元K-DOJOの火野&筑前がタッグ王座奪取!「誰が来ても青い血が流れた二人がやっつける!」

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 14日、『第一交通産業グループ Presents 北九州ば元気にするバイ!’18』が北九州芸術劇場大ホールにて行われた。

 セミファイナルでは、佐々木日田丸&阿蘇山が持つ九州プロレスタッグ王座に筑前りょう太&火野裕士が挑戦。前回大会で火野裕士が筑前りょう太をパートナーに指名し、電撃合体した元KAIENTAI DOJOタッグ。
 筑前&火野はほぼ初タッグながら、互いに『青い血』が流れた息ぴったりのタッグチームぶり。早いタッチワークで日田丸を集中攻撃し王者組を翻弄する。10分過ぎ、日田丸は筑前に串刺し攻撃、フロントネックチャンスリー、ハリ手、パンチの打撃ラッシュ。しかし、ハイキックはカウンターパンチで迎撃され、筑前は日田丸にバックドロップ!筑前は阿蘇山を雪崩式ブレーンバスターで叩きつけると、筑前のスピアー&火野のラリアットの合体技を披露。さらに火野が阿蘇山をファッキンボムで強烈に叩きつけ、そこへ筑前のまっすぐとぶバイで阿蘇山から3カウントを奪った。

 試合後に笑顔を見せた筑前に、火野は「最高のフィニッシュでしたね。筑前さん、歯はどこに行ったんですか?筑前さんの歯が無いんですよ」と指摘。試合中に歯が飛ぶほどの激しい戦いを終えた筑前は「だけどベルトが来た!誰が来てもいい!青い血が流れた二人がやっつけるけん!誰でもきんしゃい!」と叫び、元K-DOJOタッグが幸先よく本格始動した。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る