IWGPタッグ王者組がタッグリーグ初黒星

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 30日、新日本プロレス『鉄拳Presents WORLD TAG LEAGUE 2017』が後楽園ホールにて開催された。
 メインイベントでは、WORLD TAG LEAGUE 2017 Bブロック公式戦としてランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.のK.E.S.とハンソン&レイモンド・ロウのWar Machineが激突。

 ランスとロウがお互いに「打って来い」と相手の攻撃を受け合う我慢比べからスタート。ロウが打ち勝つと場外乱闘となり客席が悲鳴に包まれる。両チームともに必殺の合体技を狙っていくが、最後はウォーマシンがフォールアウトを二発叩き込んで3カウントを奪った。

 現役IWGP王者組から勝利したウォーマシンは「目撃しろ!ヘビー級ワールドタッグリーグのベルトはWar machineの支配下にある!2017ワールドタッグリーグは、自分たちにとってのロード・トゥ・レッスルキングダムだ!」と東京ドームでの王座挑戦を宣言した。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

月別

ページ上部へ戻る