で恥ずかし固め)はじめてお前達が嫌いになりそうだよ! もうありがとうございました、になっちゃうんだけど(苦笑)」
二上社長「ブログを今日来るときに見たところからどうぞ」
加藤「えーっと、ブログを見て、そんなふうに思っててくれたんだと思って(宮崎vs広田に気を取られる)」
二上社長「加藤さん見ないでください。飯田を見てください」
加藤「えっと、私は後輩と付き合うのがとても下手くそで、あまりわからないんですよ、後輩が苦手で。なので、そう思っててくれてたことが凄く嬉しくて、私も凄く感謝しています。そうやって言ってくれて、とくに接点なかったのに……。最初で最後のね、闘い。タッグでも絡んだことがなくて、本当に最初で最後の闘いになってしまいましたけど、本当に選んでくれてありがとう。ケガもたくさんあるみたいですけど、第二の人生、幸せに生きていきましょう、楽しくね。OZにも遊びにきてください。ありがとうございました。(宮崎vs広田はそのまま引き上げていく)あれいない!? すみません、WAVEのファンのみなさん、私、本当になれてなくてスミマセン。これ何ですか、嫌がらせですか?」
二上社長「これが本当に日常です」
加藤「勉強不足ですみません」
二上社長「OZさんみたいな殺伐としたのとはちょっと違うんですけど、ウチ、脱力系団体なのでスミマセン。日常です。なれなくていいです。ありがとうございました」
加藤「すみません、よかったら一言ください」
飯田「加藤さん、NEOの練習生のときから、NEOなくなったときもたくさん練習を教えていただいてありがとうございました。直接の先輩ではないですけども、加藤さんがいたからいまがあると思っています。本当に最後に試合してくださって、本当にありがとうございました」

<試合後コメント>

飯田美花&加藤園子
飯田「引退を決めたときから、引退ロードで加藤さんとシングルしたいと結構前から思っていて」
加藤「もっと早く言ってよー! ぜんぜん知らなかったよ!!」
飯田「練習生から新人のとき、練習たくさん教えていただいて、凄くお世話になったのに、試合でかかわらせていただくことがなかったのが……恩返しって言ったらおこがましいですけど、教えていただいた分を試合で返すっていうのが、1回もできないまま終わってしまうのがイヤだなっと思ったので最後にお願いしました」
加藤「ありがとうございます。いやー、本当になぜ私がって思ってて、今日まで知らなかったんですよ、そのことを。来るときにブログを読ませてもらって、ああ、こんな風に思ってくれてたんだって。後輩っていうか、わからなくて、接し方が。なんかこう……凄くそうやって思ってくれることが本当に嬉しかったし、とくにリング外でご飯食べたりとかもとくになく、だけどそう思ってるくれるのは、私にとっても学びになったし、これから後輩を指導していくうえにおいても勉強になったし、自分自身に自信がつきました。そうやって思ってくれる子もいるんだって。だから淋しくなる。最初で最後の闘いになっちゃいましたけど、今後これをきっかけに仲良くご飯でも食べれたらと思っています。ありがとうございました」

——WAVEの洗礼を受けたが。
加藤「(苦笑)あのー……」
飯田「今日は特別です」
加藤「特別? 今日、参戦することを社長のGAMIさんにも忘れられてたっていう。(顔合わせたとき)『そうや、いたな』って(笑)。これはWelcomeと受け取ってよろしいんでしょうか、はは。いろいろ勉強になります。ありがとうございました」

第3試合


 桜花由美、朱崇花を下し開幕から2連勝の山下りなは、CATCH THE WAVE初参戦の高瀬みゆきと初シングル。これに勝てば3連勝となり、単独トップとなる。一方、高瀬も初勝利を目指す。
 試合をリードしたのは山下。串刺しラリアット2連発を放つと、エルボーの打ち合いからサソリ固めへ。崩れると後頭部へのランニングニーでカウント2。
 高瀬もボディースラムでやり返すと、串刺しドロップキックを狙うが、これは不発。だが、すぐさまドロップキック3連発を放っていく。
 山下もショートレンジのラリアットで飛び込むが、かいくぐった高瀬が卍固めで捕獲。ブレイクとなると高瀬の逆水平チョップ、山下のエルボーがラリーで炸裂。山下がロープに走ると、高瀬が追走式ラリアット。山下も同じく追走式でやり返す。
 ならばと高瀬はブレーンバスター。セカンドロープからのドロップキック、さらにジャンピング・エルボーアタックで追撃。セカンドロープ・ギロチンドロップまで繋げたが、カウント2止まり。
 山下も引き込み式ラリアットでやり返し、ダブルダウン。先に立ち上がった山下がスプラッシュマウンテンを予告。これはかわした高瀬だったが、すぐに山下がラリアット。もう一発叩き込んだがこれもカウント2。
 高瀬もえびす落とし→ラリアットでやり返す。もう一度走るが、山下がラリアットで迎撃。だがカバーの瞬間、体勢を入れ替えた高瀬がカウント2! ヒヤリとした山下だったが、再びラリアットを放つとスプラッシュマウンテンでトドメを刺した。

<試合後コメント>
山下りな
「これで3連勝かつ、スプラッシュで3カウント取りました。この技が決まれば、返されるわけないです。高瀬さんは気迫や目がすごくて、正直スプラッシュを出さなくてもいけるかと思ってましたけど、危なかったですね。今日が初対戦でしたけど、またいい敵を見つけられたなと。リーグが終わってもまた闘いたいです」

高瀬みゆき
「この対戦をすごく楽しみにしてたんです。WAVEで最初に印象に残ったのが山下さんで、いつかはやりたい相手だと思っていたんですが、こんなに早くチャンスが巡ってくると思わなくて」

——山下はまた闘いたいと言っていたが?
「ぜひ! せっかくキャッチのために練習してきたえびす落としを決めることができたけど、まだ3カウントが取れなかった。もっともっと練習して強くなって、再び山下さんと闘いたいです」

第4試合


 二人ともにまさかの黒星発進となった、今年のCATCH THE WAVE2018。しかも、いずれも格下相手からの黒星だったため、その衝撃は大きかった。その後、志田は長浜に、大畠も桃野にそれぞれ勝利。2点を獲得し、今大会を迎える。
 序盤のペースを掴んだのは志田。風車式バックブリーカーなどで大畠の腰を攻めていく。場外ジャンピングニーで勢いに乗る志田は、リングに戻ってもバックブリーカーを連発。さらにブレーンバスターから後頭部へのニーを放つと、ファルコンアローも狙うが……。
 切り返した大畠が逆打ちへ。すぐさまコーナーに登ろうとしたが、志田が逆に雪崩式ブレーンバスターでやり返す。エルボーを打ちながら立ち上がる大畠と志田。大畠がバックブローからジャーマンを3連発。花マルどっかんも決まらない。ならばとブルーダリアの体勢に入るも、これを志田がインプラントに切り返す。
 逆襲に出た志田がスリーカウント。キックアウトされると目突きからの首固め。切り返した大畠がカウント2。すぐさま志田もファルコンアローからスリーカウントで飛び込む。キックアウトされると魂のスリーカウントを狙うが、大畠も切り返してカウント2。
 すかさず大畠が花マルどっかんを敢行。カウント1で返した志田がキックを放つが、これをエアレイドクラッシュに切り返す大畠。返されると、スカイブルー・スープレックス・ホールドで熱戦に終止符を打った。

<試合後コメント>
大畠美咲
「お互いに1勝1敗同士、今日はどっちも落とせない闘いだった。志田とはキャッチで当たってきたけど、長浜も負けたからこれで現時点トップ。このまま全員たおしていけば優勝できると思うし、全勝でいきたいと思います」

第5試合


 3度目の波女を目指し、全勝ブロック優勝を狙っていた桜花由美だったが、3・18大阪での山下りな戦に敗れ、現在1勝1敗の2点。対する朱崇花は初戦(3・11後楽園)の山下戦には敗れたものの、3・18大阪では先輩である水波綾を下し、1勝1敗の2点。昨年8・12大田区以来のシングルマッチの行方は!?
 フェイントをまじえて主導権を握った桜花。串刺しビッグブーツ、ダイビング・サンマドロップ、クロスフェースで勢いに乗る。
 朱崇花もアマレス仕込みの飛行機投げで流れを変えるとクルスフィクスへ。桜花もストレッチマフラーホールドに切り返すが、朱崇花も再びクルスフィクスへ。耐えられると、桜花を豪快に投げまくる朱崇花。ミサイル弾でカウント2。ビッグブーツのラリーとなり、朱崇花がチョークスラム。桜花も同じ技でやり返す。ダブルダウンとなり、カウント7で立ち上がった桜花がビッグブーツ。すぐにコーナーに登るも、朱崇花が投げ落とす。
 朱崇花のムーンサルトは桜花が剣山。再び攻勢に転じた桜花がカカト落としを敢行。朱崇花もキックアウトすると、カウンターの張り手からのトラースキック、チョークスラムでカウント2。ムーンサルトプレスでも決まらない。
 かわしあいのなか、朱崇花がカウンターのトラースキック。チョークスラムを狙うも、これを堪える桜花。逆に桜花がネックハンギングボムでカウント1。続けざまのビッグブーツもカウント2止まり。ならばと桜花はダメ押しのビッグブーツで3カウント! 8・12大田区のリベンジに成功するとともに、得点を4点に伸ばし、6点の山下を追う。

<試合後コメント>
桜花由美
「朱崇花と当たるのは去年の太田区のメイン以来だけど、ホントに朱崇花ってスゴイなって。まだ3年くらいなのに吸収力がすごくて、10年選手みたいで。去年よりもスゲー強くなってる。でも、ここで落としたらブロック優勝もできないんで、このまま勝ち続けて決勝まで進みますよ」

朱崇花
「もうキツイ…! ここ最近でも一番キツかったです。今日この試合に挑むにあたって、ものすごくキンチョーして、珍しく寝れなかったんですよ。前回闘ったときは勝ったし、いろんな期待も背負っていたと思うので。でも、手の内を読まれていたのと、悪いクセの油断もあったんですかね。気持ちを切り替えていきます」

第6試合


 初戦の中島安里紗戦を危なげなく突破した浜田文子。2戦目の相手は、開幕戦で大畠美咲から勝利した長浜浩江だ。今年さらなる飛躍が期待される長浜は、どこまで世界の文子に食い下がれるか!? ともに2点で迎えた公式戦となる。
 奇襲を仕掛けたのは、意外にも文子だった。長浜もドロップキックやチャーシューで応戦。続くミサイル弾はカウント2。
 文子もミサイルキックでやり返すが、すぐに立ち上がった長浜がサクラ落とし。もう一発サクラ落としでカウント2。
 文子はヘッドロックで長浜を失速させると、ラリアット。2発目は長浜もガードしてバックドロップ3連発。さらに長浜はカサドーラやヒロ・ギョプサルでカウント2。
 文子も場外ムーンサルトアタックで流れを変えようとするが、長浜が回避。エプロンでのサクラ落としを放った長浜がコーナーに登るも、文子がキックで妨害。長浜にダウンカウントが数えられる。
 なんとか立ち上がる長浜に文子が容赦ないフロントハイキック。セカンドロープからのムーンサルトプレスはカウント2。トープロープからのムーンサルトは長浜が追いつきバックドロップ。そしてロングビーチに繋げる。
 文子がブレイクしたところで10分経過。文子がブレーンバスターを放てば、長浜も同じ技。コーナーに登る長浜に、文子がアヤコノクラズム。カウント2で返した長浜が低空ドロップキックを連発。奈落式DDTを放った長浜はプランチャ・スイシーダで追い打ちをかける。
 残り3分となると長浜はミサイル弾からのバックドロップホールドを連発。キックアウトされると、裏カサドーラを狙う。これは文子も回避し、速攻のAPクロス。だが、文子もカバーに行けず……。なんとかバックスピンキックを放つも、返す長浜。ならばと文子はダイビング・フットスタンプを投下。キックアウトされるとワキ固めで捕獲したが、長浜が耐えきり時間切れのゴングが鳴らされた。この結果、両者に1点が加算され、4点の大畠を3点の文子&長浜が追う形となった。

エンディング


 文子が先に退場するなか、長浜がマイクを握る。

長浜「メッチャ悔しいです! 自分が文子さんとドローっていう結果は、凄いのかもしれないけど、でもいまは勝たなきゃいけない試合だったのでメッチャ悔しいです!! でも、なんか前にシングルしたときの自分より、強くなった気がしたのでそれはいまの自信に繋がりました。残り2戦。いまウチのブロックは誰が飛び出てるのかわからないけど、残り2戦、勝てばまだこのなんだっけ。リーグ……」
二上社長「浩江ちゃん、話が長くなりそうなので、横に寄っていただいて。締めはあとでさせてあげるので、落ち着いて物事を考えてからにしましょうか。ねっ、髪型をまず整えましょう。じゃあ長浜が締める前に……3月生まれの方がたくさんいますので、フェアリーさん、山下、飯田。アニキは待ってください。アナタ名古屋でやりましょう。言ってもうたな、アフターイベントでやりましょう。ここまで言ったら、なかったらなかったでドッキリなので。あと昨日、誕生日でした広田の双子。1年間、WAVE控室で泣きじゃくってくれたので、WAVE流の歓迎をしたいと思います。浩江ちゃんはもうちょっと待ってなさい。お前凄いな、開幕戦大畠に勝ったやろ。今日文子に(引き分け)。奇跡を起こしてるかもしれないことは、あとでマイクで言いなさい」

 ケーキが運ばれてきて、山下、フェアリー、飯田をお祝い。顔面ケーキで祝福された3選手がそれぞれ抱負を語る。

山下「29歳になりました。29のうちにやりたいことがあるので、のちほどお話をGAMIさんお願いします」
二上社長「29歳なので、もうちょっとしっかりしましょうね」
フェアリー「おかげさまで二千とうん十うん歳になりました。これからもどんどん年を重ねていきたいと思います。よろしくお願いします」
飯田「まさに今日が誕生日です。26歳になりました! ありがとうございます×2。こうやってプロレスラーとして一番最後の誕生日にまさか、自分のところの団体に知らずに興行入れられるとは思ってなかったです。こんなWAVEで最後までプロレスを楽しんでやっていきたいと思うので、引退までどうか応援よろしくお願い致します」
広田「(子供にかわって)いつも控室では面倒みていただきましてありがとうございます。これからも母子ともによろしくお願い致します」
二上社長「ではこの流れで『これがWAVEだ!』でいいですか。できればサクッとお願いします」
長浜「みなさんお誕生日おめでとうございます! まだまだこのキャッチ、奇跡を起こしていきたいと思います。皆さん今日は本当にありがとうございました! ではいつもので締めたいと思います。右手を高く突き上げてください! これがー、WAVEだーーーー!」

関連記事

サイト内検索

日別

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る