にわのまこと画業30周年プロレスで『THE MOMOTAROH』のカグヤ・ザ・ムーンバトラーと『BOMBER GIRL』の羅生門エミーが作品を超えて実写バトル!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 27日、かつて週刊少年ジャンプで連載されていたにわのまこと先生の『THE MOMOTAROH(ザ・モモタロウ)』が、にわの先生の漫画家業30周年を記念し、一夜限りのリアルプロレスイベントを開催。映像とプロレスがミックスした新感覚イベント2.5次元プロレス『夢幻対戦』(監督・脚本 にわのまこと)企画が立ち上がり、クラウドファンディングで700万以上を集めてこの日を迎えた。

 第2試合では、『THE MOMOTAROH』のカグヤ・ザ・ムーンバトラー(夏すみれ)と『BOMBER GIRL』の羅生門エミー(雪妃真矢)の作品をまたいだ奇跡の対決が実現。握手をスカしてカグヤの背後から奇襲したエミーが、夜叉丸(トンファー)で殴りつけ顔面を踏みつける。カグヤはお返しとばかりにエルボー連打からアマゾネスアタックも、大外刈りで倒したエミーがキャメルクラッチで捕らえ変顔攻撃。美しくない顔を晒しカグヤが悲鳴をあげるなか、エミーがバックブリーカーで痛めつけフォールも2。カグヤはムーンソルト・コースターで返していくが、最後は夜叉丸(トンファー)で殴りつけ3カウントを奪った。

 エミーは「これが、鬼の力ってやつ?わたしもきっかりちゃっかりしっかり、ご相伴に預かりまして、どうもありがとー」と笑顔でリングを後にし、カグヤじゃ「おい、おい!にわのまこと!少年ジャンプ!よく聞け!妾に、この妾に、こんな大恥かかせたこと、妾は絶対許さんぞ。それにな、妾は、妾は本当は、おんなじ少年ジャンプでもBLEACHのほうが好きなんじゃ!おい、にわのまこと、そして少年ジャンプよ、もしな、妾に許しを請いたければ、BLEACHの作者のサインをもってこい!」とマイクをリングに叩きつけ去っていった。


 その他、メインイベントでは丸藤正道がモモタロウに扮し、イワン・シュテンドルフ(崔領二)からストライク・スリーで勝利。丸藤正道の実の兄であるアニメーターの丸藤広貴さんが作ったアニメもスクリーンに流され、ムームーダンサーズがダンスを披露。
 にわの先生も「今回クラウドファウンディングをやらせていただいて、皆様から沢山の力添えを受けて、僕の原稿用紙から生まれた世界をこうやって実際のリングで表現することが出来ました。これはひとえに本当に皆様のおかげです。ホントにモモタロウというキャラクターを意識してくださったのがひしひしと分かりました。みんな素晴らしかったです!ありがとうございました!」と感謝のコメントを残した。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る