【インタビュー】打倒・芦野に燃える稲葉がベルト奪取とW-1への想いを語る!「僕とはまだやってないのに芦野が最強だとは認められない」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 9.2『2017プロレスLOVE in YOKOHAMA』のメイン終了後、黒潮“イケメン”二郎との激闘を終えたばかりの王者・芦野祥太郎の前にこの男が立ちはだかった。同大会で児玉裕輔との因縁の一戦を制した稲葉大樹だ。感動の余韻をぶち壊してまでも王者の前で挑戦表明を行なった稲葉の決意。“モンスター”と化した芦野の快進撃に待ったをかけるのは昨年の文体の主役を張ったこの男なのか? その決意と覚悟を聞いてみた。

──9.18後楽園ホール大会で芦野選手のW-1チャンピオンシップに挑戦することが決まりました。横浜文体のメイン終了後の挑戦表明が認められた形になりましたけど、改めてあの場に出て行った理由を教えていただけますか?
「やっぱりセコンドで観ていて、メインの芦野vsイケメンは素直に凄い試合だと思ったんですよ。そして、あの試合を制した芦野。今のチャンピオンである芦野ってどんな実力なのか、どんなもんなのかって思って、上がっちゃったっていう感じですね」

──レスラーとしての本能がリングに上がらせてしまったという感じなんですか?
「本能的な部分はありますね。なんか、あそこで上がったことに関して、空気が読めないとかっていう意見を見かけたんですけど、僕的にはあれでも我慢したほうなんですよ」

──上がりたくなるような衝動があった試合だったということですか?
「なんなら3カウント入った時点で上がってしまいたかった。それぐらい凄い試合だったと思うし、セコンドで観ていてウズウズしてしょうがなかったんですよ。だから、あのタイミングでリングに上がったのは僕的には我慢したほうですね。それぐらい今の芦野は魅力的ですよね。闘う相手としても、倒すべき相手としても」

──なるほど。先程から、芦野vsイケメンのW-1チャンピオンシップについて、「凄い試合だった」という表現をされていますが、具体的にどう感じたんですか?
「芦野とイケメンってプロレス観が合うんだろうなって感じましたね」

──プロレス観が合う。でも、ファイトスタイルは真逆ですよね?
「そうなんですけど、根本的な部分で2人が持っているプロレスへの考え方や、好きなプロレスが似ているんだと思うんですよ。その根っこの部分が似ているから、目指す方向性も似ているんだと思うんですよね。だから、ファイトスタイルが違っていても、スイングしてああいう凄い試合になったんじゃないかなって思いますね。ただ、やっぱりあの文体のメインであれだけの試合をやって、なおかつイケメンさんに勝った芦野はさらに強くなったんじゃないですか?さらにモンスターになったような気がしますね」

──その芦野選手とは近々だと8月11日の後楽園ホール大会でタッグマッチで対戦しているじゃないですか? 文体決戦の前でしたけど、その強さは実感できたんですか?
「いや、芦野の強さ自体は元々認めていますから。芦野祥太郎というレスラーは強いし、凄いなと素直に思いますよ。あのキャリアで自分の考えをちゃんと持っていて、チャンピオンになる実力も持っているし、あの堂々とした感じも凄いなと思います。だから、8月に対戦した時も強かったですけど、今度のタイトルマッチではさらに強くなっていると思うんですよね」

──でも、文体のメイン後に稲葉選手もコメントを出されたじゃないですか? 「僕なら勝てる」と。芦野選手の強さを認めたうえで、それでも自分が勝てるという自信があるということなんですよね。
「自分が強くなるには強い人を倒さないと強くなれないと思うんですよ。チャンピオンになるにはチャンピオンを倒さないとチャンピオンになれない。僕はもっと強くなりたいし、強いチャンピオンになりたいし、そのためには強いチャンピオンに勝たないといけないんです。勝てないと思うなら、挑戦しないですよ、僕は。負けると思いながら挑戦したら負けるに決まってますよ。レスラーとしてそんなカッコ悪いことはないですよね。芦野は強い。でも、勝てると思うからこそ、挑戦するんです。やっぱり僕も去年の文体でメインを経験してますからね。あの舞台でメインを務めるプレッシャーはわかるし、芦野があそこを超えて強くなっているんだったら、僕もそれを超えていますから」

──去年の夏の文体の主役は稲葉選手でしたからね。その修羅場は俺もくぐっているということですね。
「あれから1年の間にZERO1さんの『火祭り』にも出たし、NEW ERAをやったりいろいろな経験をしてきたんで、それが今の自分の対芦野への自信になっています。それに僕なら芦野とは違うW-1の風景を見せられると思うんですよね。自分が思うW-1にしていきたいんで、僕は次の後楽園で芦野とやるんです。あと純粋に後輩に負けたくないですね」

──その思いは当然ありますよね。ただ、今回の稲葉選手の挑戦に関して批判的な意見としては、先のグランプリで1回戦負けを喫してしまったという結果も大きいと思うんですよ。
「そう言われてしまえばそうなんですけど、僕だって納得がいってないんですよ。負けという結果は認めますけど、やっぱり児玉裕輔に邪魔されなければというのがありますよね」

──まあ、のちに裏切ることになる児玉選手の応援の振りした邪魔が入ってしまっての不本意な負けでしたよね。
「本当に納得はしてないですね。『あれがなかったら……』なんて言ったら、なんでもありになっちゃうかもしれないけど、僕はずっと2年連続で文体のメインっていうのをこの1年間目標にしてやってきたし、さっきも言ったようにその自信はあったんですよ。批判的な意見はわかりますけど、邪魔さえ入らなければいけるという手応えも感じていたし、僕がこの1年間で積み上げてきた実力は芦野との闘いで証明します」

──力で黙らせてやるということですね。
「証明するしかないですからね」

──ただ、芦野選手はW-1王座の防衛回数の記録を伸ばし続けているし、グランプリの優勝者であるイケメン選手も破ったことで、名実共にW-1の中では「芦野最強」という雰囲気になってきていますよね。
「最強ではないんじゃないですか?強いですけど、最強ではないと僕は思います。強いとは思いますけど、最強だとはまだ認められないですね。だって、僕とはやってないですから。確かにモンスターになっているとは思います。ただ、『最強』を名乗るにはまだ早い」

──それは俺を倒してからにしてくれと。
「チャンピオンになった芦野に僕はまだ負けてないんで。強いチャンピオンだとは思いますけど、最強のチャンピオンだとは思ってないです」

──頼もしい言葉ですね。カズ社長が今回の後楽園大会の見どころを解説していたんですが、文体のメインを闘った2人は頭一つ抜けたけど、本来稲葉選手もそこに並ぶべき選手だという期待をしていました。最初にW-1王座を手に入れたのは稲葉選手ですし、あの2人に負けたくないという気持ちは強いですか?
「その気持ちは強いですね。一人は後輩だし、もう一人は最初からW-1で育った選手じゃないし。そういえば、芦野がW-1を一番愛しているって文体の時に言っていたじゃないですか?」

──言っていましたね。そこは稲葉選手的にはどうなんですか?
「いや、僕もW-1は好きですし、愛している。ただ、僕はW-1と一緒に育ってきた人間なんですよ。W-1を愛しているのは当然として、一緒に成長してきたというまた別の思いがあるんですよね」

──考えてみれば稲葉選手のプロレスキャリアとW-1の団体としてのキャリアってほぼ同じですよね。
「だから愛情とはまた違った感情が僕にはあるんですよ。道場がない時からやっていたし、このGENスポーツパレスに荷物を運んだり、旗揚げ当時からこの団体と一緒に歩んできましたから。ゼロからこの団体と一緒に始めたんですよ。芦野はゼロからではないでしょう?」

──なるほど。旗揚げメンバーと生え抜き選手がその団体に対して持つ思いの違いってありますよね。でも、そうやって一緒に育ってきたW-1をさらに良くするためには自分がチャンピオンとして引っ張らなければいけないという思いがあるんですか?
「はい。もう一度あのベルトを巻いて、W-1を上にあげていきたいですね。僕なら芦野とは違ったことができると思っているんで。今のW-1ではなく、また別のW-1の風景を見せて盛り上げられるっていう自信があるんですよ。それがW-1の未来にとっていいんじゃないかなと思っていますね」

──わかりました。では、改めてこの芦野選手との試合はどのような闘いを見せたいと思っていますか?
「これからのW-1が見せられる試合、W-1の未来が見える試合をしたいですね。比較されるのは嫌ですけど、芦野vsイケメンと比較されるでしょうから、また違った凄い試合をしたいです」

『WRESTLE-1 TOURR 2017 4th ANNIVERSARY』
日時:2017年9月18日(月・祝)
開始:18:30
会場:東京・後楽園ホール大会

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【第11代王者】芦野祥太郎
vs
【挑戦者】稲葉大樹
※第11代王者、5度目の防衛戦。

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第11代王者組】カズ・ハヤシ/近藤修司
vs
【挑戦者組】河野真幸/伊藤貴則(ACE)
※第11代王者組、初の防衛戦。

▼UWA世界6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第58代王者組】征矢学/NOSAWA論外(東京愚連隊)/タナカ岩石(ACE)
vs
【挑戦者組】黒潮“イケメン”二郎/土肥孝司/熊ゴロー
※第58代王者組、5度目の防衛戦。

▼6人タッグマッチ
吉岡世起/MAZADA/仲川翔大(ASUKA PROJECT)
Vs
アンディ・ウー/MIKAMI(フリー)/頓所隼(ACE)

▼タッグマッチ
児玉裕輔/立花誠吾(ACE)
vs
火野裕士(フリー)/ジェイク・オーメン

▼タッグマッチ
一(ACE)/皇壮馬(ACE)
vs
三富政行(愛媛)/藤原ライオン

▼シングルマッチ
佐藤嗣崇
vs
牙城(和志組~闘真~)

関連記事

サイト内検索

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る