“ラブ注入”を受けたケンドー・カシンが楽しんごとのシングルマッチを全日本プロレス両国国技館大会に要求!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 20日、両国国技館にて開催されたDDTプロレス『両国ピーターパン2017~ピーターパン 二十歳になっても ピーターパン~』にケンドー・カシンが乱入した。

 17日に両国にて行われたガンバレ☆プロレスでケンドーカシンは百田光雄&力の百田ファミリーと対戦。カシンのパートナーだった今成が敗北すると、カシンは「高木社長、俺と百田光雄の試合を朝6時半でいいから8.20両国で組め!」と要求し、DDTはこの試合実現のために尽力。結果両国国技館は6時半から抑えていなかったため試合は中止になるかと思われたが、第6試合の『DDT20周年記念ウェポンランブル~全権・コントラ・結婚~』に高木三四郎のウェポンとしてカシンと百田親子が登場する。

 三四郎とディーノの試合中であるにも関わらず、リング上でカシンvs百田親子がスタート。カシンがフェアリー日本橋の魔法のステッキで三四郎をホイップするが、これに怒った三四郎がカシンを羽交い締めにし力がセーバーチョップを投下。だがこれが三四郎に誤爆し、カシンが力にストンピングを連打するも父である百田がこれを救出する。

 そんな中新たなウェポンとしてオネェ軍団がリングに登場すると、オネェ軍団の楽しんごがカシンにLOVE注入。これを見たカシンは淡々とレフェリーにガットショットからオネェ軍団の中に叩き込み、オネエ軍団はレフェリーを襲い脱がしていくも、レフェリーは急いでゴングを要求しカシンvs百田は無効試合へ。

 これに怒ったカシンは「おい!楽しんご!やり方が汚いぞ!私生活の問題は解決したのか!とにかく、8月27日、全日本プロレス両国大会で決着つけてやる。試合くめ!」と要求。
 現在全日本プロレス両国国技館大会にカシンの名前はないが、果たしてカシンvs百田親子の決着戦はどのような形になるのだろうか?

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×